出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アメリカカラスの頭部。
ハシブトガラスが飛び立とうとしているところ。
ハシブトガラスの飛翔。
ハイイロホシガラス。黒くないカラス。

カラス、鵶、雅)は、鳥類の1グループ。

多くは全身が黒く、黒い鳥の代表とみなされ、などではよく白いサギと対比させられる。ただし実際は、白黒2色のコクマルガラス、暗褐色に白斑のホシガラス、全体的に明色のサバクガラス類などもおり、必ずしも真っ黒ではない。

目次

種類

カラスは、広義にはスズメ目カラス科(あるいはカラス族。呼び名が異なるだけで同じグループである)を指すが、通常はその一部、狭義にはその中のカラス属を指す[1]。広義のカラス、つまりカラス科は、通常のカラスのほか、カケス類、サンジャク類、オナガ類、カササギ類などを含む。

和名にカラスがある種は、カラス科のうち

  • カラス属 Corvus
  • ホシガラス属 Nucifraga
  • サバクガラス属 Podoces
  • ベニハシガラス属 Pyrrhocorax
  • ヒメサバクガラス属 Pseudopodoces
  • ソデグロガラス属 Zavattariornis

の6属に含まれる。さらにカササギ属のカササギは、標準和名にはカラスはないが、カチガラス、コウライガラスの異名を持つ。

これらのほか、ウミガラスオオウミガラスカワガラスなどもいるが、カラス科ではなくカラスとはみなされない。


日本のカラス

日本で普通に見られるカラス属のカラスは、留鳥ハシブトガラスハシボソガラスの2種である。日常語ではこれらの全身が黒いカラスを通常は区別することはない。

渡り鳥では、北海道にワタリガラス、九州にミヤマガラスコクマルガラスが冬鳥として飛来する。迷鳥を含めると、7種が記録されている。

カラス属以外では、ホシガラスが山間部に生息する。

カラス属

  1. Corvus albicollis, White-necked Raven, シロエリオオハシガラス
  2. Corvus albus, Pied Crow, ムナジロガラス
  3. Corvus bennetti, Little Crow, ミナミコガラス
  4. Corvus boreus, Relict Raven, ミナミヒメワタリガラス
  5. Corvus brachyrhynchos, American Crow, アメリカガラス
  6. Corvus capensis, Cape Crow, ツルハシガラス
  7. Corvus caurinus, Northwestern Crow, ヒメコバシガラス
  8. Corvus corax, Common Raven, ワタリガラス
  9. Corvus corone, Carrion Crow, ハシボソガラス
  10. Corvus coronoides, Australian Raven, ミナミワタリガラス
  11. Corvus crassirostris, Thick-billed Raven, オオハシガラス
  12. Corvus cryptoleucus, Chihuahuan Raven, シロエリガラス
  13. Corvus dauuricus, Daurian Jackdaw, コクマルガラス
  14. Corvus enca, Slender-billed Crow, スンダガラス
  15. Corvus florensis, Flores Crow, フロレスガラス
  16. Corvus frugilegus, Rook, ミヤマガラス
  17. Corvus fuscicapillus, Brown-headed Crow, チャガシラガラス
  18. Corvus hawaiiensis, Hawaiian Crow, ハワイガラス
  19. Corvus imparatus, Tamaulipas Crow, メキシコガラス
  20. Corvus jamaicensis, Jamaican Crow, ジャマイカガラス
  21. Corvus kubaryi, Mariana Crow, クバリーガラス
  22. Corvus leucognaphalus, White-necked Crow, ヒスパニオラガラス
  23. Corvus levaillantii, Jungle Crow, ジャングルクロー
  24. Corvus macrorhynchos, Large-billed Crow, ハシブトガラス
  25. Corvus meeki, Bougainville Crow, ブーゲンビルガラス
  26. Corvus mellori, Little Raven, ミナミコワタリガラス
  27. Corvus monedula, Eurasian Jackdaw, ニシコクマルガラス
  28. Corvus moneduloides, New Caledonian Crow, カレドニアガラス
  29. Corvus nasicus, Cuban Crow, キューバガラス
  30. Corvus orru, Torresian Crow, ミナミガラス
  31. Corvus ossifragus, Fish Crow, ウオガラス
  32. Corvus palmarum, Palm Crow, ヤシガラス
  33. Corvus rhipidurus, Fan-tailed Raven, チビオガラス
  34. Corvus ruficollis, Brown-necked Raven, チャエリガラス
  35. Corvus sinaloae, Sinaloa Crow, ニシメキシコガラス
  36. Corvus splendens, House Crow, イエガラス
  37. Corvus tasmanicus, Forest Raven, モリガラス
  38. Corvus torquatus, Collared Crow, クビワガラス
  39. Corvus tristis, Grey Crow, ハゲガオガラス
  40. Corvus typicus, Piping Crow, セレベスガラス
  41. Corvus unicolor, Banggai Crow, バンガイガラス
  42. Corvus validus, Long-billed Crow, モルッカガラス
  43. Corvus woodfordi, White-billed Crow, ソロモンガラス

ホシガラス属

  1. Nucifraga caryocatactes, Spotted Nutcracker, ホシガラス
  2. Nucifraga columbiana, Clark's Nutcracker, ハイイロホシガラス

サバクガラス属

  1. Podoces biddulphi, Xinjiang Ground Jay, オジロサバクガラス
  2. Podoces hendersoni, Mongolian Ground Jay, ハシナガサバクガラス
  3. Podoces panderi, Turkestan Ground Jay, サバクガラス
  4. Podoces pleskei, Iranian Ground Jay, イランサバクガラス

ヒメサバクガラス属

  1. Pseudopodoces humilis, Hume's Ground Jay, ヒメサバクガラス

ベニハシガラス属

  1. Pyrrhocorax graculus, Yellow-billed Chough, キバシガラス
  2. Pyrrhocorax pyrrhocorax, Red-billed Chough, ベニハシガラス

ソデグロガラス属

  1. Zavattariornis stresemanni, Stresemann's Bush Crow, ソデグロガラス

カササギ属(参考)

  1. Pica pica, European Magpie, カササギ(カチガラス、コウライガラス)
  2. Pica nuttalli, Yellow-billed Magpie, キバシカササギ
  3. Pica hudsonia, Black-billed Magpie

英語でのカラス

ハシボソガラスはユーラシアに広く生息するが、ハシブトガラスの分布は東アジア南アジアに限られる。ヨーロッパでは、ハシボソガラス (carrion crow)、ワタリガラス (common raven)、ミヤマガラス(rook)、ニシコクマルガラス (jackdaw) などが分布する。

英語ではこのように、crow(クロウ), raven(レイヴン), rook(ルック), jackdaw(ジャックドー)は日常語レベルで別の鳥とみなしていることが特徴である。おまかに言って、大型種はraven、中型種はcrowに分類され、最も小型のものがrookやjackdawと呼ばれる。なお、日本で見られるハシボソガラスはハシブトガラスと同じくcrow、コクマルガラスはニシコクマルガラスと同じくjackdawに分類される。

ただこれらは、別の鳥と見なされながらも、ほぼ同類の仲間とも見なされる。まったく無関係のものとは見なされない。この4者は、異なる文化的認識を付与されることもあるが、ほぼ同様の文化的認識で語られることも多い。

英語のそれらを和訳する際(特に文学作品)には、ハシボソガラス等を指す crow と区別して、raven を「大ガラス」と訳すことがある。エドガー・アラン・ポーの詩「大鴉」はその一例である。ただし、近年ではraven を「ワタリガラス」と訳したり、そのまま音読で記す場合も多い。

カラス属以外では、ソデグロガラス属はcrowに分類されるが、ホシガラス属はnutcracker、ベニハシガラス属はchoughとされる。明色のサバクガラス属やヒメサバクガラス属は、カケスの仲間のjayに分類される。

生態

翼長は50~60センチ。雑食性でゴミや動物の死体をついばんでいるところがよく目撃される(都市部では、エサを得る為にごみ集積所を荒らすという行動や、田畑では、作物を荒らす行動が問題となっている)。脂身を好み、蝋燭や石鹸を持ち出す姿が目撃されている。繁殖期は春~夏で、一夫一妻制で協力して子育てを行う。巣は樹上に小枝を組んで作るが、最近では電信柱や看板などに営巣することもあり、また巣の材料も針金プラスチックなどさまざまなものを新規採用するようになっている(電線に針金類で営巣した場合、しばしばショートの原因となり、問題となっている)。営巣期間中は縄張り意識が強く、不用意に巣に近づいた人間や動物を攻撃するといった行動が見られる。抱卵期間は20日前後、巣立ちまでの期間は30~40日程度。産卵数は2~5(ハシブト)ないし3~5(ハシボソ)程度。巣立ち後も2~3ヶ月程度は家族でグループを組んで生活し、その後ひとり立ちをする。繁殖期以外は大規模な群れを作る。群れも仲間が窮地に陥ると他のカラスが助けに入ることもあるらしく、事故死したカラスを仲間のカラスが助けようとしている姿が目撃されている。

鳥類では最も知能が発達しているとされる。ただし、知能の程度はヒト科(ホモ属を除く)ほどの知能であるとする説や、大脳の体積がチンパンジーと同等であるとする説(サイエンス 2004年12月号)は極端なものであり、特定の能力を特定の見方によって誇張した解釈である。なお、実際のカラスの脳重量はわずか 10グラム程度にすぎない。このような解釈をするのであれば、ミツバチや伝書鳩でさえ人間以上の知能をもつことになる。(外部リンク参照。)

協力したり、鳴き声による意思の疎通を行っている事が知られ、遊戯行動をとる事も観察されている。人間の個体を見分けて記憶したり、植物・哺乳類・鳥類などを区別して認識できるといわれている。仙台市の青葉山では、ハシボソガラスが道路にクルミを置き、自動車に轢かせて殻を割るという行動が報告されている。これはカラスの知能が非常に高い事の証左である。色が識別でき4色型色覚であり、人間と同じRGBの他にV(紫)も識別できる。1996年神奈川県鉄道レールの上にカラスが石を置くという事件が頻発した。その後も同様の事件が全国各地で散発している為、鉄道各社は対策に苦慮している。電線にぶら下がって「ブランコ」のような遊びをしていた、神社の賽銭を盗み自動販売機でハトの餌を購入していると報道されたこともあった。

利用

食肉

カラスの肉は、食用には適さないと考えられがちだが、中には食用にする地域・文化もあり、鯨肉などに近い味という意見もある。

2003年8月8日付の読売新聞報道(「カラスの肉は栄養豊富?帯畜大の食用化研究:北海道」)によると、帯広畜産大学畜産科学科関川三男助教授らのグループが、カラスの食用化を探る研究を進めている。研究は、将来の食糧難対策と、有害鳥獣として処分されるカラスの有効活用にメドをつけるのが目的。カラスの胸肉は、鯨肉にも豊富に含まれるミオグロビンと呼ばれる色素が多く、赤みが強いのが特徴。食感や味はの胸肉に似ており、学生に食べさせたところ、評判も上々だったという。

東京都は、カラス嫌いで有名な石原慎太郎知事(かつて、ゴルフのプレイ中にカラスに襲われた個人的なトラウマが原因)が、ミートパイにして東京名物にすべきだと提唱したことがある。これは実現しなかったが、後に東京MXテレビの番組企画で、テリー伊藤らが用意したカラス肉のミートパイを石原は食べる羽目になった。

カラスの繁殖が著しい東京などでは、ホームレスがカラスを食糧にしているのではないか?と言われることがあるが、全くありえないとは言えないにせよ、一般的とは考えられず(コンビニや各種飲食店の残飯などが豊富であるため)、これに関しては、多くは都市伝説の域を出ないものと推測される。

羽根

チェンバロのジャックの爪は元々鳥の羽根を使い、元気なカラスが飛び去った後落ちた羽をオリーブオイルで浸けたものが一番よいとされている。

イメージ

黒い姿から、『カラスが鳴くと人が死ぬ』、『カラスが集まる場所では死人が出る』等と言われ、不吉であると信じる人もあるが、実際には死体にカラスが集まっているのであって順番が逆である。また、カラスの実際の羽色は、「烏の濡羽色(からすのぬればいろ)」という表現もある通り、深みのあるつややかな濃紫色である(「烏の濡羽色」は、黒く青みのあるつややかな色の名前で、特に女性の美しい黒髪の形容に使われる事が多い。濡烏(ぬれがらす)、烏羽(からすば)色、烏羽とも)。

ファンタジー小説やゲームでは、黒猫などと並んで魔法使いの使い魔とされる事が多い。賢さと不吉なイメージからであろう。

鳴き声が「アホーアホー」と聞こえることがあるため、漫画アニメではこれを用いたギャグ表現がよく見られる。

神話・伝説

日本

日本において、カラスは古来、吉兆を示す鳥であった。神武天皇東征の際には、3本足のカラス「八咫烏(やたがらす)」が松明を掲げ導いたという神話がある。日本サッカー協会のシンボルマークはこの八咫烏である。

但し、3本足のカラスという外形そのものは、中国起源の「日烏」である。中国では古来、太陽にはカラス、月にはウサギまたはヒキガエルが棲むとされてそれぞれの象徴となった。月日の事を「烏兎(うと)」と呼ぶ用例等にこれが現れている。足が3本あるのは、中国では奇数は陽・偶数は陰とされるので、太陽の象徴であるカラスが2本足では表象にずれが生じるからである。このカラスの外形の起源に付いては、黄土の土煙を通して観察された太陽黒点から来ているのではないかとする説がある。

カラスは熊野三山御使いでもある。熊野神社等から出す牛王宝印(ごおうほういん=熊野牛王符)は、本来は神札であり、近世には起請文を起こす用紙ともされたが、その紙面では、カラスの群れが奇妙な文字を形作っている。これを使った起請を破ると、熊野でカラスが3羽死に、その人には天罰が下るという。なお、熊野は、神武天皇が東征の際に八咫烏と会った地である。「三千世界の烏を殺し、主(ぬし)と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされるざれ唄で、この伝説に由来している(うるさく鳴くカラスを皆殺しにしてゆっくり眠りたい、と解釈される事もあるが、上記の伝説を知らない為の誤解である)。また、「誓紙書くたび三羽づつ、熊野で烏が死んだげな」という小唄もある。

また神話・伝説上では通常、私達が見慣れているカラスとは違い・特徴違いのカラスが存在する。それらは、吉祥と霊格の高い順に八咫烏赤烏、青烏、蒼烏と白烏が同等とされている。

民話のひとつには次のようなものがある。 カラスは元々白い鳥だったが、フクロウの染物屋に綺麗な色に塗り替えを頼んだところ、黒地に金や銀で模様を描けば上品で美しく仕上がると考えたフクロウはいきなりカラスの全身を真っ黒に塗ってしまい、怒ったカラスに追い掛け回され、今ではカラスが飛ばない夜にしか表に出られなくなった。カラスはいまだにガアガアと抗議の声を上げている、という。 似たような話に、欲張りなカラスの注文に応じて様々な模様を重ね塗りしていくうちに、ついに真っ黒になってしまった、というものもある。

元は違う色だったものが何らかのアクシデントで真っ黒になってしまった、という伝承は世界各地に見られる。

イギリス

イギリスに於いては、アーサー王魔法をかけられてワタリガラス(大ガラス)に姿を変えられたと伝えられる。この事から、ワタリガラスを傷付ける事は、アーサー王(さらには英国王室)に対する反逆とも言われ、不吉な事を招くとされている。また、ロンドン塔に於いては、ロンドンの大火の際に大量に繁殖したワタリガラスが時の権力者に保護され、ワタリガラスとロンドン塔は現在に至るまで密接な関係にある。尚、J.R.R.トルーキンホビットの冒険作中に、ワタリガラス(訳書によってはオオガラスと訳されている物もあるが、どちらも英語では Raven である)の一族が登場するが、これも英国王室に少なからぬ関係を持つワタリガラスを尊重しての登場だと言われている。ただし、指輪物語にも登場するクレバインと呼ばれる大鴉たちはむしろ邪悪の陣営の走駆としての役どころである。

北欧神話

北欧神話では、主神であり、戦争を司るオーディン斥候として、2羽のワタリガラス「フギン(=思考)とムニン(=記憶)」が登場する。このワタリガラスは世界中を飛び回り、オーディンに様々な情報を伝えているとされる。

ギリシア神話

ギリシア神話では太陽神アポロンに仕えていた。色は白く言葉も話す事が出来る非常に賢い鳥だった。 しかしある時、アポロンの元を去ったコロニスがイスキュスと結婚した事をアポロンに密告したカラスは、悪戯好きな性格から、あること無い事を脚色して話したため、アポロンは必要以上に怒り、コロニスを焼き殺してしまった。 しかし、我に返ったアポロンは後悔し、きっかけを作ったカラスに行き場の無い怒りをぶつけた。 真っ白だったカラスは炎に焼かれて黒コゲに。声も潰れて、言葉を話すどころか、醜い鳴き声を発する事しか出来なくなった。 カラスは天界を追放されたが、今も反省はしていないようだ。

旧約聖書

旧約聖書では、大洪水の後初めて外に放たれた動物である。

エジプト

古代エジプトでは太陽の鳥とされた。

メソポタミア

洪水後船から放され、水がひいたことを知らせた。旧約聖書でのにあたる。

慣用句・名文句

烏を用いた慣用句や名文句は次のようなものがある。

  • 烏の行水(すぐに風呂から上がってしまうこと)
  • 烏の足跡(目じりのしわが足跡のように見えることから)
  • 烏の髪(黒髪のこと)
  • 烏の鳴かぬ日はあっても(語尾に毎日何かが行われる様子を書く 物事を強調するために用いる)
  • 烏の濡れ羽色(しっとりと濡れたような黒色 烏の髪と同様に黒髪を指す場合が多い)
  • 闇夜に烏(見分けがつかないことの例え)
  • ねぐらへ帰る烏が二羽、三羽(昭和時代の名アナウンサーである松内則三が、1929年(昭和4年)秋の東京六大学野球早慶3回戦の実況の際、夕暮れの神宮球場の情景をラジオで伝え、これがレコード化されたため著名になった文句[2]

カラスに関係した飛行機

カラスが登場する作品

  • 夕焼小焼』 - 中村雨紅の詩。草川信作曲の童謡
  • 七つの子』 - 野口雨情の詩。本居長世作曲の童謡志村けんの替え歌の元として広く知られている。子を思う親の心情を山に帰る鴉に託して歌う。
  • CROW - 鬼束ちひろ2002年発表の楽曲。アルバム『This Armor』収録。
  • GARNET CROW - 日本語訳すると『深紅のカラス』の名を持つバンド。ファンクラブの紋章にはカラスが用いられている。
  • 『鴉』 - 清水重道の詩。氷の上を飄々と歩く大鴉を印象的に歌う。信時潔は歌曲集「沙羅」の中でこれをとりあげ、狂言を思わせる曲を付けた。
  • 大鴉』 - ポーの中でも特に有名である。1845年発表。愛する女性を亡くした男の部屋に鴉が舞い込み"Nevermore"(もう二度とない)という鳴き声を繰り返すという暗鬱な内容。
  • 海辺のカフカ』 - 村上春樹の小説。主人公の名前の由来となっている。またこの小説には「カラスと呼ばれる少年」という存在が登場している。
  • 『からすのパンやさん』 - 加古里子絵本
  • トリコ』 - 島袋光年の漫画作品。
  • ダンボ』 - ディズニー作品
  • 『ヘッケルとジャッケル』 - アメリカのアニメ。ヘッケルとジャッケルは本来カササギであるが、日本の放送ではカラスとされたことがある。
  • 灰羽連盟』 - 安倍吉俊原作・脚本のアニメ。物語の舞台である壁に囲まれた「グリの街」と壁の外の世界とを自由に往来できる唯一の存在が鳥であり、また鳥は言い伝えで「灰羽」と呼ばれる者たちが「繭」に入る時に忘れたものを運ぶと言われている。劇中ではその鳥として鴉が描かれている。
  • 鴉 -KARAS-』 - タツノコプロ製作のOVA
  • 『忍者と悪女』 - ロジャー・コーマン監督、ヴィンセント・プライス主演の1963年の映画。エドガー・アラン・ポーの『大鴉』が原作。
  • 『大きな鳥と小さな鳥(パゾリーニの鳥)』 - ピエル・パオロ・パゾリーニ監督の1966年の映画。人間の言葉を喋るカラスと放浪の旅を続ける親子。
  • 『クロウ -飛翔伝説-』 - ブランドン・リー主演の映画。ギャングに殺害されたロックミュージシャンがカラスの力によって蘇り、自分と恋人の命を奪った者たちに復讐していく。
  • 『烏 (映画)』 - 2007年のアメリカ映画。鳥 (映画)を下敷きにしながら、更に残酷な描写。
  • AIR』 - Key製作の恋愛アドベンチャーゲーム

関連項目

参考文献・出典

[ヘルプ]
  1. ^ 小学館 万有百科大事典 20 動物
  2. ^ 松井高志編「野球“きまり文句”小辞典ココログ、2005年12月8日。

ウィキクォート
ウィキクォートに関する引用句集があります。
ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズ

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
池波志乃 白鵬翔 春日俊彰 石川梨華 久保帯人 貴乃花 本田圭佑 河原崎権十郎 (4代目) 中期更新世 とんねるずのみなさんのおかげでした BLEACH 藤吉久美子 エアロビクスダンス 野上亮磨 中村玉緒 菅野智之 太川陽介 モーニング娘。 とんねるず 勝新太郎
「鴉」のQ&A
1  金地に鴉が描かれた日本画について
2  三千世界の鴉を殺し?
3  鴉爾加松
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について