鴉 (横溝正史)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金田一耕助 > 鴉 (横溝正史)

』(からす)は、横溝正史の短編推理小説。「金田一耕助シリーズ」の一つ。『オール讀物昭和26年7月号に掲載された。

あらすじ[編集]

金田一耕助は静養のために岡山県を訪れ、旧知である岡山県警の磯川警部に誘われて、山奥の湯治場を訪れた。そこは「お彦様」を祀る神社を中心に栄えたこともある湯治場だったが、今は寂れていた。

そこで金田一は、お彦様の神主を勤め、また温泉宿の経営者でもある蓮池家の婿養子が3年前に失踪した事件を聞かされる。

収録書籍[編集]

映像化[編集]

漫画化[編集]