鴨子ケ原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 東灘区 > 鴨子ケ原

鴨子ケ原(かもこがはら)は、兵庫県神戸市東灘区の町名の一つで、昭和51年(1976年)に阪急神戸線以北の旧・住吉村域(住吉地区;現・住吉台除く)と旧・御影町域(御影地区)とを住居表示実施した際に、旧住吉村域西部付近に誕生した。元は住吉鴨子ケ原町と住吉町赤塚山・御影町西平野の各一部。昭和55年(1980年)には渦森台の一部が編入されている。平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数は1,458、人口3,639で内男性1,662人・女性1,977人[1]。1丁目から3丁目まであり、南部に1丁目、北東部に2丁目、北西部に3丁目が位置し、山手の高級住宅地という側面もある。

地理[編集]

北から北東にかけては渦森台と、北東から南東にかけては住吉山手と、南東から西にかけては御影山手と、北西側は灘区土山町と、それぞれ隣接している。
街区は1~3丁目まであり、ほぼ全てが旧・住吉村域の所属だが、学区ベースでは、小学校は1丁目と3丁目32番が御影北小学校の、同じく中学校は2丁目1番を除く全域が御影中学校の、それぞれ校区となっている(なお、この地域以外の旧・住吉村域については、基本的には神戸市立住吉小学校神戸市立住吉中学校の校区である[1])。

地価[編集]

住宅地の地価は、2018年平成30年)1月1日公示地価によれば、鴨子ケ原1-8-22の地点で22万3000円/m2となっている。[2]

由来[編集]

鴨子ヶ原の地名の由来について、『住吉村誌』では村上将監の説を引いて、出雲系の加茂氏が居住していたからとしている。『神戸の町名』では『和名抄』中で同様とみられる郷名として伯耆国久米郡大鴨・小鴨・鴨部、播磨国賀茂郡上鴨、備前国津高郡賀茂、讃岐国寒川郡鴨部、伊予国越智郡鴨部、土佐国土佐郡鴨部を挙げている[3]

施設[編集]

旧甲南病院正面玄関

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神戸市東灘区内 校区一覧”. 神戸市・神戸市教育委員会. 2019年12月8日閲覧。
  2. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  3. ^ 神戸市学会、2007年

参考文献[編集]

  • 『新 神戸の町名』神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、1996年。ISBN 978-4875212041。