鴨川自然王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鴨川自然王国(かもがわしぜんおうこく)は、千葉県鴨川市にある農事組合法人

概要[編集]

活動は、大豆などの作物の有機無農薬栽培などの営農実践、および農業塾たる『里山帰農塾』運営である。
1981年藤本敏夫らによって創立される。藤本敏夫の死後、石田三示らによって、活動は継続され、2011年現在、代表理事は藤本ミツヲ。
年会費制であり、2011年現在、年会費10,000円である[1]

所在地[編集]

事務局

主な活動[編集]

営農活動[編集]

90アール農地で、約50種類の野菜を育てている。
無農薬有機農法での稲作も行われている。
なお、出来上がった作物である米、および大豆から出来た味噌は、会員に配られる。収穫物については、通信販売も行っている。

里山帰農塾[編集]

営農や農村生活などについて、受講生を募っている。2003年より、始められた。
2011年度は、1回2泊3日30,000円の受講料で、4回行われ、各回定員20名の予定である。NPO法人ふるさと回帰支援センターとの共催である。

年会費制[編集]

2011年現在 年会費10,000円で、会員を募集している。
特典として、鴨川自然王国の農地で育てた米5kgと、そこで収穫された大豆から作られる味噌が1kgが配られることとなる。
1回5000円で、田んぼイベントや大豆イベントに参加することができる。参加者には、田んぼイベント1回につき米1kg、大豆イベント1回につき味噌200gが、会員特典に加算される。

関係する人物[編集]

創設者。『鴨川自然王国』の有名な顔。2002年死去。
藤本敏夫の死後、代表理事を務める。2009年に、第45回衆議院議員総選挙に、民主党公認で出馬し、当選する。議員就任後に、代表理事を辞するが、理事には留まる。
  • 藤本ミツヲ
2015年現在、代表理事を務める。歌手Yaeの夫で、藤本敏夫・加藤登紀子夫婦からは、娘婿となる[2]
2011年現在、理事の一人である[3]。『鴨川自然王国代表』と紹介しているサイトもある[4][5]。創設者の藤本敏夫の妻であり、歌手として一般大衆での知名度が高い。

脚注[編集]

座標: 北緯35度7分3.2秒 東経139度58分35.2秒 / 北緯35.117556度 東経139.976444度 / 35.117556; 139.976444