鴻池一季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鴻池 一季(こうのいけ かずすえ、1952年3月8日 - )は、日本実業家工学博士鴻池忠治郎の曾孫であり、鴻池組代表取締役会長兼社長兼鴻池建設代表取締役会長や、大阪建設業協会会長を務めた。

人物・経歴[編集]

大阪市生まれ[1]京都教育大学附属高等学校を経て、1974年神戸大学工学部土木工学科卒業[2]。1975年カリフォルニア大学バークレー校土木工学部大学院修士課程修了。1976年鴻池組取締役。1979年常務取締役。1981年取締役副社長[3]

1985年鴻池組代表取締役社長に昇格[1]。1987年神戸大学工学博士[4]。1992年タンザニア連合共和国名誉領事[1]。1994年鴻池組代表取締役会長兼社長兼鴻池建設代表取締役会長[3]。2000年大阪建設業協会会長[5]。2003年鴻池組取締役会長[3]。2008年に鴻池組特別顧問に退いた。創業家出身の取締役がいないのは初となった[6]

2012年不審菴理事[1]。2013年鴻池組名誉会長[3]。2015年神戸大学工学振興会理事長[7][8]。アフリカ協会副会長[9]、大阪日米協会理事[10]大阪商工会議所常議員[11]大阪倶楽部監事[12]、いきいき将来設計工房副代表理事[13]なども歴任。2025年万国博覧会の大阪招致構想では、アフリカ開発会議での誘致活動にあたるなどした[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 在籍の著名人一般社団法人 清交社
  2. ^ [1]神戸大学
  3. ^ a b c d 「簡単に生い立ちからお聞かせいただけますか。」M.I.E. BUSINESS
  4. ^ 神戸大学 , 工学博士 , 乙第1103号 , 1987-09-25
  5. ^ [2]
  6. ^ 「鴻池組社長に蔦田氏、14人抜き/創業家は退任」2008/11/17 19:52
  7. ^ [3]
  8. ^ [4]神戸大学
  9. ^ [5]
  10. ^ [6]
  11. ^ [7]
  12. ^ [8]
  13. ^ [9]
  14. ^ 万博の大阪決定、財界の支援奏産経新聞


先代:
鴻池藤一
鴻池組社長
1985年 - 2003年
次代:
大岩祥一
先代:
鳥井信一郎
大阪日米協会会長
1999年 - 2001年
次代:
武田國男
先代:
竹中統一
大阪建設業協会会長
2000年 - 2004年
次代:
淺沼健一