鵜殿氏長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
鵜殿氏長
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文18年(1549年
死没 寛永元年6月14日1624年7月29日
改名 新七郎(幼名)→氏長
別名 氏廣、通称:三郎
諡号 日仙
官位 従五位下石見
幕府 江戸幕府旗本
主君 今川氏真徳川家康
氏族 鵜殿氏
父母 父:鵜殿長照
兄弟 氏長氏次
養子:氏信

鵜殿 氏長(うどの うじなが)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将旗本

生涯[編集]

天文18年(1549年)、今川義元の家臣で三河国上ノ郷城(蒲郡市神ノ郷町。『三河物語』では、西之郡之城とある。)主として宝飯郡一帯(現在の蒲郡市域)を支配していた鵜殿長照の子として生まれる。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで義元が織田信長に討たれると鵜殿氏の運命は暗転する。鵜殿氏と同じく今川家に臣従していた松平元康(徳川家康)が今川氏から独立を図り、さらに三河一国の統一を目指して侵攻を開始した。永禄5年(1562年)、松平軍の攻撃により上ノ郷城は陥落し父・長照、祖父・長持らは戦死、氏長と弟の氏次は捕縛された。家康は彼の身柄と引き換えに、今川氏に臣従していた時期に義元の許へ人質として差し出していた正室瀬名姫嫡男竹千代、長女・亀姫らを返還するよう今川氏に要求した(氏長の祖父・鵜殿長持の正室は今川義元の妹だったため、氏長及び今川家に忠節を尽くす鵜殿家は、当時今川氏の当主であった氏真にとっては近しい親族に相当した)。

交渉は成立し、今川家に引き渡された氏長だったが、三河の故地・領国を失った氏長兄弟は遠江国二俣城松井宗恒の許に身を寄せた。永禄11年(1568年)、武田信玄と呼応した家康が今川領に侵攻し、二俣城を攻めてくると、今川氏は東西から領国を奪われて消滅。氏長と氏次の兄弟は家康に降伏し以降は家臣として仕えた。

その後、家康の許で元亀元年(1570年)の姉川の戦い天正3年(1575年)の長篠の戦いに参加している。天正18年(1590年)の小田原征伐後に家康が関東に移封されると、1,700石を与えられ、旗本となった。

文禄2年(1593年)、従五位下・石見守に叙位・任官する。寛永元年(1624年)6月14日、死去。享年76。