鵜野祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鵜野 祐介(うの ゆうすけ、1961年 - )は、教育人類学者、立命館大学教授。

岡山県生まれ。1985年京都大学教育学部卒、1991年同大学院教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学。2004年エディンバラ大学Ph.D.。1994年鳥取女子短期大学日本文化学科講師、1997年梅花女子大学文学部児童文学科講師、2001年助教授、2007年教授、2013年立命館大学文学部教授。専門は伝承児童文学の教育人類学的研究。[1][2]

著書[編集]

  • 『生き生きごんぼ わらべうたの教育人類学』久山社 日本児童文化史叢書 2000
  • 『子守唄の原像』久山社 日本児童文化史叢書 2009
  • 『伝承児童文学と子どものコスモロジー 〈あわい〉との出会いと別れ』昭和堂 2009
  • 『昔話の人間学 いのちとたましいの伝え方』ナカニシヤ出版、2015 

共編著[編集]

  • 佐治の民話と唄・遊び』稲田浩二共著 京都女子大学説話文学研究会編 鳥取県佐治村教育委員会 1989
  • 阿波町の民話と唄・遊び』稲田浩二共編著 手帖舎 1991
  • 『但馬八鹿町の民話と唄・遊び』稲田浩二共編著 稲田監修 手帖舎 1996
  • 『鳥取関金町の民話と唄・遊び』稲田浩二共編著 稲田監修 手帖舎 1996
  • 『飛騨の民話・唄・遊び 岐阜県朝日村高根村の伝承』大橋和華,石川稔子共編著 監修 手帖舎 1999
  • 『東美濃の民話・唄・遊びと年中行事 岐阜県恵那郡上矢作町の伝承』大橋和華,石川稔子共編著 監修 手帖舎 2004
  • 『児童文学の源泉としてのアニミズム』谷悦子、田辺欧共著 梅花学園生涯学習センター公開講座ブックレット 2008
  • 『叢書児童文化の歴史 3 児童文化と子ども文化』加藤理,遠藤純[要曖昧さ回避]共編 港の人 2012

翻訳[編集]

  • ノラ&ウィリアム・モンゴメリー編著『スコットランド民話集 世界の果ての井戸』監訳 衣斐夕華,狩野博美,中久保恭,吉田由似共訳 朝日出版社 2013

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『伝承児童文学』著者紹介
  2. ^ 立命館大学