鶯沢町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
鶯沢町
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
築館町若柳町栗駒町高清水町一迫町瀬峰町鶯沢町金成町志波姫町花山村
栗原市
現在の自治体 栗原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
栗原郡
団体コード 04527-6
面積 37.23km²
総人口 3,053
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 栗原郡:栗駒町一迫町花山村
町の木 ウメ
町の花 キク
鶯沢町役場
所在地 989-5492
宮城県栗原郡鶯沢町字南郷辻前74-1
座標 北緯38度48分34.3秒
東経140度56分59秒
Uguisuzawa-Miyagi.png
特記事項 世帯数:942世帯(2004年7月31日)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

鶯沢町(うぐいすざわちょう)は、2005年まで宮城県北西部の栗原郡にあったである。1100年の歴史を有し、亜鉛を産出する細倉鉱山があった。2005年4月1日に栗原郡内全町村と合併し、栗原市となった。鴬沢と略字で表記されることもある。

地理[編集]

宮城県北西部に位置し、北に栗駒山を望む。町域の西側が山地ないし丘陵地、東側が田園地帯である。二迫川が町の北西部から南東に流れ、鶯沢の市街の中心部を通って東に抜ける。細倉鉱山はその支流の鉛川沿いにあり、そこにも市街地がある。2005年に廃止するまで長く合併を経験しなかったため、周辺町村より面積が小さかった。

  • 河川:二迫川、鉛川
  • 平均気温:12.7℃
  • 年間降水量:1,458mm

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

  • 大同年間または貞観年間に鉱山が開発されたといわれる。
  • 1889年 市町村制施行以前の鶯沢村がそのまま継続する。
  • 1951年4月1日 鶯沢村が町制施行し、鶯沢町となる。
  • 2005年4月1日 栗原郡内全町村が合併し、栗原市となる。

行政[編集]

旧鶯沢町役場。現在は栗原市役所鶯沢総合支所。
国道457号から見た鶯沢町市街遠景(いずれも2005年9月撮影)
  • 最後の町長:葛岡重利(2003年~)

経済[編集]

産業[編集]

  • 産業別就業者数(2000年国勢調査
    • 第一次産業:258人
    • 第二次産業:630人
    • 第三次産業:642人
  • 産業別生産額(1999年市町村民所得統計)
    • 第一次産業: 303.5百万円
    • 第二次産業:3,431.4百万円
    • 第三次産業:3,619.1百万円

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

祭り・イベント[編集]

  • 裸みこし(どんど祭)(1月15日)
  • 梅盆栽祭り(3月1~2日)
  • さつき祭り(6月14~16日)
  • うぐいすの里夏まつり(8月14日)
  • 金田森フェスティバル(10月中旬ごろ)

出身有名人[編集]

関連項目[編集]