鶴ちゃんのおもいっきりポコポコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
鶴ちゃんのおもいっきりポコポコ
ジャンル バラエティ番組
構成 廣岡豊
ほか
出演者 片岡鶴太郎
浅井慎平
とり・みき
ほか
製作
プロデューサー 斉藤由雄
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1986年4月10日 - 1986年10月2日
放送時間 木曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
テンプレートを表示

鶴ちゃんのおもいっきりポコポコ』(つるちゃんのおもいっきりポコポコ)は、1986年4月10日から同年10月2日までテレビ朝日系列各局(一部を除く)で放送された、テレビ朝日製作のバラエティ番組である[注 1]。「鶴ちゃん」こと片岡鶴太郎冠番組伊勢丹(ISETAN)の一社提供[注 2]

概要[編集]

「南の島」をテーマにしたバラエティ番組で、リアルな砂浜を再現し、潮風やスコールが出るスタジオセットの中で南の島に関するテーマを分析。島の情報を交えながら、理想の島作りを目指すというものだった。

放送時間[編集]

  • 木曜 19時00分 - 19時30分 (JST)[注 3]
    • 同時間帯は前番組『タイムショック』まではネットワークセールス枠だったが、この『鶴ちゃんのおもいっきりポコポコ』のスタートとともにローカルセールス枠に降格された。そのため、テレビ朝日系列局であっても遅れネットで放送する局や未放送の局があり、例として瀬戸内海放送(KSB)では2日遅れの土曜17時00分 - 17時30分の遅れネットで放送されていた。

ネット局[編集]

[注 4]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 参考:
    • 放送開始年月日…[1]
    • 放送終了年月日…[2]
    • 当時の台本より、「制作」の肩書入りでテレビ朝日の名がクレジット[3]
  2. ^ 参考:
    • 当時の台本より、「ISETAN」ロゴで提供としてクレジット[3]
  3. ^ 参考:
    • 第1回当時の番組表…[1]
  4. ^ 参考:
    • 当時の台本より、ネット局欄にて「テレビ朝日」「HTB」「KHB」「SKT」「NT21」「KSB」「HOME」「KKB」「AKT」「FBC」の表記あり[3]
  5. ^ 参考:
    • 第1回当時の番組表…[1]
  6. ^ 参考:
    • 第1回当時の番組表…[1]
  7. ^ 参考:
    • 2020年7月17日の『マツコ&有吉 かりそめ天国 2時間スペシャル』内「再放送委員会」第2弾にて、本番組を放送の旨告知あり…[4]
    • 2020年7月17日の『かりそめ天国』内「再放送委員会」コーナーにて、本番組最終回を放送の旨明記…[2]
  8. ^ 参考:
    • 次の資料より、最終回はマーシャル諸島でロケを行い、だるまさんがころんだを行っていたことが明記[2]

出典[編集]

参考資料[編集]

テレビ朝日 木曜19時台前半枠
【本番組よりローカルセールス枠】
前番組 番組名 次番組
クイズタイムショック(第1期)
※ここまでネットワークセールス枠
鶴ちゃんのおもいっきりポコポコ
(1986年4月 - 1986年10月)