鶴ヶ坂バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道7号標識
国道101号標識

鶴ヶ坂バイパス(つるがさかバイパス)は青森市鶴ヶ坂から同市戸門に至る国道7号バイパスである。南で大釈迦バイパスと、北では青森西バイパスと接続している。

概要[編集]

鶴ケ坂の集落部の南側を起点に西側を経由し、戸門の終点で国道7号青森西バイパスと旧国道7号(現在は青森県道247号鶴ケ坂千刈線)に接続する。全区間片側1車線である。

かつて鶴ヶ坂バイパス起点部南側約1.5kmには青森市と南津軽郡浪岡町の境界があったが、2005年4月1日の合併に伴い境界線が無くなった。なお、2004年11月27日には当バイパスと浪岡バイパスを結ぶ大釈迦バイパスが完成し、連続走行可能になった。

主な橋は3つあり起点からは鶴ヶ坂1号橋、鶴ヶ坂2号橋、鶴ヶ坂3号橋とそれぞれ名付けられている。

歴史[編集]

  • 1987年(昭和62年)8月 - 供用開始

主な接続道路[編集]

沿線[編集]

  • 宝興業 白砂採取場
  • 青南商事・青森RER(青森市リサイクル施設)
  • あおひらクリーンセンター(し尿処理施設)
  • ドライブイン梵珠
  • JR東日本奥羽本線 大釈迦トンネル
  • 山中を通る道路で戸門付近を除いては周辺に家屋などはない。地図上は青森市立鶴ヶ坂小学校(2号橋の東・2009年3月廃校)などがあるが、実際には標高差がある。

関連項目[編集]