鶴光の代打逆転サヨナラ満塁ホームラン 花とおじさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
鶴光の代打逆転
サヨナラ満塁ホームラン
花とおじさん
ジャンル バラエティ番組
放送期間 1985年10月7日 - 1986年4月4日
放送時間 月曜 - 金曜 20:00 - 20:30
放送局 ニッポン放送
制作 ニッポン放送
ネットワーク NRN系列
STVRNCKBC
パーソナリティ 笑福亭鶴光
出演 長山洋子
富田靖子
井森美幸
芳本美代子
浅香唯
森中千香良
テンプレートを表示

鶴光の代打逆転サヨナラ満塁ホームラン 花とおじさん(つるこのだいだぎゃくてんサヨナラまんるいホームラン はなとおじさん)は、1985年10月7日[注釈 1]から1986年4月4日までニッポン放送NRN各局で放送されていた、ナイターオフ限定のラジオ帯番組

放送時間は月曜から金曜の20:00 - 20:30。

概要[編集]

土曜日深夜に放送されていた『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』が1985年10月5日深夜の放送を以って終了した後、笑福亭鶴光が同じニッポン放送で引き続き、平日20:00の枠に移ってメインパーソナリティを務めた番組である。

鶴光のパートナーとして、日替わりで長山洋子富田靖子井森美幸芳本美代子浅香唯の5人の当時のアイドルが「花」としてレギュラー出演していた。なお、この5人は「誰が何曜日の担当」とは決まっておらず、各人のスケジュールの都合で変動はあったが週1回必ず出演をしていた[1]とされていたが、実質「月曜:富田靖子、火曜:長山洋子、水曜:芳本美代子、木曜:浅香唯、金曜:井森美幸」と出演曜日がほぼ固定されていた[2]。毎日テーマを決めてそれに沿ったはがきを募集、採用者には「お小遣い」として5,000円または番組特製「花とおじさんバッグ」が贈られていた。

また番組後半には、森中千香良ら当時のニッポン放送ショウアップナイターの解説者が「8時20分の男」「野球のおじさん」として出演し、プロ野球ストーブリーグ(オフシーズン)の情報を伝えていた[1]

ネット局[編集]

放送時間はいずれも月〜金 20:00 - 20:30で、同時ネット。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ニッポン放送では1985年10月7日は銀座音楽祭を放送のため、翌日10月8日火曜日)からスタート、10月7日放送分は各ネット局への裏送りだった。

出典[編集]

  1. ^ a b DUNK集英社)1985年11月号 p.61「アイドルDJ秋の新番組大特集」
  2. ^ 1985年10月7日 - 1986年4月4日の各新聞(東京・首都圏版)のラジオ欄より。
ニッポン放送 月曜 - 金曜 20:00 - 20:30
ナイターオフ枠、1985年10月 - 1986年4月)
前番組 番組名 次番組
1984年度
大杉アッコ
ホームラン歌謡曲
1985年度
鶴光の代打逆転サヨナラ
満塁ホームラン 花とおじさん
1986年度
極楽ワイド鶴ちゃんでーす!
(18:00 - 20:30)