鶴岡公二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鶴岡 公二(つるおか こうじ、1952年(昭和27年)8月10日[1] - 、)は、日本外交官外務省総合外交政策局長、外務審議官を経て、駐英大使。実父は元国連大使の鶴岡千仭。

来歴[編集]

鎌倉学園高等学校東京大学法学部卒業後、1976年(昭和51年)に外務省入省。総合外交政策局長を経て、2012年平成24年)から外務審議官(経済)、2013年(平成25年)から内閣官房内閣審議官兼TPP政府対策本部首席交渉官。2014年(平成26年)南極海捕鯨事件において国際司法裁判所日本政府代理人として敗訴安倍晋三内閣総理大臣から強い叱責を受けた[2][3]。また、強引な性格から、他国の交渉官に「ミスター・デストロイヤー(破壊者)」と呼ばれる。

人物・経歴[編集]

同期[編集]

著作[編集]

論文[編集]

  • 『国際刑事裁判所の設立について』(『ジュリスト』1995年11月15日号(No.1079)
  • The General Agreement on Trade in Services, Implementation by Japan. Japanese Annual of International Law, No. 38(1995).

脚注[編集]