鶴岡法斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴岡 法斎 (つるおか ほうさい、1973年9月20日 - ) は、日本の評論家漫画原作者コラムニスト

来歴[編集]

千葉県八街市出身。千葉県立泉高等学校卒業後に営業マン、書店員などを経て雑誌ライターとなる。 唐沢俊一と師弟関係にあったが現在は絶縁。新宿ロフトプラスワンへは共に主催・ゲストとして多数出演していた。共著に対談集「ブンカザツロン」がある。 元と学会会員。スカラベ地蔵、ハグルマルなどのバンド名で音楽活動も行っている。

人物[編集]

  • ロフトプラスワンに1995年の富久町の開店直後から唐沢俊一と出演している。
  • ライター駆出し時代にお笑いライブに頻繁に通い、マイナー芸人にも詳しい。
  • 1996年の「月刊漫画ガロ」のコラム掲載以降、サブカルチャー関連の執筆が増える。
  • 1997年にデジタルG(元デジタルガロ)HP内の大喜利サイト「ドリフト道場」の道場主となる(2008年閉鎖)
  • 2001年末の第1回日本オタク大賞以降、同イベントにゲスト・進行役として出演。
  • 2002年に江口寿史田村信大地丙太郎とともにギャグ作家ユニット「CC's」を結成。
  • 元・立川志加吾(現・雷門獅篭)とともにロフトプラスワン深夜イベント「新宿ほうかご倶楽部」を開催。
  • 早稲田大学第二文学部、静岡大学にてマンガ史などの非常勤講師を務める。
  • 2005年よりネイキッドロフトにてトークイベント「エログロ・ハイセンス!」を主催。(計12回、2008年まで)
  • 面白漫画倶楽部のメンバーとして2007年よりトークイベントに参加。

主な著作[編集]

  • 『新世紀の迷路-疾走するエヴァンゲリオン』:アスペクト、1997年10月
  • 『螺旋の薔薇―ウテナにおける神話考察』:アスキー、1998年3月
  • 『呪われたマンガファン』:ジャパン・ミックス、1998年2月
  • 『国際おたく大学―1998年 最前線からの研究報告』:寄稿、岡田斗司夫(編)、光文社、1998年7月
  • 『ガラクタ解放戦線』:イーハトーヴ出版、1999年1月
  • 『オウガバトル64 黎明編』:アスキー、1999年8月
  • 『マンガロン-“70年代生まれ”の極私的マンガ評論集』:イースト・プレス、2000年4月
  • 『ブンカザツロン』:唐沢俊一(共著)、エンターブレイン、2001年3月
  • 『日本オタク大賞』:監修、扶桑社、2003年4月
  • 『ヤマアラシ“スロプロの真実編”』:マンガ原作、宮塚タケシ(作画)、綜合図書、2003年4月
  • 『切断王』:マンガ原作、榊原瑞紀(作画)、メディアファクトリー 、2011年4月

出演番組[編集]

出演作品[編集]

  • ギャグマンガ日和(ジャンプフェスタ2002版):声優、大地丙太郎監督(2002年)
  • 美少女生活:俳優、大地丙太郎監督(2002年)
  • 薬剤天使魔女っこケミー:俳優、荒木憲司監督(2004年)
  • モーレツ怪獣大決戦:音楽(ハグルマル)、スーツアクター、荒木憲司監督(2005年)