鶴嶺山宝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴嶺山宝一(かくれいざん ほういち 1959年11月24日 - )は、鹿児島県姶良郡加治木町 (現在の姶良市)出身(出生地は東京都墨田区)で、君ヶ濱部屋井筒部屋所属の元大相撲力士。本名は福薗好政(ふくぞの よしまさ)。身長182cm、体重122kg。最高位は西十両2枚目(1983年7月場所)。引退時のしこ名は鶴ノ富士

来歴[編集]

1975年3月場所、父が師匠を務める君ヶ濱部屋へ入門する(同じ部屋に後の大関霧島も同時に入門した。)。入門から6年後の1981年7月場所に弟の福薗(後の逆鉾)とともに十両に昇進したが負け越し、再十両まで1年以上かかった。再び十両に上がってからは定着し、幕内入りも期待されていたが稽古中に右肩を脱臼し、これが思わぬ重傷となって完治せず、その後は休場を繰り返した。長期休場の後は三段目序二段で優勝したが、怪我は長引き、1990年1月場所をもって廃業。鶴嶺山の四股名は井筒部屋の幕下力士鶴嶺山一幸が受け継いだ。幕内昇進を果たした暁には師匠の現役名である鶴ヶ嶺を襲名する予定だったらしいが実現できなかった。

その後は、東京・両国で「相撲茶屋 寺尾」(店名は弟同様、実母の旧姓に由来)のオーナーとなった。井筒部屋の味を基本にしつつ、全国の鍋料理を研究して作られたちゃんこ鍋が特徴。

家系図[編集]

西ノ海(25代横綱)の曾孫(養女の養女の子)、加賀錦(元幕下)の孫、鶴ヶ嶺(元関脇)の長男、薩摩錦(元幕下)の従兄の孫。井筒3兄弟と言われ、長男が鶴嶺山、次男が逆鉾(元関脇)、三男が寺尾(元関脇)。また、鶴ノ富士 (元十両)は従弟に当たり、元中日ドラゴンズ選手の井上一樹は親戚に当たる。

─:血縁 ━:養子縁組

 ┌──┐     ┌───┐
 ○   ○  女┰西ノ海 高千穂
 │   │    ┃
薩摩錦 ○    女┰加賀錦
  ┌─┴─┐  ┃
  ○  鶴ヶ嶺┬女
  │  ┌──┼──┐
鶴ノ富士 寺尾 逆鉾 鶴嶺山

主な成績[編集]

  • 通算成績:326勝260敗93休 勝率.556
  • 十両成績:40勝48敗17休 勝率.455
  • 現役在位:90場所
  • 十両在位:7場所
  • 各段優勝
    • 三段目優勝:1回 (1984年5月場所)
    • 序二段優勝:2回 (1985年9月場所、1987年3月場所)

場所別成績[編集]

鶴嶺山宝一
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1975年
(昭和50年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #9
3–2–2 
西 序二段 #120
3–4 
西 序ノ口 #122
5–2 
西 序ノ口 #80
休場
0–0–7
1976年
(昭和51年)
西 序ノ口 #16
5–2 
西 序二段 #69
5–2 
西 序二段 #18
4–3 
西 三段目 #89
3–4 
東 序二段 #17
6–1 
西 三段目 #52
3–4 
1977年
(昭和52年)
東 三段目 #66
5–2 
西 三段目 #30
4–3 
東 三段目 #18
3–4 
西 三段目 #28
4–3 
東 三段目 #16
3–4 
東 三段目 #28
6–1 
1978年
(昭和53年)
東 幕下 #49
3–4 
東 幕下 #58
4–3 
東 幕下 #48
4–3 
東 幕下 #39
3–4 
西 幕下 #50
4–3 
東 三段目 #43
3–4 
1979年
(昭和54年)
東 幕下 #55
3–4 
西 三段目 #7
5–2 
西 幕下 #48
5–2 
東 幕下 #28
3–4 
西 幕下 #37
6–1 
西 幕下 #13
4–3 
1980年
(昭和55年)
西 幕下 #9
4–3 
西 幕下 #6
5–2 
西 幕下 #2
4–3 
西 幕下 #1
3–4 
西 幕下 #4
2–5 
東 幕下 #15
5–2 
1981年
(昭和56年)
東 幕下 #7
4–3 
東 幕下 #5
4–3 
西 幕下 #2
4–3 
西 十両 #13
5–10 
東 幕下 #5
4–3 
東 幕下 #2
2–5 
1982年
(昭和57年)
西 幕下 #14
2–5 
東 幕下 #29
4–3 
東 幕下 #19
5–2 
東 幕下 #11
5–2 
東 幕下 #5
6–1 
東 十両 #12
8–7 
1983年
(昭和58年)
西 十両 #7
9–6 
西 十両 #3
7–8 
東 十両 #4
8–7 
西 十両 #2
3–10–2 
西 十両 #12
休場
0–0–15
西 幕下 #13
2–5 
1984年
(昭和59年)
西 幕下 #29
休場
0–0–7
西 三段目 #3
休場
0–0–7
西 三段目 #53
優勝
7–0
東 幕下 #49
6–1 
西 幕下 #24
4–3 
西 幕下 #18
1–1–5 
1985年
(昭和60年)
西 幕下 #52
休場
0–0–7
西 幕下 #52
休場
0–0–7
東 三段目 #33
休場
0–0–7
東 三段目 #84
休場
0–0–7
東 序二段 #36
優勝
7–0
東 三段目 #48
6–1 
1986年
(昭和61年)
東 三段目 #3
5–2 
東 幕下 #45
4–3 
西 幕下 #34
3–4 
東 幕下 #42
2–5 
東 三段目 #12
休場
0–0–7
西 三段目 #62
休場
0–0–7
1987年
(昭和62年)
西 序二段 #12
0–1–6 
東 序二段 #73
優勝
7–0
東 三段目 #68
6–1 
東 三段目 #16
4–3 
東 三段目 #3
5–2 
東 幕下 #41
3–4 
1988年
(昭和63年)
東 幕下 #52
5–2 
東 幕下 #31
3–4 
西 幕下 #39
4–3 
西 幕下 #28
5–2 
西 幕下 #15
3–4 
西 幕下 #24
3–4 
1989年
(平成元年)
東 幕下 #33
3–4 
東 幕下 #40
3–4 
西 幕下 #53
4–3 
西 幕下 #40
4–3 
東 幕下 #29
1–6 
西 幕下 #60
1–6 
1990年
(平成2年)
東 三段目 #35
引退
3–4–0
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)


関連項目[編集]