鶴田錦史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鶴田 錦史(つるた きんし、1911年8月15日 - 1995年4月4日)は、大正から昭和時代にかけて活躍した薩摩琵琶演奏家。本名:菊枝。

北海道生まれ。幼少の頃より兄の影響で錦心流薩摩琵琶を学ぶ。10代のころよりプロ演奏家として活躍するも、同門の水藤錦穣と比較して冷遇されたこともあり、1936年ごろより実業家として活動を始める。実業家として成功を収めたのち、1955年に鶴田錦史として再デビュー。

映画「怪談」において音楽を担当した武満徹に見いだされ、彼の代表作であるノヴェンバー・ステップスにて琵琶奏者として世界デビューを果たす。以後、薩摩琵琶の第一人者として、国内外にわたり活躍する。1985年、フランス芸術文化勲章コマンドールを受章[1]

脚注[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “鶴田錦史”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]