鶴見憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

鶴見 憲(つるみ けん、1895年明治28年)4月7日 - 1984年昭和59年)8月18日[1])は、日本の外交官太平洋戦争開戦前の1940年11月から在シンガポール日本総領事を務め、宣伝工作・民族工作を積極的に推進したことで知られる。日本占領時期にはマラッカ州長官を務めた[2]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1895年4月7日、群馬県多野郡新町で、官営・新町紡績所の工場長をしていた父・良憲[3]と、母・琴子[4]の7男(10人きょうだいの末子)として生まれる[5]

一家は1895年9月に東京・赤坂、1896年1月に父の郷里・岡山、1899年夏に名古屋[6]へ転居[7]。1900年4月、鶴見が5歳のときに母・琴子が病死[8]。一家は1901年に小田原市[9]へ転居したが、この頃父・良憲の事業は行き詰まり、家計は次第に逼迫していった[10]。1906年に父・良憲が小田原で死去[11]。鶴見は東京へ転居し、伯父の本尾家と長姉・敏子の嫁ぎ先の廣田家の支援を受け、学業を継続した[12]旧制一高から東大に進学[13]。卒業後、外交官となる[14]

外交官[編集]

1922年 天津に赴任[15][16]ロサンゼルス[17]ワシントンD.C.勤務を経て東京の外務省本省へ帰任[15]

1932年 満州に赴任、駐満州国日本大使館1等書記官[15]

[いつ?] 在米国オレゴン州ポートランド日本領事[15]

1937年 在ハルピン日本総領事[15]

[いつ?]上海日本大使館1等書記官[15]。 1940年11月 在シンガポール日本総領事[18]

司政長官[編集]

1942年3月7日 マラッカ州長官(-1944年5月5日)[22][23][24]

1945年4月、空襲で東京の自宅が焼損[25]

戦後[編集]

1945年10月、熱海市長に就任[26]、1947年4月に退任[27]

家族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、823頁。
  2. ^ この記事の主な出典は、石塚 2010, p. 各頁、フォーラム (1998, pp. 664,672)、篠崎 (1981, pp. 173-174)、中沢 (1981, pp. 372)およびThe Straits Times & 1940-11-03
  3. ^ 父の先祖は岡山県備中松山城の家老・鶴見内蔵助石塚 2010, p. 17)
  4. ^ 大阪の商人の娘(石塚 2010, p. 17)。名前は「古都」とも(石塚 2010, p. 23)。
  5. ^ 石塚 2010, pp. 17,20.
  6. ^ 舎人町26(石塚 2010, p. 22)
  7. ^ 石塚 2010, pp. 20-22.
  8. ^ 石塚 2010, p. 23.
  9. ^ 十字町4丁目(石塚 2010, p. 24)
  10. ^ 石塚 2010, p. 24.
  11. ^ 石塚 2010, pp. 11,12.
  12. ^ 石塚 2010, pp. 12,31.
  13. ^ 石塚 2010, p. 107.
  14. ^ 石塚 2010, p. 97.
  15. ^ a b c d e f The Straits Times & 1940-11-03.
  16. ^ 石塚 (2010, p. 97)では、1924年に大学を卒業し外交官となった、としている。
  17. ^ 1925年秋に、米国を遊説旅行中の兄・祐輔がロサンゼルス領事館の鶴見夫妻を訪問している(石塚 2010, p. 103)。
  18. ^ The Straits Times & 1940-11-03。同月2日に上海からシンガポールに着任(同)。
  19. ^ フォーラム 1998, p. 672.
  20. ^ 篠崎 1981, pp. 173-174.
  21. ^ 鶴見 (1986, p. 292)によると、鶴見は息子の鶴見良行に対して、新聞社買収資金の支出は記憶になく、担当したのは総領事館員を装っていた陸軍少佐だろう、と述べている。篠崎 (1981, p. 174)には、鶴見が総領事の時代に陸軍参謀・鹿子島隆少佐が総領事館に入ってきた旨の記述がある。
  22. ^ フォーラム 1998, p. 664.
  23. ^ 石塚 (2010, p. 221)では、1944年頃に司政長官に就任した、としている。
  24. ^ 中沢 1981, p. 372.
  25. ^ 石塚 2010, p. 226.
  26. ^ 石塚 2010, p. 224.
  27. ^ 石塚 2010, p. 229.
  28. ^ 石塚 2010, p. 17.
  29. ^ 鶴見 1986, p. 292.

参考文献[編集]

  • 石塚, 義夫『鶴見祐輔資料』講談社出版サービスセンター、2010年。ISBN 9784876019120。
  • フォーラム『日本の英領マラヤ・シンガポール占領 : 1941~45年 : インタビュー記録』33、「日本の英領マラヤ・シンガポール占領期史料調査」フォーラム、龍溪書舎〈南方軍政関係史料〉、1998年。ISBN 4844794809。
  • 鶴見, 良行『マラッカ物語』時事通信社、1986年。ISBN 4788781247。
  • 篠崎, 護「篠崎護氏インタヴュー記録」『インタヴュー記録 D.日本の軍政』6、東京大学教養学部国際関係論研究室、東京大学教養学部国際関係論研究室、1981年、169-213頁。
  • 中沢, 欽一郎「中沢欽一郎氏インタヴュー記録」『インタヴュー記録 D.日本の軍政』6、東京大学教養学部国際関係論研究室、東京大学教養学部国際関係論研究室、1981年、365-385頁。
  • The Straits Times (1940年11月3日). “New Japanese Consul Arrives - MR. K. TSURUMI ON JAPAN'S AIM”. The Straits Times: p. 9. http://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Page/straitstimes19401103-1.1.9.aspx 2016年6月5日閲覧。 

関連書籍[編集]

  • 北岡, 寿逸 (1975). 北岡寿逸. ed. 友情の人‐鶴見祐輔先生. 私家版