鶴見検車場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴見検車場(つるみけんしゃじょう)は、大阪府大阪市鶴見区浜1丁目2番地6にある大阪市高速電気軌道検車場である。

概要[編集]

主に大阪市高速電気軌道長堀鶴見緑地線の車両の留置、検査を担当する施設である。

1990年(平成2年)3月20日に鶴見緑地線(当時)の京橋 - 鶴見緑地間の開業とともに開設された。その後、1996年(平成8年)12月11日心斎橋へ同線が延伸開業した際に4両編成27本が収容出来る規模へと拡張工事が行われ、現在に至る。

当検車場は長堀鶴見緑地線の車両以外にも、今里筋線の車両の検査も行っており、場内には鶴見緑地北車庫とを結ぶ連絡線が1本存在する。

施設は鶴見緑地東南の地下に存在し、外周部は吹き抜けとなっている。屋上は鶴見緑地庭球場として活用されている。

大阪市交通局の民営化に伴い、2018年4月1日に大阪市高速電気軌道に譲渡されている。

所属車両[編集]

  • 70系(1990年1月 - 現在)
  • 80系(2004年12月 - 2007年10月)

参考文献[編集]

  • 『大阪市高速電気軌道第7号線京橋〜鶴見緑地間 リニアモータ地下鉄建設記録』大阪市交通局 (1993年出版)

座標: 北緯34度42分26秒 東経135度34分46.7秒