鶴見緑地球技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
花博記念公園鶴見緑地 > 鶴見緑地球技場
鶴見緑地球技場
Tsurumi Ryokuchi Football Stadium14-1.JPG
鶴見緑地球技場の位置(大阪市内)
鶴見緑地球技場
鶴見緑地球技場の位置(大阪府内)
鶴見緑地球技場
施設情報
所在地 大阪市鶴見区浜1丁目1-37
位置 北緯34度42分21.59秒 東経135度34分52.7秒 / 北緯34.7059972度 東経135.581306度 / 34.7059972; 135.581306座標: 北緯34度42分21.59秒 東経135度34分52.7秒 / 北緯34.7059972度 東経135.581306度 / 34.7059972; 135.581306
開場 1997年
修繕 2010年
所有者 大阪市
運用者 鶴見緑地スマイル5
グラウンド 人工芝
照明 鉄塔式8基
大型映像装置 磁気反転型スコアボード
使用チーム、大会
収容能力
3,710

鶴見緑地球技場(つるみりょくちきゅうぎじょう)は、大阪市鶴見区花博記念公園鶴見緑地内にある球技場である。

歴史[編集]

1997年に開催された第52回国民体育大会(なみはや国体)のテニス競技会場として靭公園の整備により閉鎖された靱蹴球場に代わる球技場として、また鶴見区民のスポーツレクリエーションの中心をなす施設として、1990年の国際花と緑の博覧会(花博)終了後に鶴見緑地に建設された。

2009年4月から鶴見緑地スマイル5が指定管理者となった([1])。

2010年、芝生を天然芝から人工芝[1] に変更する工事を行い、サッカーとラグビーは規定により地域リーグ以下の試合しか行えなくなった。代わりに天然芝化に伴い長居球技場を使用できなくなったフィールドホッケーの試合が行われている。

施設概要[編集]

  • 収容人員 : 3,710人

設備[編集]

  • 磁気反転型スコアボード
  • ナイター照明設備8基(メイン、バックに各4基ずつ鉄塔式のものがある)

主な使用大会[編集]

サッカー
ラグビー
アメリカンフットボール
  • 社会人・Xリーグ(主に2部以下の試合)
  • 関西学生アメリカンフットボールリーグ
フィールドホッケー

脚注[編集]