鶴見 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鶴見
—  町丁  —
總持寺大祖堂
鶴見の位置(横浜市内)
鶴見
鶴見
鶴見の位置(神奈川県内)
鶴見
鶴見
鶴見の位置
座標: 北緯35度30分10.5秒 東経139度40分16.9秒 / 北緯35.502917度 東経139.671361度 / 35.502917; 139.671361
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
鶴見区
面積[1]
 - 計 0.508km2 (0.2mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 3,399人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 230-0063[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

鶴見(つるみ)は神奈川県横浜市鶴見区町名[5]住居表示が実施され、現行行政地名は鶴見一丁目及び鶴見二丁目[6]郵便番号は230-0063[3]

地理[編集]

鶴見区中部、JR京浜東北線鶴見駅南西の丘陵地帯に位置する。北から北東にかけて主要地方道鶴見駅三ツ沢線を挟み寺谷一丁目および豊岡町、南東はJR鶴見線東海道本線の線路を挟み鶴見中央五丁目および生麦五丁目に接し、南部の花月園跡は岸谷三・四丁目に囲まれる。西の一角は東寺尾東台が入り組み、北西は東寺尾中台に接する[5]。町の南部約1/3が一丁目、北部2/3が二丁目となる。区役所をはじめとする官公庁や商店街など鶴見区の中枢は、主に隣接する鶴見中央にあり、区の中枢ではない。

一丁目には、1087年真言宗東福寺が開創[7]1914年大正3年)には東福寺の敷地に花月園遊園地が開園。1946年昭和21年)11月に遊園地が閉園となったあと1950年5月に花月園競輪場がオープンしたが[8]、2010年に競輪場としての運営を終了。跡地は、隣接する岸谷4丁目のJFEスチール社宅跡とともに、防災公園および住宅地として再開発される計画がある[9][10]

1575年天正3年)に鶴見区寺尾にて開創した曹洞宗成願寺は、元和年間(1615年1623年)に現在の鶴見二丁目に移転した[11]石川県輪島市にあった曹洞宗大本山總持寺1898年明治31年)に火災により焼失。これを機に交通の便の良い関東に移ることになり、同じ曹洞宗の成願寺の敷地が選ばれた。總持寺1911年に現在地に移転。成願寺はその東隣の豊岡町に移転した。鶴見臨港鉄道(現 JR鶴見線)には1930年から1942年にかけて本山駅が設けられ、参詣客でにぎわったが、鉄道の拡幅工事などで門前町らしい街並みは失われている[12]。總持寺の周囲には、学校法人総持学園による鶴見大学短期大学部附属中学校・高等学校、附属三松幼稚園および鶴見大学歯学部附属病院がある[5]

面積[編集]

面積は以下の通りである[1]

丁目 面積(km2
鶴見一丁目 0.174
鶴見二丁目 0.334
0.508

歴史[編集]

「鶴見」の名は鎌倉時代から室町時代にかけて「鶴見郷」の名に見られ、大山郷の別名を持つ[8]地名学では「ツル」は河川の周囲、「ミ」は出入り変曲した地形に対し「~の周り」を意味する接尾語として使われる。鳥類のツルとは直接の関係はないと考えられている[13]。江戸時代に橘樹郡鶴見村が成立する。天保郷帳によると石高は655石余り、新編武蔵風土記稿によると江戸から5あまり、東西9余り、南北11町ほどで家数は120件であった[14]1889年(明治22年)4月1日に、鶴見村は生麦村、東寺尾村および馬場村の一部と合併して生見尾村となり、鶴見はその大字となる。生見尾村は1921年大正10年)4月1日の町制施行の際に鶴見町となる。この頃は都市近郊の農地で「ツルミの赤茄子」と呼ばれるトマトが栽培されていた。1927年昭和2年)4月1日に橘樹郡鶴見町は横浜市に編入、同年10月1日には区制施行により横浜市鶴見区の町名、鶴見区鶴見町となる。1972年6月5日に、鶴見町の一部から鶴見一・二丁目が新設され、同時に住居表示が実施された[15][6]

鶴見区鶴見町の町域の変遷[編集]

横浜市に編入されてから数度にわたり、鶴見町は周辺の町と境界を変更している。1928年に、上末吉町および市場町に鶴見町の町域の一部を編入。1929年には東寺尾町と境界を変更するとともに馬場町の一部を編入。1936年には生麦町と境界を変更するとともに東寺尾町の一部を編入。鶴見町の一部を1937年に下末吉町、1939年に北寺尾町・東寺尾町に編入。1959年に鶴見町の一部を東寺尾町に編入、翌年には東寺尾町の一部を鶴見町に編入した。1967年5月1日に鶴見町の一部が生麦五丁目となり、生麦町の一部を編入。1969年6月1日に鶴見町の一部が下末吉一・二丁目となり、下末吉町の一部を編入。1972年6月5日に鶴見町の一部から鶴見一・二丁目、寺谷一・二丁目、東寺尾東台、諏訪坂を新設。1979年7月23日には佃野町と豊岡町を新設。残りの町域は1980年7月28日に鶴見中央一~五丁目となり、町名としての鶴見町は消滅した[15][6]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
鶴見一丁目 1,197世帯 2,480人
鶴見二丁目 540世帯 919人
1,737世帯 3,399人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[16]

丁目 番地 小学校 中学校
鶴見一丁目 4番35号(パラシオン鶴見) 横浜市立豊岡小学校 横浜市立鶴見中学校
5番〜6番25号
6番27〜33号
6番43号
横浜市立東台小学校 横浜市立寺尾中学校
その他 横浜市立鶴見中学校
鶴見二丁目 1番 横浜市立豊岡小学校
その他 横浜市立東台小学校 横浜市立寺尾中学校

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b c 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p994
  6. ^ a b c 横浜市鶴見区の町名一覧 (PDF)”. 横浜市市民局 (2016年10月17日). 2017年3月5日閲覧。
  7. ^ 子生山東福寺”. 鶴見区仏教会. 2017年3月6日閲覧。
  8. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p604-606
  9. ^ 花月園競輪場の跡地は今後どうなるの?”. はまれぽ.com (2013年9月27日). 2017年3月6日閲覧。
  10. ^ 花月園競輪場跡地等の事業概要等に関する説明会資料 (PDF)”. 横浜市・都市機構 (2015年3月). 2017年3月6日閲覧。
  11. ^ 成願寺の歴史・由来”. 成願寺. 2017年3月6日閲覧。
  12. ^ 石川県にあった總持寺が鶴見に移転した理由を教えて!”. はまれぽ.com (2014年6月27日). 2017年3月6日閲覧。
  13. ^ 横浜の町名』p23
  14. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p605
  15. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p606
  16. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年6月8日
  • 横浜市市民局総務部住居表示課 『横浜の町名』、1996年12月
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』 昭文社2016年、第6版、12頁。ISBN 978-4-398-62683-7。