鶴間和幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴間 和幸(つるま かずゆき、1950年12月 - )は、日本歴史学者学習院大学教授。専攻は中国古代史。

来歴[編集]

東京都生まれ。1974年東京教育大学文学部東洋史学科卒業。1990年東京大学大学院人文科学研究科東洋史博士課程単位取得退学。茨城大学教養部講師、助教授、教授を経て1997年学習院大学文学部教授。1998年「秦帝国の形成と地域」で東大文学博士時代が専門。趣味はマラソン。交友関係は、北方謙三、吉川晃司、里中満智子など。特に、北方謙三とは、しばしば酒を酌み交わす仲である。

著書[編集]

  • 『秦漢帝国へのアプローチ』山川出版社(世界史リブレット) 1996
  • 『秦の始皇帝 伝説と史実のはざま』吉川弘文館(歴史文化ライブラリー) 2001
  • 『始皇帝の地下帝国』講談社 2001
    • 『始皇帝陵と兵馬俑』講談社学術文庫 2004
  • 『ファーストエンペラーの遺産 秦漢帝国』講談社 2004 (中国の歴史 3)
  • 『秦帝國の形成と地域』汲古書院(汲古叢書)2013
  • 『人間・始皇帝』岩波新書 2015

共編著[編集]

  • 『中国 NHKスペシャル「四大文明」プロジェクト』日本放送出版協会(NHKスペシャル)2000
  • 『中国「世界遺産」の旅 第2巻(中原とシルクロード)』講談社 2005
  • 『中国古代文明』黄暁芬共著 山川出版社(世界歴史の旅)2006
  • 『黄河下流域の歴史と環境 東アジア海文明への道』東方書店(学習院大学東洋文化研究叢書)2007

翻訳[編集]

  • 蘇暁康『黄河文明への挽歌 「河殤」と「河殤」論』学生社 1990

論文[編集]