鷲ノ巣信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:駅として営業していた時のホーム全体の様子と信号場化された後の様子の写真の画像提供をお願いします。2018年6月
鷲ノ巣信号場
鷲ノ巣駅の待合所(2008年10月19日)
鷲ノ巣駅の待合所(2008年10月19日)
わしのす
Washinosu
H54 八雲 (3.1km)
(4.1km) 山崎 H52
所在地 北海道二海郡八雲町花浦
駅番号H53
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 84.2km(函館起点)
電報略号 ワシ
駅構造 信号場
ホーム 2線
乗車人員
-統計年度-
0人/日(降車客含まず)
-2012年度-
開業年月日 1944年昭和19年)9月1日
備考 1987年(昭和62年)4月1日に旅客駅として開業。2016年(平成28年)3月26日より信号場。
テンプレートを表示

鷲ノ巣信号場(わしのすしんごうじょう)は、北海道二海郡八雲町花浦にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線信号場。かつてはであったが、2016年(平成28年)3月26日に旅客営業を廃止し、信号場となった[新聞 1][1]。駅番号はH53であった、電報略号ワシ

函館本線は森駅から当信号場まで複線、当信号場から山崎駅まで単線となる。

概要[編集]

1944年昭和19年)9月1日信号場として開設。1987年昭和62年)4月1日国鉄分割民営化に伴い旅客駅に昇格し、鷲ノ巣駅(わしのすえき)として営業していたが、2016年(平成28年)3月26日のダイヤ改正で廃止され、再び信号場となった。

2014年平成26年)5月12日から2016年(平成28年)3月25日までは、道内最西端の鉄道駅であった。当駅廃止に伴い八雲駅へ最西端の駅を譲り、当駅は道内最西端の信号場となった。

プロバスケットボールチームレバンガ北海道のオオワシをモチーフにしたマスコット「レバード」の出生地という設定がある[2][3]

歴史[編集]

1976年の鷲ノ巣信号場と周囲約1km範囲。下が函館方面。駅裏下り方面ホームは上り方面よりも短い。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

信号場として設置され、その後仮乗降場、信号場、駅と変遷しているが、1944年の開設から2016年の旅客扱い廃止まで一貫して旅客取り扱いが行われてきた。

構造[編集]

前述の通り、当信号場は単線区間と複線区間の境界となっており、長万部方に両開き分岐器(制限速度90km/h。安全側線付帯)が設置されている。

鷲ノ巣駅時代は、相対式ホーム2面2線を有する地上駅八雲駅管理の無人駅)であった。短いホームが互い違いに設置されており、ホーム同士は構内踏切で連絡していた。駅舎はなく、ホーム脇に待合所[新聞 2]が置かれていた。

同駅の廃止後、待合所やホームは全て撤去され、現在は信号関係の建物のみが残されている。

周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
八雲駅 (H54) - (鷲ノ巣信号場) - 山崎駅 (H52)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 「函館本線458.4km+α」、『鉄道ジャーナル』No.628、2019年2月、 27頁。
  2. ^ レバードが生家へ帰省しました”. レバンガ北海道 (2016年3月2日). 2016年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月23日閲覧。
  3. ^ レバードが来ました!”. 八雲町(情報政策室ブログ) (2016年2月19日). 2016年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 『道南鉄道100年史 遥』 北海道旅客鉄道函館支社 2003年2月発行。
  5. ^ a b c 停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II、P808。
  6. ^ 『道南鉄道100年史 遥』P98。

報道発表資料[編集]

  1. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), オリジナル2007年9月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20070930015220/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2007年9月30日閲覧。 
  2. ^ “平成28年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年12月18日), オリジナル2015年12月19日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20151219125248/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151218-2.pdf 2015年12月19日閲覧。 
  3. ^ “平成28年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年12月18日), オリジナル2015年12月18日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20151218154545/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151218-3.pdf 2015年12月18日閲覧。 

新聞記事[編集]

  1. ^ a b “「道内8駅」、3月25日廃止〜鉄道ファン訪れ撮影&書き込み〜”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年3月14日) 
  2. ^ “鷲ノ巣駅は今...。”. 鉄道ホビダス(編集長敬白) (ネコ・パブリッシング). (2015年9月4日). オリジナル2015年9月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150907014317/http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2015/09/3_7.html 2015年9月7日閲覧。 

関連項目[編集]