鷲別岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
鷲別岳(室蘭岳)
Mt.Muroran-dake.JPG
南方から望む鷲別岳
標高 911.1 m
所在地 日本の旗 日本
北海道室蘭市登別市
位置 北緯42度26分08秒
東経141度00分11秒
座標: 北緯42度26分08秒 東経141度00分11秒
山系 支笏・洞爺
種類 成層火山[1]
鷲別岳の位置(北海道南部内)
鷲別岳
鷲別岳
鷲別岳 (北海道南部)
鷲別岳の位置(北海道内)
鷲別岳
鷲別岳
鷲別岳 (北海道)
鷲別岳の位置(日本内)
鷲別岳
鷲別岳
鷲別岳 (日本)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

鷲別岳(わしべつだけ)とは、北海道登別市室蘭市にまたがる標高911mの山である。北海道百名山に選定されている。

概要[編集]

江戸幕府が正式に決めた鷲別岳の呼び方が正しい名称であるが、室蘭岳(むろらんだけ)の別名でも知られている。国土地理院地形図では鷲別岳(室蘭岳)と記載されている。

山頂は登別市側にあるが、登山口は室蘭市側にあり、山麓には室蘭市によって「室蘭岳山麓総合公園」(だんパラ公園)が設置されている。また、登山口には昭和9年(1934年)建立の「室蘭嶽登山口」と刻まれた石碑があり、地元では「室蘭岳」として親しまれている。[2]

山頂には一等三角点「鷲別岳」[3]が設置されている。

この山を源流とする千舞鼈川、ペトトル川、知利別川[注釈 1]鷲別川[注釈 2]および胆振幌別川[注釈 3]は室蘭市内の水道水および工業用水の水源となっている。

噴火湾(室蘭港沖)から望む鷲別岳

登山道[編集]

  • 登山口は室蘭市のだんパラ公園内のだんパラスキー場左手から登るコース、室蘭市水元からのコースが知られる。更にだんパラスキー場からのコースは新道と旧道に分かれる。
  • カムイヌプリから鷲別岳に抜けるコースもある。
  • だんパラスキー場のコースは登山口からまもなく、室蘭山岳連盟が管理する白鳥ヒュッテがある(室蘭市は2021年3月末での廃止か、活用を希望する個人・団体への譲渡を予定している)[4]
  • 白鳥ヒュッテの近くには水天宮があり、元旦には甘酒がふるまわれる。
  • 山頂からは、太平洋や室蘭市街地、遠く羊蹄山駒ヶ岳恵山を望むことができる。
  • 鷲別岳北面の裏沢は沢登のゲレンデ[注釈 4]である。

行事[編集]

  • 3月上旬 スキー大会
  • 5月中旬 山開き

いずれも室蘭山岳連盟の主催。

近隣の山[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]