鷲原八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鷲原八幡宮
所在地 島根県鹿足郡津和野町鷲原イ632-2
位置 北緯34度27分16.0秒
東経131度45分24.2秒
座標: 北緯34度27分16.0秒 東経131度45分24.2秒
主祭神 誉田別尊
玉依姫命
息長足姫尊
社格 旧村社
創建 伝天暦年間(947-956年)
本殿の様式 三間社流造
札所等 津和野藩3大社
例祭 4月第2日曜日
主な神事 流鏑馬神事(4月第2日曜日)
テンプレートを表示

鷲原八幡宮(わしはらはちまんぐう)は、島根県鹿足郡津和野町鷲原にある神社八幡宮)である。宗教法人としての名称は地名を付さない「八幡宮」である[1]

祭神[編集]

誉田別尊玉依姫命息長足姫尊八幡三神を主祭神に、15柱を合祀する。

歴史[編集]

平安時代天暦年間(947年-956年)に山根六左衛門尉という郷士が豊前宇佐八幡宮勧請したのに創まるといい、その後吉見氏の家祖頼行が鎌倉鶴岡八幡宮から再度勧請し、2代頼直が嘉慶元年(1387年)に現位置に社殿を建立して遷座したという。

天文23年(1554年)に生じた三本松城の戦いの戦火により、鷲原八幡宮を含む周辺の寺社は焼失するが、永禄11年(1568年)に吉見正頼が社殿を造営している[2]

吉見氏断絶後も津和野の守護神として崇められ、藩政が敷かれた後は坂崎氏亀井氏の歴代藩家から崇敬され、亀井氏の時代には祇園社(現弥栄神社)、武霊社(現津和野神社)と合わせて津和野藩の3大社とされ、その筆頭に位置づけられた。

明治6年(1873年)に村社に列した。

祭祀[編集]

4月第2日曜日を例祭(春の大祭)とし、当日には流鏑馬神事が斎行される。

社殿[編集]

本殿は石垣を築いて一段高くなった敷地に建ち、拝殿との間には石階がある。三間社流造、杮葺きで、正面に向唐破風造の向拝を設け、外周に覆屋(おおいや)を構える。庇部分を室内に取り込み、庇を外陣、奥の身舎(もや)部分を内陣とする。外陣は正面中央間を両開き板扉とし、他の柱間は蔀(しとみ)とする。

楼門は一間一戸の四脚門で、屋根入母屋造茅葺、正面に片流れの向拝檜皮葺)を付ける。楼門の両脇には同じ梁間で桁行2間、切妻造の翼廊(屋根杮葺)を延ばす。

本殿、楼門ともに吉見氏11代の正頼により永禄11年(1568年)に改築されたもので、正徳元年(1711年)に亀井津和野藩3代藩主の茲親による大修理があるなど、幾度か修築を経たが、楼門の向拝の冠木(かぶき)中央に配した蟇股(かえるまた)や柱頭の手挟(たばさみ)には室町時代の技法が残されている。

拝殿は正徳元年(1711年)の建立で、入母屋造、鉄板葺き、桁行(間口)3間、梁間(奥行)2間。内部は畳敷きで、柱間装置は格子戸および格子窓とする。南正面に潔斎橋、東側面に神饌所が付属する。

本殿と楼門は昭和47年(1972年)3月31日に島根県の文化財(建造物)に指定。平成23年(2011年)11月29日付けで、拝殿を含む3棟が国の重要文化財に指定された。[3]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 社殿3棟(本殿、拝殿、楼門)
本殿と楼門が室町時代の永禄年間まで遡る数少ない社殿であるとともに、社殿の構成や翼廊をもつ楼門の形式に顕著な地方的特徴を有しており、中国地方西部における神社建築の展開を理解する上で重要であるとして、平成23年(2011年)11月29日に指定された。

島根県指定史跡[編集]

  • 鷲原八幡宮流鏑馬馬場
全長約270メートルの馬場で、吉見氏時代に鶴岡八幡宮の馬場を模して作られたもの。日本において唯一原形を留めている馬場であるとして、昭和41年(1966年)5月31日に史跡に指定(同47年7月28日名称変更)された。

津和野町指定文化財[編集]

無形民俗文化財

  • 鷲原八幡宮の流鏑馬神事(平成8年(1996年)4月1日指定)

歴史資料

  • 社殿奉納掲額
天保年間(1830-44年)に楼門に掲げられた額で「鷲原公園」と書かれており、明治6年の太政官布達(明治6年第16号)以前に「公園」という用語が見られる点が貴重であると、昭和52年(1977年)12月17日に指定された。

天然記念物

  • 鷲原八幡宮の大杉(昭和48年(1973年)10月23日指定)

その他[編集]

楼門前に大島松渓作の狛犬が立ち、客社天神前の石碑に三浦紫畹(しえん)筆になる梅の絵、背面に大国隆正の父である今井天柱(護斎)の碑文が刻まれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 法人名については、社殿の重要文化財指定時の官報告示(平成23年文部科学省告示第160号)による。
  2. ^ 鷲原八幡宮について (PDF) つわぶき第42号(平成20年2月号)
  3. ^ 社殿の説明は「新指定の文化財」『月刊文化財』579号、第一法規、2011、による。