鷹司信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鷹司 信子(たかつかさ のぶこ、慶安4年(1651年) - 宝永6年2月7日1709年3月17日))は、江戸幕府第5代将軍徳川綱吉正室御台所)。院号は浄光院(じょうこういん)。左大臣従一位鷹司教平の娘。母は冷泉為満女(鷹司家譜)。兄に関白・鷹司房輔、妹に霊元天皇中宮鷹司房子(新上西門院)がいる。また、3代将軍・徳川家光の正室・鷹司孝子は大叔母、6代将軍・徳川家宣の正室・近衛熙子は再従妹にあたる。

経歴[編集]

寛文4年(1664年)、当時上野国館林藩主であった徳川綱吉と結婚する。延宝8年(1680年)、綱吉の将軍就任により江戸城大奥に入る。

綱吉の生母の桂昌院とは不仲であったとされ、綱吉との夫婦仲についても、2人の間に子女は産まれなかったことなどから不和であったとする説があるが、詳細は不詳(ただし、徳川幕府の歴代将軍で正室との間に子女を儲けた例の方が少ない点は留意する必要がある)。また、綱吉の側室のが世嗣・徳松の生母として権勢をふるったことも快く思っていなかった。そのため、綱吉の寵愛を伝から離すため、新上西門院を通じて宮中で最も学問に秀でているとの呼び声が高い典侍常盤井の局を、御台所付上臈御年寄として大奥へ招聘した[1]。さらに常盤井改め右衛門佐が大典侍新典侍らを側室として京から呼び寄せ、公家派として伝に対抗したとされる。

宝永6年(1709年)、夫・綱吉の死から1ヶ月も経たないうちに死去した。享年59。戒名は浄光院殿円巌珠心大姉。墓所は東京都台東区寛永寺。そのあまりに急な死に、実は綱吉は信子と御台所付御年寄・伊豆局の手によって殺害され、信子はその後自害したという俗説(『日光邯鄲枕』)も残っているが、信憑性に乏しい。

登場する作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただしこの記録は「玉輿記」等の後世の編纂物によるものであり、「鶴姫君様御婚礼御用」「鶴姫様御婚礼書物」及び、常磐井の局(右衛門佐局)の 墓碑銘の墓誌部分には、信子付きではなく、鶴姫付きの侍女を経て幕府の(綱吉付き)上臈として仕えたとある。