鷹司家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
鷹司家
家紋
鷹司牡丹たかつかさ ぼたん
本姓 藤原北家近衛流支流
家祖 鷹司兼平
種別 公家摂家
華族公爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 鷹司兼平
鷹司輔平
鷹司平通
鷹司孝子
鷹司信子
鷹司政通
鷹司信平松平信平
支流、分家 鷹司氏武家
鷹司松平家武家
凡例 / Category:日本の氏族

鷹司家(たかつかさけ)は、五摂家のひとつで公家である。

概要[編集]

鎌倉時代中頃、藤原北家嫡流近衛家実の四男・兼平が祖。家名は平安京鷹司小路に由来する(兼平の邸宅が鷹司室町にあった)。別称は楊梅(やまもも)殿。江戸時代家禄は1000のち1500石。明治維新後、煕通公爵に叙せられた。家紋鷹司牡丹。明治になった後もしばらくは京都に暮らしていたが、やがて一部を除き、住まいを東京に移し、最初千代田区番町に屋敷を構え、その後南麻布(現在のフィンランド大使館)、千駄ヶ谷(現在の津田塾大学)に居を構えた。菩提寺は京都嵯峨野にある小倉山二尊院。下記に記述のある鷹司室町家の墓石も同様に二尊院にあり、鷹司家の右隣に建てられている。

戦国時代の12代当主・鷹司忠冬に継嗣がなく、1546年に一度断絶した。しかし鷹司家の断絶を惜しんだ織田信長の勧めにより、1579年二条晴良の子が再興することとなった。その際、信長より「信」の一字を与えられ鷹司信房と名乗った。その後も嫡子相続、摂家宮家からの養子相続を続け現在に至る。15代当主・教平のとき、近衛家を除く鷹司家、九条家一条家二条家の当主が全て教平の実子で独占されていた時期がある。1743年閑院宮直仁親王(贈:慶光天皇)の第四王子であった鷹司輔平(幼名:淳宮)が鷹司家を継承し、鷹司家は皇別摂家となった。江戸時代を通して鷹司家の当主が関白を務める機会が多かったことから「関白屋」と揶揄された。これらのことから徳川将軍家に近い存在であり、家光(孝子)、綱吉(信子)、家定(任子)と3人の将軍へ御台所として鷹司家より嫁している。鷹司家23代当主・鷹司政通光格天皇仁孝天皇孝明天皇と三帝に仕え、歴史上最長の33年間にわたって関白を務め、朝廷内において強大な権力を誇った。

また、信房の娘の孝子徳川家光の御台所となったが、弟の信平はこれを頼って徳川将軍家旗本に転身し、紀州藩徳川頼宣の娘、松姫を娶って松平の名字を許された。これにより鷹司松平家は五摂家出身であり御三家御連枝一門という特異な家となり、旗本ながら従四位下・左近衛少将という国主並の官位官職に任じられる。この武家の鷹司松平家は代を重ねるごとに加増され、信平の孫の信清の代に1万石となり大名諸侯に列し、徳川家一門の待遇を受ける上野吉井藩主家となった。公家から武家へと転身し、大名に上ったのは江戸時代を通してこの鷹司松平家のみである。

幕末において、輔煕の子、輔政が19歳で薨去したため、九条尚忠の子、煕通を養子に迎えた。煕通の兄弟姉妹には九条夙子(英照皇太后)九条道孝貞明皇后実父)、二条基弘(二条家27代当主)がいる。

また煕通の四男・信敬の娘、鷹司榮子が出家し、鷹司誓玉となり長野県の善光寺大本願の第121世法主を務めている。誓玉法主はその後、平成19年(2007年)に養女を同じく鷹司家より迎え、法体となった鷹司誓栄尼が現在副住職に就いている。

27代当主・平通は、1950年(昭和25年)に昭和天皇の第三皇女孝宮和子内親王と結婚した。既に華族制度は廃止されており、旧五摂家、旧公爵家とはいえ一般国民となっていた家へ皇女が嫁ぐという最初の事例となり、当時マスコミなどがこぞって報道し、戦後の開かれた皇室として大きな話題となった。その後、松平乗武(旧美濃岩村藩大給松平家当主・松平乗長の次男)と章子(ふみこ、平通の妹)夫妻の長男・尚武を養子として迎えた。現在の鷹司家は、大給松平家からさらに鍋島氏を経て、血縁の上では 少弐氏の男系子孫となっている。 現当主の尚武はNEC関連会社社長などを務めた後、伊勢神宮大宮司を経て、現在は神社庁統理の職に就いている。また日本会議の会員でもある。

なお、鷹司兼平の叔父にあたる大納言兼基を祖とする鷹司家も存在する。こちらの鷹司家は室町家とも称して、兼忠・兼輔・輔房と続いたが、南北朝時代の房通の代に断絶している。

また、鷹司政煕の早世したといわれた息子は生存し、謀反の罪をきせられ、都から追われながらも追っ手を逃れて奥能登で生き延びた。後に奥能登鷹司家と云われるようになる。 実父である鷹司政煕とは表立たず交流があり、寺院に書が遺されているが、その寺院ですら書を匿うという徹底ぶりで、身を隠すような質素な暮らしぶりは、奥能登の人々に好意的に受け入れられた。以後、土地の人々に匿われ、断絶することなく現在まで至り、こちらが絶えなかった本来の鷹司家という説もあるが、代々の言い伝えにより、子を世には隠す慣習があったために、詳細は不明である。

歴代当主[編集]

氏名 生没年 続柄 備考
1 鷹司 兼平たかつかさ かねひら 安貞2年
1228年
- 永仁2年
1294年
近衛家3代当主・近衛家実の四男
2 鷹司 基忠もとただ 宝治元年
1247年
- 正和2年
1313年
初代当主・兼平の長男
3 鷹司 兼忠かねただ 弘長2年
1262年
- 正安3年
1301年
初代当主・兼平の次男
4 鷹司 冬平ふゆひら 建治元年
1275年
- 嘉暦2年
1327年
2代当主・基忠の長男
5 鷹司 冬教ふゆのり 嘉元3年
1305年
- 建武4年
1337年
2代当主・基忠の三男
6 鷹司 師平もろひら 応長元年
1311年
- 文和2年
1353年
4代当主・冬平の子
7 鷹司 冬通ふゆみち 元徳3年
1331年
- 至徳3年
1386年
6代当主・師平の子
8 鷹司 冬家ふゆいえ 貞治6年
1367年
- 正長元年
1428年
7代当主・冬通の子
9 鷹司 房平ふさひら 応永15年
1408年
- 文明4年
1472年
8代当主・冬家の子
10 鷹司 政平まさひら 文安2年
1445年
- 永正14年
1517年
9代当主・房平の子 室町幕府第8代征夷大将軍・足利義政より偏諱を賜る
11 鷹司 兼輔かねすけ 文明12年
1480年
- 天文21年
1552年
10代当主・政平の子
12 鷹司 忠冬ただふゆ 永正6年
1509年
- 天文15年
1546年
11代当主・兼輔の子 継嗣がなかったため1546年に断絶
-
13 鷹司 信房のぶふさ 永禄8年
1565年
- 明暦3年
1658年
二条家14代当主・二条晴良の子 1579年に鷹司家を再興する

北政所佐々輝子佐々成政次女)
子・松平信平鷹司松平家始祖)
子・孝子(江戸幕府第3代征夷大将軍徳川家光御台所)

14 鷹司 信尚のぶひさ 天正18年
1590年
- 元和7年
1621年
13代当主・信房の子 北政所・清子内親王(後陽成天皇第三皇女)
15 鷹司 教平のりひら 慶長14年
1609年
- 寛文8年
1668年
14代当主・信尚の子 北政所・文智女王後水尾天皇第一皇女)
子・房子霊元天皇中宮
子・信子(江戸幕府第5代征夷大将軍徳川綱吉御台所)
子・兼晴(九条家養子相続)
16 鷹司 房輔ふさすけ 寛永14年
1637年
- 元禄13年
1700年
15代当主・教平の子 子・鷹司輔信(茶人)輔信
子・実輔西園寺家養子相続)
子・兼香(一条家養子相続)
17 鷹司 兼熙かねひろ 万治2年
1660年
- 享保10年
1725年
16代当主・房輔の子
18 鷹司 房熙ふさひろ 宝永7年
1710年
- 享保15年
1730年
近衛家22代当主・近衛家熙の二男 同母姉・近衛尚子中御門天皇女御。桜町天皇生母)
19 鷹司 尚輔なおすけ 享保11年
1726年
- 享保18年
1733年
近衛家22代当主・近衛家熙の三男
20 鷹司 基輝もとてる 享保12年
1727年
- 寛保3年
1743年
一条家17代当主・一条兼香の子
21 鷹司 輔平すけひら 元文4年
1739年
- 文化10年
1813年
閑院宮直仁親王第四王子(淳宮)
東山天皇
兄・典仁親王(閑院宮家第2代当主。光格天皇実父)
姉・倫子女王(江戸幕府第10代征夷大将軍徳川家治御台所)
輔平の相続により鷹司家は皇別摂家となる
22 鷹司 政熙まさひろ 宝暦11年
1761年
- 天保18年
1841年
21代当主・輔平の子 子・繁子(仁孝天皇女御・贈皇后号)
子・祺子(仁孝天皇女御・孝明天皇嫡母)
子・実堅徳大寺家養子相続)
子・景子伏見宮邦家親王妃・伏見宮家当主格)
23 鷹司 政通まさみち 寛政元年
1789年
- 明治元年
1868年
22代当主・政熙の子 子・任子(江戸幕府第13代征夷大将軍徳川家定御簾中
子・幸経(九条家養子相続)
子・摂信興正寺住職・華園家始祖)
24 鷹司 輔熙すけひろ 文化4年
1807年
- 明治11年
1878年
23代当主・政通の子 子・公純(徳大寺家養子相続)
子・脩季菊亭家養子相続)
子・信淳(松園家養子相続)
25 鷹司 熙通ひろみち 安政2年
1855年
- 大正7年
1918年
九条家29代当主・九条尚忠の子 公爵位授爵

姉・九条夙子(孝明天皇女御)
兄・九条道孝貞明皇后実父・公爵)
弟・二条基弘(二条家第27代当主・公爵)
子・(二男)信熙男爵位授爵)

26 鷹司 信輔のぶすけ 明治22年
1889年
- 昭和34年
1959年
25代当主・熙通の長男 妻・綏子(公爵・徳川家達二女)
27 鷹司 平通としみち 大正12年
1923年
- 昭和41年
1966年
26代当主・信輔の子 妻・和子昭和天皇第三皇女)
28 鷹司 尚武なおたけ 昭和20年
1945年
- 26代当主・信輔の外孫乗政系大給松平家
第9代当主・松平乗長子爵の孫
実父・松平乗武(陸軍大尉、戦死)
祖父・松平乗長(肥前蓮池藩主・鍋島直紀六男)

吉井藩主鷹司家(称・松平)[編集]

系譜[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の鷹司家領は以下の通り(7村・1,500石)。

  • 山城国葛野郡のうち - 1村
    • 川島村のうち - 530石7斗
  • 山城国乙訓郡のうち - 4村
    • 樋爪村のうち - 74石3斗
    • 久我村のうち - 500石
    • 井之内村のうち - 47石7斗4升5合
    • 奥海印寺村のうち - 114石4斗8升5合
  • 山城国紀伊郡のうち - 2村
    • 島村のうち - 82石7斗7升
    • 東九条村のうち - 150石

吉井藩主家の所領は吉井藩を参照。

出典[編集]

  1. ^ 二条晴良の子。
  2. ^ 近衛家熙の二男。
  3. ^ 紀州徳川家徳川宗直の四男。
  4. ^ 近衛家熙の三男、房熙の実弟。
  5. ^ 閑院宮直仁親王第4皇子。
  6. ^ 美作津山藩主松平康哉の四男松平維賢の三男。
  7. ^ 出羽米沢藩主上杉斉憲の五男。母方は鷹司信房の血を引いている。
  8. ^ 美濃岩村藩大給松平子爵家の一族。

系譜参考[編集]

関連項目[編集]