鷺只雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鷺 只雄(さぎ ただお、1936年 - 2018年)は、日本近代文学の研究者、都留文科大学名誉教授。文学博士。

福島県いわき市生まれ。東京教育大学文学部国文科卒業。都留文科大学教授を務め、2002年定年退官。中島敦芥川龍之介壺井栄を研究。腎不全で闘病し、姉から腎臓移植を受けた経験を描いた『姉から贈られたいのち』がある。2012年日本児童文学学会特別賞受賞。2013年『評伝壺井栄』でやまなし文学賞受賞。2018年9月20日、82歳で逝去。[要出典]

著書[編集]

  • 『中島敦論 「狼疾」の方法』有精堂出版 1990
  • 『芥川竜之介』河出書房新社 1992 (年表作家読本)
  • 『姉から贈られたいのち 私の腎臓移植体験』講談社 1994
  • 『芥川龍之介と中島敦』翰林書房 2006
  • 『評伝壺井栄』翰林書房、2012 

編著[編集]