鹵獲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鹵獲(ろかく)は、戦地などで敵対勢力の装備品(兵器)や補給物資を奪うこと。接収(せっしゅう)とも、捕獲(ほかく)と称される場合もあるが、軍事用語としては鹵獲が適当な言葉である。

概要[編集]

古代中国では春秋戦国時代三国時代などの戦時で度々行われた行為であり、戦国時代日本ではたびたびこの行為が戦の度に行われていた[1]。主な目的として、自身の装備品より良い武器を奪うためや、それらを売り払って金銭にするため、あるいはリバースエンジニアリング等の敵情調査目的などがある。

武具鹵獲の機会は戦地に限らず、漂泊船の調査においても可能である(『吾妻鏡』の13世紀の記述として、高麗人の日本に着いた際、具足などを調査・記録させている)。 近代以降の戦争では、降伏した敵から武装解除の際に取り上げたり、敵軍が撤退あるいは敗走時に遺棄・放棄した兵器や物資を手に入れることを指して言うことが多い。また、海上に着弾した弾道ミサイルの破片回収なども部分的鹵獲と言える。

一般的に、鹵獲した兵器はそのまま自軍の兵器として転用、調査を行って分析し自軍の兵器の改良や開発の参考に使用、改造を施して使用、または余剰品として廃棄されることが多い。このため、近代以降の軍隊では何らかの理由で兵器を遺棄しなければならなくなった場合、その兵器が敵軍の戦力として運用されないように破壊爆破放火自沈)ないし使用不能にすることが義務付けられている。

鹵獲兵器の運用[編集]

鹵獲兵器をそのまま自の装備として転用したとしても、弾薬爆弾ミサイルなどの武装類や、エンジン・機器などの補修部品の規格が自軍と異なっていることが多く、消耗品の更新も難しいことから必ずしも有効な戦力として活用できるわけではない。この場合は稼働率の維持のために共食い整備を行わざるを得なくなった挙句に結局廃棄処分を余儀なくされることもあれば、武装・エンジン・機器などを自軍規格に適合するものに換装したり、別の用途に転用するための大改造を行うこともある。

ソ連軍が遺棄したT-26を調査するフィンランド軍

第二次世界大戦期には大々的に鹵獲兵器が運用され、特に連合国軍と比較し生産力や兵站に劣る枢軸国軍では盛んに鹵獲行為が行われた。ドイツ軍は完全に準備が整わないうちに第二次大戦に突入し、兵器の生産が部隊規模の拡大と損耗補充に追い付かなかったため、鹵獲した各種兵器の有効活用に特に熱心であった。西方戦役において鹵獲されたフランス軍オチキス H35ソミュア S35などの戦車は、一部ドイツ軍仕様のキューポラを装備し、二線級戦線に投入され、治安維持任務などに終戦まで使用された。また、独ソ戦以降は重装甲を誇るソ連赤軍の戦車に対抗する必要上、鹵獲したKV-1T-34などをそのまま運用したり、鹵獲ソ連野砲や占領・併合したフランスチェコの戦車の車体などを流用した対戦車自走砲を多種類製造した。その他、英軍の鹵獲車両も多数が運用されたが、友軍の誤射を防ぐため国籍マークを大きく多数描いているのが特徴となっている。

フィンランド軍は、冬戦争継続戦争において、諸外国からの兵器援助が限定的なものであり兵器の国産能力も低かったため、輸入兵器ともども鹵獲兵器を積極的に活用した。

アメリカ陸軍航空軍が遺棄したB-17Cを日本軍が鹵獲し、日章(日の丸)の国籍マークを描き飛行中の姿

日本軍においても、日中戦争支那事変)の頃から第一線では高性能のブルーノ ZB26軽機関銃マウザー C96自動式拳銃を鹵獲・接収し大規模に運用しており、太平洋戦争大東亜戦争)では、特にアメリカ軍の自動小銃であるM1ガーランドM1カービンは積極的に鹵獲運用されていた。組織的な運用としては、空挺部隊である陸軍第1挺進団に対し、シンガポールの戦いで鹵獲されたトンプソン機関短銃パレンバン空挺作戦後に600挺が供給されている。また、日本軍において鹵獲航空機(主な戦闘機爆撃機ホーカー ハリケーンブリュースター バッファローカーチス P-40(トマホーク)ノースアメリカン P-51ボーイング B-17ロッキード ハドソンなど)は、ドイツなどからの輸入機ともども、陸軍航空審査部(旧・飛行実験部実験隊)が主に調査研究の目的で運用していた。

また、緒戦の南方作戦で鹵獲したハリケーン・バッファロー・P-40・B-17などは羽田飛行場で戦意高揚のための展示会で一般公開されたほか、B-17は1942年公開の映画翼の凱歌』にて、バッファロー・P-40・ハドソンは、1943年公開の映画『愛機南へ飛ぶ』、1944年公開の映画『加藤隼戦闘隊』において、ともに一式戦闘機 隼などと対峙する敵機役として大々的に「出演」させている。戦地における鹵獲機装備の実戦部隊としては、P-40のみによる飛行隊がビルマ戦線編成され爆撃機迎撃用に投入されたものの、同士撃ちや消耗部品の供給の問題があったため短期間で解散している。

第二次大戦後の冷戦下で対立する陣営は大抵、アメリカ西側諸国)とソ連(東側諸国)の軍事支援により兵器を潤沢に供給されることが多いため、敵軍に偽装して敵地に潜入する特殊作戦以外で鹵獲兵器を軍の制式兵器として大々的に使用する例はほとんどないが、例外的にイスラエル軍は周辺を敵性国家に囲まれており、欧米諸国からの武器供給も決して安定しているわけではないため、鹵獲兵器(主に東側製)を有効活用するための改造を自国が導入した旧式兵器(主に西側製)の近代化改修同様に重視しており(T-54/55を改修したチランアチザリットなど)、そこで蓄積されたノウハウを活用した外国の兵器の近代化改修を請け負っている。また数度にわたる中東戦争で鹵獲したソ連製の戦闘機や戦車を、開発研究を行うアメリカ軍に引き渡している。

ただし、ベトナム戦争後のインドシナ半島では、統一ベトナムが旧南ベトナムが保有した米国製装備を中越戦争ベトナム・カンボジア戦争で活用している(これに対し、カンボジアではクメール・ルージュロン・ノル政権以前の米国製装備を「反革命的」としてことごとく破壊したといわれている)。

また、フォークランド紛争では、展開したイギリス軍のヘリコプター輸送能力が不足していたため、現地で鹵獲したアルゼンチン軍のヘリコプターを一時的に運用していた。

レバノン内戦では、レバノン国軍及び治安部隊の装備が、各宗派の民兵組織及びパレスチナ人組織に鹵獲もしくは横流しされる事象が頻発した。内戦終結後、これらの多くはレバノン国軍及び駐留シリア軍によって回収されている。

イラク戦争では、イラクを占領したアメリカ軍が、現地で鹵獲したPPSh-41短機関銃)を一時的に使用していた。

2014年、ISILイラクへ侵攻し、モースルイラク治安部隊と交戦した際には、士気が低かったイラク側が武器を放棄して撤退。アメリカが供給したハンヴィーだけでも2,300台がISIL側に渡り、混乱が長引く要因の一つとなった[2]

主な鹵獲例[編集]

そのまま自軍の兵器として転用[編集]

北京の中国人民革命軍事博物館で展示される「功臣号」
大日本帝国の旗 大日本帝国
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
  • B-17
    第二次世界大戦ではドイツ空軍爆撃機は所有していたが、大型4発爆撃機は運用していなかったこともあり、運用された。
  • B-24
    爆撃機への迎撃の研究や隠密作戦で運用された。
  • M3軽戦車
    主に独ソ戦北アフリカ戦線でも運用された。
  • P40
    イタリア休戦の後、その場でこれらの前に完成した車輛はドイツ国防軍に接収された。約100輌のP40が戦争終結までアンサルド社によって生産されたものの、40両がエンジンの不足のため、完成に至らなかった。60両が「PanzerKampfwagen P40 737(i)」の呼称でドイツ軍に徴用され、アンツィオで戦闘に投入された。またエンジンのない車体40両が、固定砲台としてトーチカなどに使用された。
  • M3中戦車
    鹵獲したM3に「PzKpfw M3 747(a)」と命名し、主に独ソ戦北アフリカ戦線でも運用された。
  • M4中戦車
    鹵獲したM4に「PzKpfw M4 748(a)」と命名し、アフリカ戦線から欧州戦線までシャーマン ファイアフライも同じ分類で運用された。
  • T-34
    鹵獲したT-34に「PzKpfw T-34 747(r)」と命名し、独ソ戦以降から運用された。
  • KV-1
    鹵獲したKV-1に「Pz.Kpfw.KW-1 753(r)」と命名。また、IV号戦車の砲を搭載する改造を行い「Pz.Kpfw.KW-1 753(r) mit 7.5 Kw.K L/43」と命名された車両もある。
  • M3ハーフトラック
    アフリカ戦線から欧州戦線まで運用された。
  • PPSh-41
    鹵獲したPPSh-41に「MP717(r)」と命名し、そのまま使用したりMP40箱形弾倉を使用できるように改造した。
  • M1/M1A1トンプソン・サブマシンガン
    鹵獲したM1/M1A1トンプソン・サブマシンガンに「MP761(a)」と命名し、そのまま使用した。
  • M1カービン
    鹵獲したM1カービンに「SIGew455(a)」と命名し、そのまま使用した。
  • カルカノM1891
    鹵獲したカルカノM1891に「Kar408(i)」と「Gew214(i)」と命名し、そのまま使用した(後者が6.5ミリ)。
  • ルベルM1886
    鹵獲したルベルM1886に「Gew303(f)」と命名し、そのまま使用した。
  • M1ガーランド
    鹵獲したM1ガーランドに「SIGew251(a)」と命名し、そのまま使用したり、米兵に扮した特殊部隊で用いられた。
  • モシンナガン
    鹵獲した「Gew254(r)」と命名し、そのまま使用した。
  • 120mm迫撃砲PM-38
    鹵獲した120mm迫撃砲PM-38に「GrW378(r)」と命名し、後にはコピー品の12 cm GrW 42を生産している。
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
フランスの旗 フランス
オーストラリアの旗 オーストラリア
  • M13/40
    第二次大戦中、北アフリカ戦線での初戦で降伏したイタリア軍から大量に鹵獲した戦車オーストラリア軍が転用している。M13/40の他に、M11/39も鹵獲され転用されている。この結果、後のイタリア軍とオーストラリア軍との戦闘の際は、両軍ともに同一の戦車を用いた戦闘を行うことになった。
ローデシアの旗 ローデシア
バングラデシュの旗 バングラデシュ
チャドの旗 チャド
 ベトナム
イスラエルの旗 イスラエル
イランの旗 イラン
イギリスの旗 イギリス
ポルトガルの旗 ポルトガル
セルビアの旗 セルビアユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア/ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
クロアチアの旗 クロアチア
その他

改造した上で自軍の兵器として使用[編集]

日本海軍の第102号哨戒艇(旧「スチュワート」)。写真は終戦後、アメリカ軍に再接収された際に撮影されたもの
大日本帝国の旗 大日本帝国
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
 フィンランド
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
イスラエルの旗 イスラエル
イランの旗 イラン
  • シームルグ
    イランが湾岸戦争勃発時に逃亡してきたイラク空軍の早期警戒機アドナン1を捕獲し、レーダーをイラン製に換装した早期警戒管制機。
タミル・イーラム解放の虎(スリランカの旗 スリランカ

兵器開発の参考として使用[編集]

大日本帝国の旗 大日本帝国
  • 連山
    防御銃座の配置や設計に関して、鹵獲したB-17の影響が強く出ている。
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
ドイツの旗 ドイツ帝国
  • A7V-U
    A7Vの悪路の走破性の悪さを改善するためイギリスの菱形戦車を参考にA7Vの部品を使い開発された。
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  • P-80
    通し桁を用いて左右翼を一体製造し、その上に操縦席部分を載せ、機体後部をボルト留めする機体分割法は中島九七式戦闘機以降の日本軍機の標準的技法と同一であり、同時期の他のアメリカ軍機に類例がなく、また、異例の短期間で設計されていることから、詳細なレポートがあった日本軍鹵獲機の構造を模倣した可能性が指摘されている。

調査・研究として使用[編集]

大日本帝国の旗 大日本帝国
  • B-17
    防空演習などにより対重爆戦闘の研究が行われ、また、銃後の防空意識高揚を目的に「敵機爆音集」と題したB-17の飛行高度別エンジン音を収録したレコードも製作され、映画『翼の凱歌』には敵機役で出演した。
  • P-51
    本土防空戦時には特に脅威となるP-51対策として、中国戦線で鹵獲したP-51Cを主に陸軍航空審査部テストパイロット黒江保彦少佐の操縦により、内地の防空飛行戦隊三式戦闘機 飛燕などと模擬空戦を行った。
  • F6F
    鹵獲した1機は戦後進駐してきた米軍が発見した際に、横須賀航空隊で日の丸塗装 ヨ-801という機番が書かれていた。しかし鹵獲したF6Fは実際には飛ばされた記録は無く、唯一参考にしたのは無線機のアース接地の方法だけで、米軍の方式を真似てからは、ノイズの発生が抑えられ、通信感度が良好になった。
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

プロパガンダに使用[編集]

平壌市の大同江河畔に係留された「プエブロ」
大日本帝国の旗 大日本帝国
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
大韓民国の旗 大韓民国

その他[編集]

明治二十七八年従軍記章(表面)
大日本帝国の旗 大日本帝国

鹵獲を目的とした作戦[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古代における異民族による武具略奪の事例としては、878年(9世紀末)に秋田城蝦夷によって焼き討ちされた際の報告として、甲冑300領や馬1,500匹、穀物類などを盗まれた記述があり(参考・『世界考古学体系4 日本IV』 平凡社 4版1966年 p.67)、武具被害が目立つ。戦国期の例でいえば、『北条五代記』に風魔小太郎が少数精鋭で敵地に侵入した際、繋いであった敵軍の馬に乗り、そのまま転用している
  2. ^ 軍用車ハンビー2300台がISの手に、イラク首相 AFP(2015年6月1日)2017年7月14日閲覧
  3. ^ 『日本軍鹵獲機秘録』 押尾一彦、野原茂 (光人社 2002年)参照
  4. ^ 『帝国陸軍 戦車と砲戦車』学習研究社、181ページ
  5. ^ NHK取材班(編集)『硫黄島玉砕戦-生還者たちが語る真実』日本放送出版協会、147ページ。
  6. ^ 『日本戦車隊戦史』 上田信 (大日本絵画 2005年)
  7. ^ 『捕獲戦車』 ヴァルター・J・シュピールベルガー 著 高橋慶史 訳(大日本絵画 2008年)参照
  8. ^ 藤田昌雄『もう一つの陸軍兵器史 知られざる鹵獲兵器と同盟軍の実態』 光人社 2004年 ISBN 4-7698-1168-3

関連項目[編集]