鹿のさご

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

鹿のさご(しかのさご)は、シカの胎児。「しかのはらご」、またたんに「さご」ともいう。

概略[編集]

3、4月のころ、シカのさごは、ネズミよりもおおきく成長し、その皮膚には鹿の子(かのこ。皮膚の斑点)があらわれようという時期である。 このころに採りだし、黒焼きなどにし、薬用とする。 殊に山民のなかでは女性の血の道の妙薬として珍重された。 取り出す時期は、親シカが脛巾をはくといい、蹄の先から毛が抜けかわり、膝におよぶ時期が薬用として最も効力がつよいという。