鹿児島市の行政区域の変遷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鹿児島市 > 鹿児島市の行政区域の変遷
鹿児島市の位置図

鹿児島市の行政区域の変遷(かごしましのぎょうせいくいきのへんせん)では、 鹿児島県鹿児島市に存在した町名及び、市町村の町・と、 市制及町村制施行後の市内の町名及び大字名の変遷について記述する。

鹿児島市は、薩摩半島の北東部および対岸の桜島全域が中心となって発展してきた。 1889年(明治22年)の旧鹿児島城下46町及び旧近在の内1町3村の区域の鹿児島市成立から 過去の市町村の編入・合併があり、平成の大合併において現在の市域となった。

市域の変遷[編集]

鹿児島市は1889年明治22年)、市制町村制(明治21年法律第1号)が施行されたのに伴い市制施行地(明治22年内務省告示第1号)により、鹿児島が市制施行地に指定され、同年4月1日をもって鹿児島県令第26号の規定に基づき、鹿児島府下47町及び荒田村、塩屋村、西田村の合計50町村が合併し成立した[1]。鹿児島市は日本で最初に市制が施行された31市の一つである[2]

その後は近隣の村の一部区域を鹿児島市に編入したり、近隣村へ一部区域を分割しているが、1934年昭和9年)に鹿児島郡中郡宇村、同郡西武田村及び同郡吉野村の3村を編入し[3]1950年昭和25年)には鹿児島郡伊敷村及び同郡東桜島村の2村が編入された[4]

その後はしばらく市域の変更はなかったが、1967年昭和42年)に南部に接する谷山市との新設合併により新たに「鹿児島市」となり[5][6]2004年平成16年)には鹿児島郡吉田町、同郡桜島町揖宿郡喜入町日置郡郡山町及び同郡松元町の5町を編入し[7]、現在に至る。

行政区域の変遷[編集]

市制施行時の町名[編集]

市制町村制施行時(1889年時点)

市制施行時に鹿児島府下(旧・鹿児島城下)の上町(かんまち)と下町(しもまち)、上町及び下町にも属さない鹿児島府下の区域、西田村、塩屋村、荒田村の区域を以て鹿児島市として成立した。[要出典]市制が施行されたのに伴い上記の鹿児島府下の47町及び西田村、塩屋村、荒田村にあたる区域を以て、鹿児島市として発足。従来の町は町丁に、村は大字となった。[要出典]

上町は市制施行時の小川町、和泉屋町、恵美須町、車町、栄町、柳町、浜町、向江町の区域にあたり[13]、鶴丸城の堀の西端部から海岸へ流れる名山堀より北側の区域に該当する[14]。上町は鎌倉時代より守護が居住していた東福寺城の城下に守護町が形成されたのが始まりであると言われており、その後現在の鹿児島市立清水中学校付近に移転したころより町屋が広がり始め、町屋敷群が形成された。また、海沿いに位置していた恵美須町などは海運、漁業などで栄え、それに従事する者や商人などが居住していた[14]

下町は、名山堀より南側であり、山下町、易居町、生産町、六日町、築町、汐見町、泉町、金生町、中町、呉服町、大黒町、堀江町、住吉町、船津町、新町、松原通町が下町の区域にあたり、下町も上町と同様に町屋敷が連なる区域であった[15]

西田村は南北朝期[16]荒田村は戦国期[17]塩屋村は江戸期に[18]それぞれ成立した。荒田村は成立から江戸期までは荘園であり、西田村は薩摩国鹿児島郡のうちであった。3村は江戸期からは鹿児島近在のうちに属した。[要出典]鹿児島府下に属すが、上町及び下町のどちらにも属していない町は新照院通町、薬師馬場町、鷹師馬場町、西田町、平之馬場町、西千石馬場町、東千石馬場町、加治屋町、山之口馬場町、樋之口通町、新屋敷通町、下荒田町、高麗町、上之園通町、冷水通町、長田町、下竜尾町、上竜尾町、池之上町、皷川町、稲荷馬場町、清水馬場町、春日小路町があった。これらの区域の多くは武士屋敷群から構成されており、鹿児島城付近に上級武士、郊外に下級武士や郷士が居住していた。[要出典]

市制施行から3村編入[編集]

吉野村・中郡宇村・西武田村編入後(1934年時点)

1899年明治32年)には町名に馬場、通及び小路が付く、松原通町、新照院通町、新屋敷通町、上之園通町、冷水通町、薬師馬場町、鷹師馬場町、平之馬場町、西千石馬場町、東千石馬場町、山之口馬場町、樋之口通町、稲荷馬場町、清水馬場町、春日小路町の町名変更を行い、馬場、通、小路を削除し、それらを削除した町名に改称されている[2]

1906年明治39年)頃に鹿児島港付近で港湾整備のために埋立てが行われ、埋立てられた区域より『洲崎町』が成立した[19]。この時点での鹿児島市の町・字数は48町3大字である。

1911年明治44年)には西武田村の大字武の一部と飛地(天保山)及び、伊敷村の大字下伊敷のうち草牟田地区(旧・草牟田村)を鹿児島市に編入し、武の一部より武町、飛地を天保山町とし2町、草牟田地区の全域より草牟田町の1町が成立した[2]。また同年には大字西田の一部を西田町に編入し、残部をもって常盤町が新設されたため大字西田は消滅し[20]、大字荒田については一部を西武田村大字田上に編入し、残部をもって上荒田町が成立したため大字荒田は消滅した。また、大字塩屋は同年町となり、「塩屋町」に改称した[21]また、この時点で鹿児島市の町数は53町となり大字数は0となった。[要出典]

その後1920年大正9年)には伊敷村大字下伊敷のうち字紙屋谷、伊敷村大字永吉が編入され、紙屋谷地区は玉里町、永吉は永吉町及び原良町(旧・原良村)となり[22]計3町が成立した。この時点で鹿児島市の町数は56町となった。[要出典]

二度の編入合併による大字の廃止及び町の設置[編集]

1889年明治22年)の町村制施行により、鹿児島郡吉野村西武田村中郡宇村伊敷村北大隅郡東桜島村が成立した。1911年明治44年)と1920年大正9年)の2回にわたり、西武田村及び伊敷村の一部が鹿児島市に編入され、鹿児島市の一部が西武田村に編入された他は各村域に変更は無かった。[要出典]

1934年(昭和9年)に鹿児島郡吉野村、西武田村、中郡宇村が鹿児島市に編入された[23]1950年昭和25年)には伊敷村、東桜島村が鹿児島市に編入された。 桜島の東半分を区域としていた東桜島村と薩摩半島側の鹿児島市の間には西桜島村(のちの桜島町、桜島の西半分)があり、飛地合併となった。[要出典]

吉野村・西武田村・中郡宇村編入[編集]

1934年(昭和9年)の吉野村・西武田村・中郡宇村の3村編入に伴い公示された 規定により、吉野村大字吉野の町村制施行以前の旧坂元村の区域を以て「坂元町」が設置され、西武田村大字武は1911年に西武田村から鹿児島市に編入され設置されていた鹿児島市武町に編入されたほか、中郡宇村大字中は「鴨池町」に改称された [23] [24]。その他の大字については大字を廃止し、町となった。

伊敷村・東桜島村編入[編集]

伊敷村・東桜島村編入後(1950年時点)

1950年(昭和25年)の伊敷村及び東桜島村の編入に伴い、 伊敷村の大字上伊敷は「伊敷町」に改称[25]、大字永吉の一部を分割し「原良町」が設置されたほか[26]、大字比志島及び大字皆房を合併し「皆与志町」を設置した[27]。 東桜島村の大字湯之は「東桜島町」に改称[28]、大字脇の区域を大字有村に編入し「有村町」となった[29]

谷山市の町名と鹿児島市との合併[編集]

谷山市の町名[編集]

谷山市は、1889年明治22年)の町村制施行に伴い、江戸期の谷山郷の全域を以て谿山郡谷山村として成立。1924年大正13年)には町制施行し、谷山町となり、1957年昭和32年)には谷山町が市制施行し、谷山市となった[30][31]町村制が施行された際に江戸期の藩政村が継承され設置された8大字の区域に変更はなく、谷山市となった際には大字の区域は町となり合併時には上福元町、下福元町、塩屋町、和田町、中町、山田町、五ケ別府町、平川町の8町から構成されていた。[要出典]

谷山市と鹿児島市の合併[編集]

1967年4月29日、鹿児島市と谷山市は新設合併し鹿児島市となった。谷山市と鹿児島市の両市には「塩屋町」があったため重複防止のために鹿児島市の塩屋町は「甲突町[32]、谷山市の塩屋町は「谷山塩屋町」に改称している[33]。また同様に両市に「中町」があったため、谷山市の中町(なかまち)は重複防止のために「中山町」(ちゅうざんちょう)に改称されている[34]

平成の大合併[編集]

吉田町、桜島町、松元町、郡山町、喜入町の変遷[編集]

鹿児島市編入以前の5町の地図

1889年明治22年)の町村制施行により、鹿児島郡吉田郷の全域を以て吉田村[35]北大隅郡桜島郷の西半分にあたる赤水村・横山村・小池村・赤生原村・武村・藤野村・西道村・松浦村・二俣村・白浜村の区域を以て西桜島村[36]日置郡伊集院郷のうち上谷口村・石谷村・入佐村・直木村・春山村・福山村の区域を以て上伊集院村[37]、 苗代川村・野田村・神之川村・宮田村・寺脇村・上神殿村・嶽村・下神殿村・桑畑村・麦生田村・有屋田村の区域を以て下伊集院村[38]、 郡山郷の全域を以て郡山村[39]給黎郡喜入郷の全域を以て喜入村が成立した[40]

1956年昭和31年)に下伊集院村は、隣接する郡山村、伊集院町東市来町日吉町の3町1村に分割編入された[41][42]、下伊集院村のうち、郡山村と旧来より経済的、文化的に同一環境にあった大字有屋田、大字嶽の2大字を郡山村に編入し、編入と同時に郡山村は町制施行し、郡山町となった[43][44][45]。 1956年に喜入村が町制施行し喜入町[46]、 1960年に上伊集院村が町制施行と同時に改称し、松元村へ改称[47]、即日町制施行し松元町となり[48]、 1972年に吉田村が町制施行し吉田町[35]、そして 1973年に西桜島村が桜島村へ改称[49]、即日町制施行し桜島町となった[50]。 その後は5町では町名や町域に変更はなかった。

1988年昭和63年)3月31日に喜入町にて大字の再編が行われ、大字中名より大字喜入、大字前之浜より大字一倉が分割された。分割について「喜入町郷土誌」には『地区名(小学校区)と大字名の違いから生活に不便や不都合が生じる為』とあり、小学校の通学区域と大字の区域が一致するように設置されたという[51]1991年平成3年)に吉田町にて大字宮之浦に建設された新興住宅地の区域より牟礼岡一丁目から牟礼岡三丁目までが設置され、同時に住居表示が実施された。

2003年に松元町にてガーデンヒルズ松陽台の分譲開始に伴い、大字石谷、大字福山及び大字上谷口の一部より大字松陽台が設置され[52]、 2004年の編入合併前に大字直木及び大字上谷口の各一部より大字四元、大字平田が分割された[53][54]

鹿児島市5町編入[編集]

2004年平成16年)に吉田町桜島町松元町郡山町喜入町が鹿児島市に編入された[55]。この際、従来の大字の区域に新たに町が設定され、旧桜島町、旧喜入町のうち大字喜入以外、郡山町大字嶽、郡山町大字厚地、吉田町大字西佐多浦、吉田町大字東佐多浦を除く大字は「<旧大字名>町」(例:松元町大字春山→鹿児島市春山町)のように改称された[56][57][58]。 旧桜島町の区域の町名は「桜島+<旧大字名>町」(例:大字赤水→桜島赤水町)に改称し、旧喜入町の区域も大字喜入を除き、「喜入+<旧大字名>町」(例:大字瀬々串→喜入瀬々串町)に改称した。また、郡山町大字嶽は『郡山岳町』(こおりやまたけまち)、郡山町大字厚地は『花尾町』(はなおまち)、吉田町の西佐多浦及び東佐多浦については浦を除いた『西佐多町』、『東佐多町』にそれぞれ改称した。尚、牟礼岡一丁目から牟礼岡三丁目については設置当初より町丁として設置されており変更された点はない[57][58]

5町の編入により2004年11月1日時点の鹿児島市の町数は322町となった。[要出典]

変遷表[編集]

鹿児島市域における変遷表[編集]

表中のは鹿児島市、は鹿児島市を除くを示す。その他の色はである。

1889年4月1日 1889年-1910年 1910年-1930年 1930年-1950年 1950年-1970年 1970年-1990年 1990年-現在 現在
鹿児島市 鹿児島市 1967年4月29日
鹿児島市(新設)
鹿児島市
鹿児島郡中郡宇村 1934年8月1日
鹿児島市
鹿児島郡西武田村
鹿児島郡吉野村
鹿児島郡伊敷村 1950年10月1日
鹿児島市
北大隅郡東桜島村 1897年4月1日
鹿児島郡東桜島村
谿山郡谷山村 1897年4月1日
鹿児島郡谷山村
1924年9月1日
鹿児島郡谷山町
1958年10月1日
谷山市
鹿児島郡吉田村 1972年11月1日
鹿児島郡吉田町
2004年11月1日
鹿児島市
北大隅郡西桜島村 1897年4月1日
鹿児島郡西桜島村
1973年5月1日
鹿児島郡桜島町
日置郡上伊集院村 1960年4月1日
日置郡松元町
日置郡郡山村 1956年9月30日
郡山町
日置郡下伊集院村(一部)
給黎郡喜入村 1897年4月1日
揖宿郡喜入村
1956年10月15日
揖宿郡喜入町

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ 鹿児島市史編さん委員会,(1970年),p.3
  2. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.181
  3. ^ 中郡宇村西武田村及吉野村ヲ廢シ鹿兒島市ヘ編入(昭和9年鹿児島県告示第327号、Wikisource-logo.svg 原文
  4. ^ 市村の廃置分合(昭和25年総理府告示第301号、Wikisource-logo.svg 原文
  5. ^ 『鹿児島市史 第4巻』 p.1、鹿児島市
  6. ^ 市の廃置分合(昭和41年自治省告示第155号、Wikisource-logo.svg 原文
  7. ^ 平成16年総務省告示第591号(市町の廃置分合、Wikisource-logo.svg 原文
  8. ^ a b 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 p.93 角川書店
  9. ^ 郡山郷土史編纂委員会,(2006年),412p
  10. ^ 谷山市誌編纂委員会,(1967年).pp1-2
  11. ^ 吉田町郷土誌編纂委員会,(1991年) p.238
  12. ^ 南日本新聞.(2015年),p.12
  13. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.229
  14. ^ a b 『鹿児島上町の歴史と文化』 - 鹿児島玉龍高等学校(現在の鹿児島市立鹿児島玉龍中学校・高等学校) pp.119-120
  15. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.346
  16. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.496
  17. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.77
  18. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.321
  19. ^ 景観重要建造物・樹木の指定候補 - 鹿児島市役所HP 2011年2月28日閲覧。
  20. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.77
  21. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.280
  22. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.678
  23. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂,(1983年), p.216。
  24. ^ 鹿兒島市内大字名廢止町名改稱竝ニ區域變更(昭和9年鹿児島県告示第334号、Wikisource-logo.svg 原文
  25. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂,(1983年), p.202。
  26. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂,(1983年),p.528。
  27. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂,(1983年),p.605。
  28. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂,(1983年),p.646。
  29. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂,(1983年),p.80。
  30. ^ 町を市とする処分(昭和33年総理府告示第332号、Wikisource-logo.svg 原文
  31. ^ 『谷山市誌』 pp.1-2、谷山市
  32. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.280
  33. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 p.321
  34. ^ 『南日本新聞』 2011年9月9日付 15面
  35. ^ a b 『吉田町郷土誌』 p.238、鹿児島郡吉田町
  36. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.917
  37. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 pp.1074-1075
  38. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 p.338 角川書店
  39. ^ 郡山郷土史編纂委員会、(2006年)p.405
  40. ^ 喜入町郷土誌編集委員会 編,(1981年),p.279
  41. ^ 町村の廃置分合(昭和31年総理府告示第803号、Wikisource-logo.svg 原文
  42. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 p.338 角川書店
  43. ^ 郡山郷土史編纂委員会,(2006年),p.412
  44. ^ 鹿児島県総務部参事室 (1967年)。 p.612
  45. ^ 村を町とする処分(昭和31年総理府告示第804号、Wikisource-logo.svg 原文
  46. ^ 喜入町郷土誌編集委員会 編,(1981年),p.292
  47. ^ 村の名称変更(昭和35年総理府告示第105号、Wikisource-logo.svg 原文
  48. ^ 村を町とする処分(昭和35年総理府告示第106号、Wikisource-logo.svg 原文
  49. ^ 村の名称変更(昭和48年自治省告示第88号、Wikisource-logo.svg 原文
  50. ^ 村を町とする処分(昭和48年自治省告示第89号、Wikisource-logo.svg 原文
  51. ^ 喜入町郷土誌編集委員会 編,(1981年),P.4.
  52. ^ 平成15年鹿児島県告示第863号(字の区域の設定及び変更、Wikisource-logo.svg 原文
  53. ^ 平成16年鹿児島県告示第70号(同年1月16日発行「鹿児島県公報」第1950号所収。Wikisource-logo.svg 原文)。
  54. ^ 松元町企画振興課/編集,(2004年) p.37
  55. ^ 南日本新聞 (2015年), p.12
  56. ^ 町の区域の設定及び字の廃止(平成16年鹿児島県告示第1775号、Wikisource-logo.svg 原文
  57. ^ a b 資料ー市町村合併ー平成16年11月1日ー合併後の住所表示ー吉田町・郡山町・松元町・喜入町・桜島町→鹿児島市 - 鹿児島市、2017年7月26日閲覧。
  58. ^ a b 合併協定項目一覧 (PDF) - 鹿児島市、2017年7月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂,『角川日本地名大辞典 46 (鹿児島県)』,角川書店,(1983年),1246p.
  •  鹿児島市史編さん委員会 編『鹿児島市史 第2』 鹿児島市、(1970年),1140p。
  •  鹿児島県総務部参事室 『鹿児島県市町村変遷史』 鹿児島県、(1967年)。
  •  鹿児島玉竜高等学校創立五十周年記念実行委員会/[編],『鹿児島上町の歴史と文化』,鹿児島玉竜高等学校(1990年),273p.
  •  喜入町郷土誌編集委員会 編,『喜入町郷土誌』,喜入町,(1981年)
  •  郡山郷土史編纂委員会 『郡山郷土誌』 鹿児島市教育委員会、(2006年)。
  •  桜島町郷土誌編さん委員会 『桜島町郷土誌』 桜島町長 横山金盛、(1988年)。
  •  谷山市誌編纂委員会,『谷山市誌』.谷山市,(1967年).
  •  松元町郷土誌編纂委員会,『松元町郷土誌』,松元町長 九万田萬喜良,(1986年)。
  •  松元町企画振興課/編集,『松元町閉町記念誌 : 松元町の歴史』,松元町,(2004年)38p.
  •  南日本新聞社 編さん『鹿児島市史 4』 鹿児島市、(1990年)、1037p。
  •  南日本新聞社 編纂 『鹿児島市史 5』鹿児島市、(2015年)、1236p。
  •  吉田町郷土誌編纂委員会,『吉田町郷土誌』, 吉田町長 大角純徳、(1991年)。

関連項目[編集]