鹿児島市電谷山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷山線
郡元電停から谷山電停方面を望む
郡元電停から谷山電停方面を望む
基本情報
日本の旗 日本
所在地 鹿児島市
路線網 鹿児島市電
起点 武之橋電停
終点 谷山電停
停留所数 14箇所
開業 1912年12月1日
所有者 鹿児島市交通局
運営者 鹿児島市交通局
路線諸元
路線距離 6.4 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 直流600 V 架空電車線方式
テンプレートを表示
電停・施設・接続路線
凡例
uKHSTa
鹿児島駅前
uSTR
第一期線
uBHF
0.0 武之橋
uBHF
0.3 二中通
uBHF
0.7 荒田八幡
uBHF
1.2 騎射場
uBHF
1.7 鴨池
ueBHF
? 海浜院道 -1918
uSTR
唐湊線
uSTRq
2.0 郡元
STR+r uSTR
指宿枕崎線
STR uBHF
2.4 涙橋
BHF uBHF
2.9 南鹿児島駅前
STR uBHF
3.6 二軒茶屋
STR uBHF
4.0 宇宿一丁目
HST uSTR
宇宿
STR uBHF
4.3 脇田
STR uBHF
4.9 笹貫
STR uBHF
5.7 上塩屋
STR ueDST
? (名称不明) -1948?
STR uKBHFe
6.4 谷山
HST
谷山

谷山線(たにやません)は、鹿児島県鹿児島市高麗町武之橋電停から鹿児島市東谷山二丁目谷山電停まで[1]を結ぶ鹿児島市交通局鹿児島市電)の軌道路線である。一部の資料では、第一期線高見馬場電停から武之橋電停までを含めて谷山線としていることもある。

沿線概要[編集]

沿線には、カーフェリー乗り場のある鴨池港鴨池球場がある。南鹿児島駅前電停あたりから谷山電停までJR指宿枕崎線と併走する。路線のうち涙橋電停より谷山電停の間は専用軌道区間となっている。

なお、市電系統としては、第一期線との直通運転を行っている。

運行形態[編集]

  • 1系統(鹿児島駅前 - 武之橋 - 谷山) - 谷山線全区間を6分間隔で運行
  • 2系統(鹿児島駅前 - 鹿児島中央駅前 - 郡元) - 郡元電停構内のみ

歴史[編集]

鹿児島で最初に開通した電車の路線は鹿児島電気軌道谷山線であるが、この路線は法規上軽便鉄道として建設された。これは連結運転を考慮したためといわれている[2]。開業時7両の電車(木製単車)が用意され、1913年以降に電動貨車が加わり手小荷物や鮮魚の運搬に使用された[3]。また路線では1915年以降鴨池-谷山間が単線化され捻出した軌条や枕木などを新線建設に転用した。この区間が複線に復活したのは1949年であった。

開業時より武之橋 - 谷山間は全線専用軌道であったが1960年に武之橋附近の路線の東側に新道が建設され中央部に軌道を移設することになった。1959年度より軌道基面降下工事(道床を道路と同平面まで下げる)がすすめられていき、1963年11月に鴨池 - 郡元間も鴨池電停付近の高架線が併用軌道となり、鴨池電停は二階建ての駅舎であったが解体された。1964年2月武之橋併用橋完成により新屋敷-郡元間が併用軌道となった[4]

  • 1911年(明治44年)8月3日 軽便鉄道免許状下付(鹿児島-谷山間)[5]
  • 1912年(大正元年)12月1日 鹿児島電気軌道が武之橋 - 谷山間を開業[6]
  • 1915年(大正4年)9月15日 単線変更申請認可(二軒茶屋-谷山間)され着工。撤去した軌条と枕木は武線に転用した[7]
  • 1917年(大正6年)5月16日 単線変更申請認可(鴨池-二軒茶屋間)[7]
  • 1927年(昭和2年)1月24日 延長免許申請(谷山より慈眼寺まで約1100m)[8]
  • 1928年(昭和3年)7月1日 鹿児島市電気局(現在の交通局)に移管[9]
  • 1928年(昭和3年)12月28日 軽便鉄道から軌道へ変更認可[8][10]
  • 1945年(昭和20年)6月17日 空襲により運休。29日再開[11]
  • 1947年(昭和22年)12月20日 複線化工事竣工運行認可(鴨池-二軒茶屋間)[11]
  • 1948年(昭和23年)2月3日 複線化工事竣工運行認可(二軒茶屋-脇田間)[11]
  • 1949年(昭和24年)12月29日 複線化工事竣工(脇田-谷山間)谷山線全線複線が復活[12]
  • 1960年(昭和35年)2月28日 軌道移設(下り武之橋-荒田八幡間)[13]
  • 1960年(昭和35年)3月1日 軌道移設(上り武之橋-荒田八幡間)[13]
  • 2019年(令和元年)7月3日 大雨の影響で南鹿児島駅付近で崖崩れが発生し、郡元 - 谷山間が運休となる(翌4日の17時より運転再開)。

電停一覧[編集]

開設日 鹿児島電気軌道 鹿児島市
開業時 変遷 市電発足時 変遷 現行
1912年12月1日 武之橋 武之橋 武之橋
1929年6月9日 二中通→交通部前→交通局前 二中通
1912年12月1日 荒田八幡 荒田八幡 荒田八幡
1912年12月1日 騎射馬 騎射馬 騎射場
1915年7月1日 鴨池 鴨池 鴨池
1912年12月1日 海浜院通 1918年1月13日廃止
1959年12月20日 郡元 郡元
1917年11月3日[14] 郡元 郡元 新川 涙橋
市電発足時以降 牛懸→競馬場前→南港入口 南鹿児島駅前
1912年12月1日 二軒茶屋 二軒茶屋 二軒茶屋
1979年4月14日 宇宿一丁目 宇宿一丁目
1912年12月1日 脇田 脇田 脇田
1915年10月25日 笹貫 笹貫 笹貫
1912年12月1日 上塩屋 上塩屋 上塩屋
1912年12月1日 谷山 谷山 谷山
  • 笹貫停車場は官報[15]によれば海浜院道停留場と同日に廃止されており、昭和2年版の鉄道停車場一覧[14]によるとその後1920年2月9日に復活している。

接続路線[編集]

脚注および参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道要覧』による区間。
  2. ^ 『鹿児島の路面電車50年』26頁
  3. ^ 魚売り人に対しては乗車料半額、魚50まで5銭の優遇措置をとった。(1918年4月特別取り扱い廃止)『鹿児島の路面電車50年』162-163頁
  4. ^ 『鹿児島市電が走る街今昔』122-123頁
  5. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1911年8月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1912年12月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ a b 『鹿児島の路面電車50年』163頁
  8. ^ a b 『鹿児島の路面電車50年』164頁
  9. ^ 5月25日譲渡許可「鉄道譲渡」『官報』1928年5月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ 書類上では1928年12月28日廃止1929年1月17日開業としている免許失効特許、開業『鉄道統計資料. 昭和3年 第3編 監督』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ a b c 『鹿児島の路面電車50年』165頁
  12. ^ 『鹿児島の路面電車50年』166頁
  13. ^ a b 『鹿児島の路面電車50年』167頁
  14. ^ a b 鉄道省編集『鉄道停車場一覧』昭和2年版(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ 「軽便鉄道停車場及停留場廃止」『官報』1918年1月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳 - 全線・全駅・全廃線』12 九州沖縄、新潮社、2009年。ISBN 978-4-10-790030-2。
  • 鹿児島市交通局『鹿児島の路面電車50年』、1978年
  • 水元景文『鹿児島市電が走る街今昔』JTBパブリッシング、2007年

関連項目[編集]