鹿児島相互信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鹿児島相互信用金庫
Kagoshima Sougo Shinkin Bank
本店
本店
種類 信用金庫
略称 相信(そうしん)
鹿相信
本店所在地 日本の旗 日本
892-0822
鹿児島県鹿児島市泉町2番3号
設立 1931年2月16日
(有限責任鹿児島種苗信用利用組合)
業種 金融業
法人番号 7340005001465
金融機関コード 1991
代表者 稲葉 直寿(理事長)
資本金 44億41百万円(出資金)
従業員数 681人
主要子会社 南九州サービス株式会社
外部リンク 鹿児島相互信用金庫 公式サイト
テンプレートを表示
鹿児島相互信用金庫のデータ
法人番号 7340005001465
店舗数 59店
(本支店・出張所・代理店)
貸出金残高 3,762億15百万円
預金残高 5,476億3百万円
特記事項:
(2017年3月31日現在)
テンプレートを表示

鹿児島相互信用金庫(かごしまそうごしんようきんこ)は、鹿児島県鹿児島市泉町に本店を置く信用金庫。略称は相信[1]

沿革[編集]

  • 1931年昭和 6年) 2月 - 有限責任鹿児島種苗信用利用組合として設立。
  • 1935年(昭和10年) 4月 - 保証責任鹿児島相互信用利用組合に改組。
  • 1947年(昭和22年) 6月 - 保証責任鹿児島相互信用購買利用組合に改称。
  • 1950年(昭和25年) 2月 - 鹿児島相互信用組合に改組。
  • 1950年(昭和25年) 3月 - 鹿児島商工信用組合と合併する。
  • 1951年(昭和26年)10月 - 信用金庫法に基づき、鹿児島相互信用金庫となる。
  • 1955年(昭和30年) 1月 - 鹿児島企業信用金庫と合併する。
  • 2004年平成16年) 2月 - 川内信用金庫を合併する[2]
  • 2011年(平成23年) 7月 - 本部を移転。

不祥事[編集]

職員による集団着服・不正行為[編集]

2017年12月に職員による着服が発覚したことを受けて設置された第三者委員会の調査の結果、2001年3月から2018年1月にかけて職員23人が、約5億4,000万円の着服やノルマ達成のために、顧客の名義で定期積金などの商品を無断で契約、解約するため顧客から受け取ったクレジットカードを使用する等の不正を行っていたことが明らかになった[3][4]。23名のうち9名を解雇、3名を停職処分とした。11名は依願退職した。管理監督の問題があったとして上司を減給や降格とし、計144名が懲戒処分となった[5]。稲葉直寿理事長は役員報酬を自主返納し、副理事長と専務理事、非常勤理事を報酬50%返納、専務理事の1人を停職3カ月の処分とした[4][6]

幹部の指示による隠蔽と業務改善命令[編集]

九州財務局は2018年4月20日、職員による着服や不正に関して事実確認のため報告を求めたところ、幹部の指示で隠蔽を図ったことを確認したとして、鹿児島相互信用金庫に対し、信用金庫法第89条第1項において準用する銀行法第26条第1項の規定に基づき、業務改善命令を出し、5月21日までに改善計画を出すように命じた[7][8][9]

顧客の個人情報が記載された書類の紛失[編集]

2018年4月20日、吉野支店で顧客の個人情報が記載された帳票などを紛失していたことを公表した[10]。紛失した件数は3,275件で、紛失した情報には顧客の氏名、受取金額、払出金額、顧客番号、口座番号、証券番号などが含まれていた[10]。2016年9月14日に誤って破棄した可能性が高いとしている[10]

考査契約違反[編集]

不正公表前の2013年と2016年に日本銀行の考査の時に、不正の事実を記していない資料を提出して隠蔽したとして、2018年6月1日に考査契約違反をしたと日本銀行から公表された[11]

この考査契約違反を受けて、日銀から、管理態勢の改善状況を3カ月に1回程度報告するよう要求された[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “相信不正に鹿銀・上村頭取「企業統治 機能していない」”. MBC NEWS (南日本放送). (2018年4月27日). 2018-04-27. オリジナル2018年5月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20180502064439/http://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2018042700029213 2018年5月1日閲覧。 
  2. ^ 鹿児島の2信金が合併 新「鹿児島相互信金」誕生 - 47NEWS 2012年2月16日閲覧。(archive版)
  3. ^ “不祥事件に関する第三者委員会 調査報告書(要約版)” (PDF) (プレスリリース), 鹿児島相互信用金庫, (2018年3月14日), https://www.kasosin.com/news/news20180420-5.pdf 2018年5月1日閲覧。 
  4. ^ a b “第三者委員会の調査結果に基づく不祥事件等の報告について” (PDF) (プレスリリース), 鹿児島相互信用金庫, (2018年4月20日), http://www.kasosin.com/news/news20180420-1.pdf 2018年5月1日閲覧。 
  5. ^ 鹿児島相互信金、5・4億円不正…144人懲戒読売新聞 2018年04月21日(同年4月23日時点のarchive版)
  6. ^ 鹿児島相互信金 職員18人、計9800万円着服 定期積み金解約など毎日新聞 2018年4月21日
  7. ^ 鹿児島相互信用金庫に対する行政処分について九州財務局 2018年4月24日閲覧
  8. ^ 金融庁、鹿児島相互信金に改善命令日本経済新聞 2018年4月20日
  9. ^ “健全かつ適切な業務運営を確保するための業務改善命令について” (PDF) (プレスリリース), 鹿児島相互信用金庫, (2018年4月20日), http://www.kasosin.com/news/news20180420-2.pdf 2018年5月1日閲覧。 
  10. ^ a b c “お客様情報が記載された書類の紛失について” (PDF) (プレスリリース), 鹿児島相互信用金庫, (2018年4月20日), http://www.kasosin.com/news/news20180420-3.pdf 2018年5月1日閲覧。 
  11. ^ a b “鹿児島相互信金、不正隠す”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 9面. (2018年6月2日) 

関連項目[編集]