鹿児島県社会人サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

鹿児島県社会人サッカーリーグ(かごしまけんしゃかいじんサッカーリーグ)とは、全国の各都道府県にあるサッカー都道府県リーグのうち、鹿児島県のクラブチームが参加するリーグである。

2018年から株式会社薩摩家がタイトルスポンサーとなっており、正式名称はさつま揚げの薩摩家カップ鹿児島県社会人サッカーリーグである。

概要&レギュレーション[編集]

2017年に大規模なリーグ再編が行われ、それまでの3部制から新たに6部制となった。全てのリーグで1回戦総当たりで行われる。

リーグ構成(2020年)[編集]

  • 1部(8チーム)
  • 2部(8チーム)
  • 3部(8チーム)
  • 4部(2グループ、各8チーム)
  • 5部(4グループ、各9~10チーム)
  • 地域リーグ(2グループ、各7チーム)

昇格に関して[編集]

  • 1部優勝チームは九州各県リーグ決勝大会の参加権利を得る。同大会優勝で九州サッカーリーグに自動昇格、準優勝で9位チームと入替戦を行う。
  • 1部7位・8位と2部1位・2位、2部7位・8位と3部1位・2位は自動入替。
  • 3部7位・8位は自動降格。4部の各グループ1位が昇格。
  • 4部の各グループ7位・8位は自動降格。5部の各グループ1位が昇格。

所属クラブ(2020年)[編集]

1部[編集]

2部[編集]

  • ALZUA
  • 指宿SC
  • FC.ZCOCK
  • FCレインディア
  • 鹿児島市役所サッカー部
  • KAJIKI
  • 蒲生FC
  • 京セラ川内サッカー部

3部[編集]

  • FC志布志
  • FCスワローズ
  • FC.LEONE
  • LA rigare
  • 鹿児島教員足球隊
  • 国分自衛隊サッカー部
  • Free style
  • モンスター霧島GTSC

歴代優勝クラブ[編集]

1部[編集]

九州サッカーリーグ昇格チームは太字で表記

  • 2000年(第34回)ユニオンエスペランサFC
  • 2001年(第35回)出水SC
  • 2002年(第36回)ユニオンエスペランサFC
  • 2003年(第37回)鹿屋体育大学クラブ
  • 2004年(第38回)NSTドリームス
  • 2005年(第39回)OSUMI NIFS UNITED FC
  • 2006年(第40回)NSTドリームス
  • 2007年(第41回)鹿児島銀行FC
  • 2008年(第42回)指宿SC
  • 2009年(第43回)OSUMI NIFS UNITED FC
  • 2010年(第44回)FC KAGOSHIMA
  • 2011年(第45回)Liberty.FC
  • 2012年(第46回)A.T.CIELO
  • 2013年(第47回)鹿児島銀行FC
  • 2014年(第48回)NIFS KANOYA FC
  • 2015年(第49回)NIFS KANOYA FC
  • 2016年(第50回)Liberty.FC
  • 2017年(第51回)Liberty.FC
  • 2018年(第52回)鹿児島銀行FC
  • 2019年(第53回)鹿児島銀行FC
  • 2020年(第54回)NIFS KANOYA FC 2ND

2部[編集]

  • 2006年(第40回)Aグループ:鹿大サッカー会 / Bグループ:T.F.C
  • 2007年(第41回)Aグループ:Liberty.FC / Bグループ:BIG Small
  • 2008年(第42回)Aグループ:FC.ZCOCK / Bグループ:南さつまFCカルチャトーレ金峰
  • 2009年(第43回)Aグループ:鹿大サッカー会 / Bグループ:A.T.CIELO
  • 2010年(第44回)Aグループ:鹿児島教員足球隊 / Bグループ:FC志布志
  • 2011年(第45回)Aグループ:鹿大サッカー会 / Bグループ:PARACIMA FC
  • 2012年(第46回)Aグループ:Free style / Bグループ:大隅NIFS FC
  • 2013年(第47回)Aグループ:姶良FC / Bグループ:国分自衛隊サッカー部
  • 2014年(第48回)Aグループ:NIFS KANOYA FC 2ND / Bグループ:霧島レッズ
  • 2015年(第49回)Aグループ:鹿大サッカー会 / Bグループ:指宿SC
  • 2016年(第50回)Aグループ:海上自衛隊鹿屋 / Bグループ:鹿児島市役所サッカー部
  • 2017年(第51回)FCレインディア
  • 2018年(第52回)鹿児島市役所サッカー部
  • 2019年(第53回)鹿大サッカー会

2016年までの概要&レギュレーション[編集]

鹿児島県社会人サッカーリーグは3部構成(1部、2部、地域リーグ(ミドルリーグ含む))となっている(2014年度)

  • 1部 (8チーム)
  • 2部 (Aグループ、Bグループ 16チーム)
  • 地域リーグ(鹿児島A~鹿児島E、指宿・南薩、川薩・伊佐、北薩、姶良・霧島市A、姶良・霧島市B、大隅 76チーム)
  • ミドルリーグ (Aグループ、Bグループ 17チーム)

合計117チーム 全てのカテゴリで1回戦総当りで行う

昇格に関して[編集]

1部の1位は九州各県リーグ決勝大会の参加権を得る。原則として同大会優勝で九州サッカーリーグに自動昇格、準優勝で9位チームと入れ替え戦を行う

2部各グループ1位が1部に自動昇格する

地域リーグ各グループ1位チームによる入れ替え戦をトーナメントで行い、ベスト4の4チームが2部へ昇格する

また、1部の下位2チーム、2部の各グループ下位2チームが、下部のリーグへ降格する

尚、昇降格に関しては、JFL・九州リーグの昇格降格数により変更があり、詳しくは社会人委員会により協議のうえ決定する

鹿児島県社会人サッカーリーグ (2014年)[編集]

1部リーグ[編集]

鹿児島銀行FC
NIFS KANOYA FC
Liberty.FC
鹿児島教員足球隊
FC.ZCOCK
A.T.CIELO
姶良FC
国分自衛隊サッカー部

2部リーグ[編集]

鹿児島県社会人リーグ (2013年)[編集]

鹿児島県社会人リーグ (2012年)[編集]

鹿児島県社会人リーグ (2011年)[編集]

鹿児島県社会人リーグ (2010年)[編集]

鹿児島県社会人リーグ (2009年)[編集]

鹿児島県社会人リーグ (2008年)[編集]

鹿児島県社会人リーグ (2007年)[編集]

鹿児島県社会人リーグ (2006年)[編集]