鹿児島県立加世田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鹿児島県立加世田高等学校
Kaseda High School.JPG
過去の名称 加世田村立女子技芸学校
加世田村立実科高等女学校
川辺郡立実科高等女学校
鹿児島県成淑高等女学校
鹿児島県立加世田高等女学校
鹿児島県加世田高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 鹿児島県の旗鹿児島県
学区 南薩学区
校訓 自主独立
協力奉仕
不撓不屈
設立年月日 1912年6月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 46116E
所在地 897-0003
鹿児島県南さつま市加世田川畑3200
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

鹿児島県立加世田高等学校(かごしまけんりつ かせだこうとうがっこう)は、鹿児島県南さつま市加世田川畑にある普通科県立高等学校。2011年度より南薩学区。

沿革[編集]

略歴

  • 1912年に加世田村立女子技芸学校として開校し、その後高等女学校となる。戦後の学制改革により新制高等学校として発足。2012年に創立100周年を迎えた。

年表

  • 1912年6月 - 加世田村立女子技芸学校として開校。
  • 1914年4月 - 加世田村立実科高等女学校と改称し開校。
  • 1918年4月 - 川辺郡立実科高等女学校と改称し開校。
  • 1920年3月 - 鹿児島県成淑高等女学校と改称許可。
  • 1923年3月 - 鹿児島県に移管、鹿児島県立加世田高等女学校と改称。
  • 1948年4月 - 学制改革により鹿児島県立加世田高等学校として発足。本部を加世田高等学校内におき、旧加世田高等女学校を第2部、旧加世田農学校を第1部と称す。第2部に加世田町立の定時制家庭科を併置、第1部に同定時制農業本科、建築科及び女子農業別科を併置。
  • 1949年 - 部制廃止、鹿児島県立加世田高等女学校並びに併設中学校閉校。第1部は定時制と共に加世田農業高等学校(現:鹿児島県立加世田常潤高等学校)として独立。鹿児島県加世田高等学校と改称。
  • 1950年 - 校歌制定。
  • 1956年 - 鹿児島県立加世田高等学校と改称。
  • 1975年 - 校訓制定。
  • 1983年7月 - 新校舎(現在地)に移転。
  • 1984年 - シンボルツリー「あふちの木」を旧校地から新校地へ移植。
  • 1991年 - 研究紀要『あふち』創刊
  • 2006年 - 鹿児島県立笠沙高等学校の閉校に伴う事務引継校となる
  • 2014年 - 鹿児島県進学指導重点支援校に指定。

象徴[編集]

  • 校訓
    • 「自主独立」「協力奉仕」「不撓不屈」
  • 校歌
    • 四部合唱で、3番まである。
    • 校歌の他に、3年生が卒業式で歌う「いざはばたかん」という卒業の歌がある。
  • シンボルツリー

学校行事[編集]

  • 文化祭
    • 例年クラス発表は、3年生が劇、2年生がバザー等の催し物、1年生が展示となっている。
    • クラス発表だけでなく、文化系部活動や一部委員会も参加する。
  • 体育祭
    • 学年対抗。3年生が仮装行列を行うのが恒例となっている。
  • 35km遠行
  • クラスマッチ
    • 年2回。1学期は全学年のクラス、3学期は1・2学年のクラスが参加。
  • 修学旅行(2年生)
  • おうちの日
  • 宿泊研修(1年生)
  • 一日遠足(2・3年生)
  • 芸術鑑賞会
  • 文化講演会
  • 大学出張講義
  • 校内読書会

部活動[編集]

一覧

2012年度(平成24年度)現在

  • 文化系
    書道部、美術部、放送部、吹奏楽部、茶道部、文芸部(2011年第26回全国高等学校文芸コンクール詩部門優良賞1名、入選1名)、天文同好会
  • 体育系
    野球部、サッカー部、空手道部、剣道部、バスケットボール部、バレーボール部、卓球部、テニス部、陸上競技部、弓道部、水泳部、バドミントン同好会、柔道同好会

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]