鹿児島県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗鹿児島県第1区
Kagoshima prefecture Electoral district map.svg
行政区域 鹿児島市(本庁管内、伊敷東桜島吉野桜島吉田松元郡山の各支所管内)、鹿児島郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 川内博史
有権者数 359,363人
1.53 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2019年9月登録日)
テンプレートを表示

鹿児島県第1区(かごしまけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割り変更により、3区の一部が編入された。2017年の区割り変更前は以下の区域であった。

歴史[編集]

旧鹿児島市のおよそ3分の2を含む都市化の進んだ地域であり、県内の5選挙区中最も有権者数が多い。また、選挙区内の三島村と十島村は役場が鹿児島市内にあり、フェリーで投票箱を運搬する時間の都合により投票日の3日前に全国で最も早い繰り上げ投票が行われる地域である。

かつての中選挙区制下で唯一、事実上の小選挙区であった奄美群島選挙区において「保徳戦争」と呼ばれる壮絶な選挙戦の当事者であった自民党公認の保岡興治が選挙巧者ぶりを発揮して当選し、対する民主党公認の川内博史比例九州ブロックで復活当選という構図が2005年第44回衆議院議員総選挙まで4回続いていたが、2009年第45回衆議院議員総選挙では川内が初めて小選挙区で当選し、保岡の比例復活も阻止する完勝を遂げた。1区から自民党議員がいなくなるのは、これが初めてであった。

しかし2012年第46回衆議院議員総選挙では保岡が再び当選して川内は比例復活できず、2009年とは逆の結果になった。2014年第47回衆議院議員総選挙でも保岡が勝利し、川内は比例復活すらできず落選した。

2017年第48回衆議院議員総選挙にも当初は保岡興治が立候補する予定であったが、公示日直前に自身が膵臓がんである事を明かし、引退を表明。急遽長男の保岡宏武が擁立されたが、定年のために興治は比例の名簿に当初から入っておらず調整が付かなかったために宏武も比例重複無しで選挙に臨むこととなった。一方で川内は立憲民主党からの出馬を表明し、これを受けて日本共産党は候補者を取り下げ、川内へと実質的に協力した。結果は川内が僅差で保岡を差し切り3期ぶりに小選挙区で当選して国政復帰を果たし、比例重複していなかった保岡はそのまま落選した。

1区自民党支部長問題[編集]

2017年第48回衆議院議員総選挙の鹿児島1区について、公示2日前の保岡興治の不出馬表明により、自民党公認は保岡興治の意向により長男の宏武に決定[1]。他方、2017年の衆議院の定数減により、自身が支部長を務める小選挙区が無くなった現職の宮路拓馬も同区からの出馬に意欲を示していただけに[2]、公示直前の出馬取りやめに対して一部の県議から「宮路封じ」との批判が出た。[3]。県連会長の森山裕は「1区支部長を選挙後に改めて決める」と述べ、同区に火種を残す形となっている[4]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 保岡興治 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 川内博史 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 保岡興治 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 川内博史 立憲民主党

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:360,597人 最終投票率:51.77%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川内博史55立憲民主党76,699票
41.8%
――
保岡宏武44自由民主党74,831票
40.8%
97.6%公明党推薦
山之内毅35日本維新の会26,895票
14.7%
35.1%
宮崎一博57無所属5,066票
2.8%
6.6%×

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:336,070人 最終投票率:46.35%(前回比:-4.83ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
保岡興治75自由民主党67,376票
44.1%
――公明党推薦
川内博史53民主党47,315票
31.0%
70.2%緑の党グリーンズジャパン支持
山之内毅32維新の党30,133票
19.7%
44.7%
山口広延39日本共産党8,024票
5.2%
11.9%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
保岡興治73自由民主党76,652票
45.5%
――公明党推薦
川内博史51民主党42,792票
25.4%
55.8%国民新党推薦
比当山之内毅31日本維新の会36,188票
21.5%
47.2%
渡邉信一郎55日本未来の党6,926票
4.1%
9.0%新党大地推薦
山口広延37日本共産党5,951票
3.5%
7.8%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川内博史47民主党117,383票
53.2%
――
保岡興治70自由民主党94,226票
42.7%
80.3%公明党推薦
山口広延34日本共産党6,422票
2.9%
5.5%
山下純一54無所属1,429票
0.6%
1.2%×
川田純一42幸福実現党1,079票
0.5%
0.9%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
保岡興治66自由民主党112,437票
53.5%
――
比当川内博史43民主党88,284票
42.0%
78.5%
桂田美智子52日本共産党9,525票
4.5%
8.5%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
保岡興治64自由民主党95,841票
52.0%
――
比当川内博史42民主党79,243票
43.0%
82.7%
山口陽規50日本共産党9,359票
5.1%
9.8%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
保岡興治61自由民主党87,729票
47.8%
――
比当川内博史38民主党78,684票
42.9%
89.7%
祝迫光治57日本共産党17,023票
9.3%
19.4%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
保岡興治57自由民主党70,659票
48.1%
――
比当川内博史34民主党57,761票
39.4%
81.7%
久保田薫48日本共産党18,365票
12.5%
26.0%

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]