鹿児島県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗鹿児島県第4区
Kagoshima prefecture Electoral district map.svg
行政区域 鹿屋市西之表市垂水市霧島市曽於市志布志市曽於郡肝属郡熊毛郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 森山裕
有権者数 329,605人
1.41 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

鹿児島県第4区(かごしまけんだい4く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割変更により、かつての5区全域と4区のうち霧島市が新しい区域となっている。2017年の区割り変更前は以下の区域であった。

歴史[編集]

2017年までは県央の姶良地方と北薩の出水地方の二ヶ所から構成されたが、2017年からは大隅半島全域と種子島屋久島から構成される。旧区域には九州新幹線の駅や鹿児島空港九州自動車道加治木ジャンクションなどを有する鹿児島県の交通の要衝であり、旧国分市隼人町(現・霧島市)には京セラソニーをはじめとする企業の工場・研究所が立地している。一方で、タバコの栽培や畜産をはじめとする昔ながらの農漁業も盛んである。

自由民主党小里貞利第41回衆議院議員総選挙から3期連続当選した(1996年の第41回衆議院議員総選挙では社会民主党浜田健一が比例復活により議席を得た)。2005年に小里の後を次いだ息子・泰弘第44回衆議院議員総選挙以降、当選を続けている。

第48回衆議院議員総選挙からは区割りが変更され、自民党の候補者調整において5区から選出されていた森山裕が4区へ鞍替えし、小里泰弘3区へ鞍替えする。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 小里貞利 自由民主党 旧区域
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 小里泰弘
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 森山裕
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:340,045人 最終投票率:54.48%(前回比:+3.09ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森山裕72自由民主党128,112票
70.78%
――公明党推薦
野呂正和66社会民主党52,891票
29.22%
41.28%日本共産党推薦

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:268,131人 最終投票率:51.39%(前回比:-5.74ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小里泰弘56自由民主党93,501票
69.65%
――公明党推薦
野呂正和63社会民主党28,281票
21.07%
30.25%
永田義人65日本共産党12,464票
9.28%
13.33%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小里泰弘54自由民主党100,415票
66.87%
――公明党推薦
皆吉稲生62民主党39,834票
26.53%
39.67%国民新党推薦
永田義人63日本共産党9,925票
6.61%
9.88%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小里泰弘50自由民主党97,054票
50.12%
――
比当皆吉稲生59民主党94,343票
48.72%
97.21%国民新党推薦
樋口信博48幸福実現党2,251票
1.16%
2.32%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小里泰弘46自由民主党110,258票
59.02%
――
浜田健一55民主党69,921票
37.43%
63.42%
米重均 52日本共産党6,635票
3.55%
6.02%
  • 浜田は選挙直前に民主党に移籍した。

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小里貞利73自由民主党104,843票
61.53%
――
浜田健一53社会民主党59,075票
34.67%
56.35%
川浪隆幸67日本共産党6,476票
3.80%
6.18%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小里貞利69自由民主党113,144票
62.96%
――
浜田健一49社会民主党59,184票
32.93%
52.31%
川浪隆幸64日本共産党7,377票
4.11%
6.52%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小里貞利66自由民主党98,933票
63.34%
――
比当浜田健一46社会民主党47,995票
30.73%
48.51%
川浪隆幸60日本共産党9,256票
5.93%
9.36%

関連項目[編集]