鹿児島県道17号指宿鹿児島インター線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
鹿児島県道17号標識
鹿児島県道17号 指宿鹿児島インター線
主要地方道 指宿鹿児島インター線
指宿スカイライン
地図
Ibusuki skyline.svg
総延長 18.468 km[1]
実延長 18.468 km[1]
制定年 1972年
開通年 1977年 - 1988年
起点 鹿児島県指宿市池田【地図
主な
経由都市
南九州市
終点 鹿児島県鹿児島市田上8丁目【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道23号標識
鹿児島県道23号谷山知覧線
Japanese National Route Sign 0225.svg 国道225号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道20号標識
鹿児島県道20号鹿児島加世田線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道35号標識
鹿児島県道35号永吉入佐鹿児島線
E3 九州自動車道
E3A 南九州西回り自動車道
Japanese National Route Sign 0003.svg 国道3号鹿児島バイパス
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

鹿児島県道17号指宿鹿児島インター線(かごしまけんどう17ごう いぶすきかごしまインターせん)は、鹿児島県指宿市から鹿児島市に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

1972年の路線認定時の名称は「指宿鹿児島西インター線」であった。

全線が有料道路指宿スカイラインである。但し、起点から頴娃IC谷山ICから中山ICまでが無料区間となっている。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1972年昭和47年)
    • 7月7日 - 一般県道指宿鹿児島西インター線として路線認定[4][5]
    • 8月2日 - 路線番号決定公告により路線番号が246に設定される。
  • 1977年(昭和52年)4月1日 - 大迫IC - 谷山IC間が供用開始により開通。
  • 1981年(昭和56年)7月24日 - 指宿鹿児島インター線に路線名変更[3]
  • 1988年(昭和63年)3月27日 - 大迫IC - 頴娃IC間無料化。
  • 1988年(昭和63年)3月29日 - 鹿児島IC - 谷山IC間が供用開始につき開通。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道指宿鹿児島インター線が指宿鹿児島インター線として主要地方道に指定される[6]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

起点(指宿市池田)
谷山IC-中山IC間(九州道方面)

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

市町村名 交差する道路 交差する場所
鹿児島県道236号頴娃宮ヶ浜線 指宿市 池田 起点
鹿児島県道245号飯山喜入線 池田
鹿児島県道234号石垣喜入線 南九州市 頴娃町上別府 指宿スカイライン頴娃交差点
頴娃IC
鹿児島県道23号谷山知覧線 知覧町郡 知覧IC
国道225号 川辺町野崎 川辺IC
鹿児島県道20号鹿児島加世田線 鹿児島市 下福元町 錫山IC
鹿児島県道20号鹿児島加世田線
鹿児島県道219号玉取迫鹿児島港線
上福元町 谷山IC
鹿児島県道35号永吉入佐鹿児島線 山田IC
E3 九州自動車道
E3A 南九州西回り自動車道
国道3号 / 鹿児島バイパス
鹿児島東西幹線道路
29 鹿児島IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『平成20年度道路現況調書』 - 鹿児島県土木部道路維持課 P.15
  2. ^ 1981年7月24日路線名変更
  3. ^ a b 昭和56年鹿児島県告示第1214号(県道指宿鹿児島西インター線の路線名変更、昭和56年7月24日付鹿児島県公報第7688号所収)
  4. ^ http://www3.pref.kagoshima.jp/reiki_int/reiki_honbun/aq70107211.html
  5. ^ 鹿児島県告示704号
  6. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]