鹿児島県道346号山田入来線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
鹿児島県道346号標識
鹿児島県道346号山田入来線
路線延長 xxKm
陸上区間 xxKm
制定年 1997年3月31日[1]
起点 薩摩川内市東郷町山田
終点 薩摩川内市入来町副田
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0267.svg国道267号
Japanese National Route Sign 0328.svg国道328号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
山田小学校前より国道267号方面を望む

鹿児島県道346号山田入来線(かごしまけんどう346ごう やまだいりきせん)は鹿児島県薩摩川内市東郷町山田から同市入来町副田に至る一般県道である。

路線概要[編集]

総距離不明

  • 起点 - 鹿児島県薩摩川内市東郷町山田
  • 終点 - 鹿児島県薩摩川内市入来町副田
  • 主な経由地 - 鹿児島県薩摩川内市樋脇町倉野

地理[編集]

始点である東郷町山田付近は周辺を山地に囲まれた盆地にあり、県道346号は盆地の中央部にある山田小学校跡付近にある交差点より川内川付近まで南下している。東郷町南瀬では南瀬交差点で国道267号と交差する。さらに南下し、川内川を倉野橋で渡った後鹿児島県道394号山崎川内線と交差しここで進路を東方に変え、これより倉野小学校跡まで重複する。倉野小学校跡で県道394号と分岐し再びここで進路を南方に変える。入来町副田では市道と交差し進路を東方に変えた後国道328号と交差し終点となる。

歴史[編集]

  • 1997年平成9年)3月31日 - 鹿児島県告示第559号により現在の県道346号のルートの一部である「鹿児島県道346号塔之原南瀬線」が廃止され[2]、鹿児島県告示第558号により鹿児島県道346号山田入来線として認定される[1]

重複する道路[編集]

  • 鹿児島県道394号山崎川内線(薩摩川内市樋脇町倉野倉野簡易郵便局付近 - 倉野小学校跡付近)

接続する道路[編集]

沿線[編集]

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成9年鹿児島県告示第558号(県道の路線の認定、平成9年3月31日付鹿児島県公報1194号の12所収)
  2. ^ 平成9年鹿児島県告示第559号(県道の路線の廃止、平成9年3月31日付鹿児島県公報1194号の12所収)

関連項目[編集]