鹿子木健日子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鹿子木 健日子(かなごき たけひこ、かなこぎ ケーニヒ、男性、1914年6月17日 - 1992年2月19日[1])は、日本のバスケットボール選手、指導者。1936年ベルリンオリンピックに日本代表として出場した。

経歴[編集]

1914年、東京生まれ。父親は哲学者海軍軍人鹿子木員信、母親はポーランド系ドイツ人で教育者の鹿子木コルネリアである(後に両者は離婚)[2]。妻の邦子は岩倉具明子爵(岩倉具経の長男)の娘[3]

東京府立五中武蔵高校を経て、東京帝国大学経済学部に進学[4]。在学中は籠球部レンジャースに所属して主将を務めた[5]。1936年のベルリンオリンピックには、バスケットボール日本代表として出場[6][7]。大学卒業後は日産自動車に勤務したが[2]、戦後退社して陶器の輸出入を手掛ける茜商会を起業した[8]。会社経営の一方で日本バスケットボール協会の理事として後進の育成にあたり[1]、1957年5月には日本スポーツ界代表団の一員として中華人民共和国を訪問した[9]。1992年死去、享年77歳。

出典[編集]

  1. ^ a b 『日外アソシエーツwhoplus』「鹿子木 健日子(バスケットボール選手)」の項
  2. ^ a b KURENAI : Kyoto University Research Information Repository (PDF) 2013年1月6日閲覧。
  3. ^ 岩倉氏(分家具経家) 2016年2月11日閲覧。
  4. ^ 『読売新聞』1936年2月18日朝刊4頁「代表選手プロフィル 鹿子木健日子=籠球」
  5. ^ 『東京朝日新聞』1936年2月21日東京朝刊4頁「東大篭球部役員」
  6. ^ Japan at the 1936 Berlin Summer Games 2013年1月6日閲覧。(英語)
  7. ^ Japan Basketball at the 1936 Berlin Summer Games 2013年1月6日閲覧。(英語)
  8. ^ 『読売新聞』1959年12月13日朝刊17頁「鹿子木健日子 バスケット界の“野党”に」
  9. ^ 日中文化交流協会のあゆみ 2013年1月6日閲覧。