鹿島則文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鹿島 則文(かしま のりぶみ、天保10年1月13日1839年2月26日) - 明治34年(1901年10月10日)は、幕末明治時代の神職

鹿島神宮大宮司であった鹿島則孝の長男として生まれる。通称は布美麿、矗之輔。は桜宇。儒書を安井息軒に学び、また、自ら皇典を究め国事に奔走、文久3年(1863年)に鹿島に文武館を創設したが、1865年慶応元年)、その思想や行動により幕府に忌まれ八丈島に流される。1869年(明治2年)赦免、神領会所(鹿島神領の役場)が廃止されるのに伴ってその建物を学問所「稽照館」とした。1873年(明治6年)鹿島神宮大宮司、1884年(明治17年)神宮大宮司に任じられ、祭儀の復興、林崎文庫の整備、神宮皇學館皇學館大学の前身)の拡充、『古事類苑』の出版などに尽力した。1898年(明治31年)、内宮炎上の責を負い辞職し帰郷。1901年(明治34年)10月10日、63歳で病没。茨城県鹿島郡鹿島町三笠墓地に葬る。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5356号「叙任及辞令」1901年5月14日。

参考文献[編集]

  • 鹿島町史第五巻(1962年)
  • 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞出版
  • 鹿島敏夫『先考略年譜稿』鹿島則良氏蔵。
  • 海野正造『佐原喜三郎と鹿島則文』昭和52年6月1日,柳翠史料館。
  • 葛西重雄・吉田貫三『増補改訂 八丈流人銘々伝』昭和50年5月20日,第一書房
  • 大山地山『常総古今の学と術と人』昭和51年11月25日(復刻),水戸学研究会。
  • 鹿島則幸「桜山文庫について」(『郷土文化』第18号,昭和52年3月31日)茨城県郷土文化研究会。
  • 深沢秋男「鹿島則文と桜山文庫」,『井関隆子日記』中巻,昭和55年8月30日勉誠社
  • 深沢秋男『神宮々司拝命記』,平成10年7月25日,私家版