鹿折唐桑駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鹿折唐桑駅*
BRT駅舎(2018年12月)
BRT駅舎(2018年12月)
ししおりからくわ
Shishiorikarakuwa
所在地 宮城県気仙沼市新浜町一丁目8-3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 シシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
8人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1932年昭和7年)3月19日
乗入路線 2 路線
所属路線 大船渡線(BRT区間:盛方面)
キロ程 64.2km(一ノ関起点)
気仙沼 (2.2km)
所属路線 大船渡線(BRT区間:上鹿折方面)
キロ程 64.2km(一ノ関起点)
気仙沼 (2.2km)
(5.3km) 上鹿折
備考 無人駅
* 1986年に鹿折駅から改称。
テンプレートを表示

鹿折唐桑駅(ししおりからくわえき)は、宮城県気仙沼市新浜町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大船渡線である。

歴史[編集]

東日本大震災による津波で駅(左奥)近くに打ち上げられた「第18共徳丸」

駅構造[編集]

旧ホームと線路を撤去した専用道上にBRT用の駅舎が整備されている。BRTの運行開始当時は県道上のミヤコーバス「鹿折唐桑駅前」停留所・岩手県交通「鹿折駅前」停留所と同位置に駅が設置されたが、専用道の整備後は上鹿折方面のBRTのみが県道上での乗降となっている。

震災前は、単式ホーム1面1線を有する地上駅で、駅舎があり、気仙沼駅管理の無人駅であった。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)のBRTにおける1日平均乗車人員は8人である[BRT 1]

2000年以降の推移は以下のとおり。

1日平均乗車人員推移
年度 鉄道 BRT 出典
2000年(平成12年) 69   [鉄道 1]
2001年(平成13年) 61 [鉄道 2]
2002年(平成14年) 72 [鉄道 3]
2003年(平成15年) 73 [鉄道 4]
2004年(平成16年) 70 [鉄道 5]
2005年(平成17年) 60 [鉄道 6]
2013年(平成25年)   8 [BRT 2]
2014年(平成26年) 7 [BRT 3]
2015年(平成27年) 12 [BRT 4]
2016年(平成28年) 12 [BRT 5]
2017年(平成29年) 7 [BRT 6]
2018年(平成30年) 8 [BRT 1]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
大船渡線(BRT区間:盛方面)
気仙沼駅 - 鹿折唐桑駅 - 八幡大橋(東陵高校)駅
大船渡線(BRT区間:上鹿折方面
気仙沼駅 - 鹿折唐桑駅 - 上鹿折駅
  • BRT区間は鹿折唐桑駅 - 陸前高田駅間において鉄道運用時と経路が異なるため、上鹿折方面は行き止まりの支線扱いとなる。
  • 運賃計算上の隣駅は気仙沼駅と八幡大橋(東陵高校)駅である。当駅で盛方面と上鹿折方面を乗り継ぐ場合、八幡大橋(東陵高校)駅乗降時は当駅 - 八幡大橋(東陵高校)間の、唐桑大沢駅以遠で乗降時は当駅 - 上鹿折駅間の距離を、運賃計算時に計上しない。
大船渡線(鉄道運用時)
気仙沼駅 - 鹿折唐桑駅 - 上鹿折駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 復興の道ふさぐ被災船 気仙沼だけで20トン16隻”. 産経新聞 (2011年4月22日). 2011年4月30日閲覧。
  2. ^ BRT ダイヤ改正について (PDF)”. 東日本旅客鉄道盛岡支社 (2015年2月24日). 2015年3月13日閲覧。

利用状況[編集]

鉄道[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。

BRT[編集]

  1. ^ a b BRT駅別乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月24日閲覧。
  2. ^ BRT駅別乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ BRT駅別乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  4. ^ BRT駅別乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  5. ^ BRT駅別乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  6. ^ BRT駅別乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年9月17日閲覧。

関連項目[編集]