鹿毛敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鹿毛 敏夫(かげ としお、1963年 - )は、日本史学者、名古屋学院大学教授。

大分県生まれ。1986年、広島大学文学部史学科国史学専攻卒。大分県立大分雄城台高等学校大分県立森高等学校講師・教諭。1997年、大分県立先哲史料館研究員、主任研究員。2005年、九州大学大学院人文科学府日本史学専修博士後期課程修了、「戦国大名の外交と都市・流通 豊後大友氏と東アジア世界」で文学博士。 同年、国立新居浜工業高等専門学校助教授、07年准教授、13年教授。2015年、名古屋学院大学国際文化学部教授、16年大学院外国語学研究科教授。[1]

2004年、NHK正月時代劇大友宗麟 心の王国を求めて』(松平健主演)時代考証。2009年、『月のえくぼを見た男 麻田剛立』で第4回福田清人賞受賞、世界天文年2009日本委員会公認書籍、第55回青少年読書感想文全国コンクール選定課題図書。[2]

田主丸町(現 福岡県久留米市)町会議員 鹿毛与三郎(かげ よさぶろう、1861年 - 1935年)の曾孫、同町収入役 鹿毛健助(かげ けんすけ、1890年 - 1982年)の孫、大分大学名誉教授・教育学博士 鹿毛基生(かげ もとお、1929年 - )の息子。

著書[編集]

単著[編集]

  • 麻田剛立 宇宙に魅せられた江戸時代人』岩尾善幸絵 大分県教育委員会 2003
  • 『戦国大名の外交と都市・流通 豊後大友氏と東アジア世界』思文閣史学叢書 2006
  • 『月のえくぼを見た男 麻田剛立』関屋敏隆画 くもん出版 2008
  • 『アジアン戦国大名大友氏の研究』吉川弘文館 2011
  • 『月に名前を残した男 江戸の天文学者麻田剛立』角川ソフィア文庫 2012
  • 『大航海時代のアジアと大友宗麟』海鳥社 2013
  • 『アジアのなかの戦国大名 西国の群雄と経営戦略』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー 2015
  • 『戦国大名の海外交易』勉誠出版 2019

編著[編集]

  • 『戦国大名大友氏と豊後府内』編著 高志書院 2008
  • 『大内と大友 中世西日本の二大大名』編著 勉誠出版 2013
  • 『描かれたザビエルと戦国日本 西欧画家のアジア認識』編著 勉誠出版 2017
  • 『戦国大名の土木事業 中世日本の「インフラ」整備』編著 戎光祥出版 2018
  • 『戦国大名大友氏の館と権力』共編著 吉川弘文館 2018

共著[編集]

  • 『江戸時代人づくり風土記 44 大分』農山漁村文化協会 1998
  • 麻田剛立』末中哲夫監修 大分県教育委員会 2000
  • 『時と文化 日本史攷究の視座』日本史攷究会編 総合出版社歴研 2000
  • 『日本歴史大事典 3』小学館 2001
  • 『街道の日本史 52 国東・日田と豊前道』外園豊基編 吉川弘文館 2002
  • 『日本史攷究と歴史教育の視座』日本史攷究会編 早稲田大学メディアミックス 2004
  • 『図説宇佐・国東・速見の歴史』飯沼賢司監修 郷土出版社 2006
  • 『図説大分・由布の歴史』飯沼賢司監修 郷土出版社 2007
  • 『舟山普陀与東亜海域文化交流』郭万平・張捷編 浙江大学出版社 2009
  • 『史跡で読む日本の歴史 8 アジアの中の日本』服部英雄編 吉川弘文館 2010
  • 『人物往来与東亜交流』王勇編 光明日報出版社 2010
  • 『日本中世の西国社会 3 西国の文化と外交』川岡勉・古賀信幸編 清文堂出版 2011
  • 『戦国大名と政略結婚』新人物文庫 2012
  • 『南蛮・紅毛・唐人 一六・一七世紀の東アジア海域』中島楽章編 思文閣出版 2013
  • 『描かれた倭寇 「倭寇図巻」と「抗倭図巻」』東京大学史料編纂所編 吉川弘文館 2014
  • 『東アジア海域に漕ぎだす 6 海がはぐくむ日本文化』小島毅監修・静永健編 東京大学出版会 2014
  • 『日明関係史研究入門 アジアのなかの遣明船』村井章介編 勉誠出版 2015
  • 『「倭寇図巻」「抗倭図巻」をよむ』須田牧子編 勉誠出版 2016

編集[編集]

  • 府内臼杵から戦国の世界が見える 都市・貿易・民衆』編 大分県立先哲史料館 1999
  • 麻田剛立資料集』編 大分県先哲叢書 1999
  • 『大友府内 よみがえる中世国際都市』編 大分県立先哲史料館 2001
  • 『大友水軍 海からみた中世豊後』編 大分県立先哲史料館 2003

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]