鹿沼絵里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

鹿沼 絵里(かぬま えり、1952年12月1日 - 、本名:古尾谷登志江(ふるおや としえ)、旧姓:菅沼)は、日本女優。旧芸名は鹿沼えり[1]。夫は俳優古尾谷雅人[1](先代)。

来歴[編集]

東京都出身。精華学園高等部在学中にスカウトされ、テレビドラマ『太陽にほえろ!』でデビュー。東映東宝ATGなど映画でも活動[2]

日活ロマンポルノ時には娼婦のように』で主役級に抜擢された。以後、1970年代後半から1980年代初めにかけて、日活を代表するポルノ女優の一人として活躍した。鹿沼のファンの多くは、このポルノ女優時代のファンである。映画の代表作としては、若松孝二監督作品の『聖母観音大菩薩』(1977年、主演・松田英子)などがある。

1982年、共演者だった5歳年下の古尾谷雅人と30歳で結婚し、女優を引退した(のち復帰)。

古尾谷との結婚生活では、古尾谷が気に入らない役を断って仕事を選んだため、仕事の依頼が徐々になくなり、東京都内に1億4500万円で購入した高級マンションのローンの返済(毎月100万円)が滞るようになった。住民税の支払いまで滞納するようになり、古尾谷は物に当たったり昼間から飲酒するなどし、さらには家族に暴力を振るうようになった[3]。特に妻の鹿沼へのDV(家庭内暴力)は凄まじく、日常的に行われていたという。女優の命である顔を何度も殴られて、重傷を負った。また、古尾谷からの暴行で肋骨を骨折したこともある。

1998年、45歳でホームヘルパー1級の資格を取り、介護ヘルパーとして働き始めた。

2003年3月、古尾谷が自宅寝室で首吊り自殺し、古尾谷が残した3億円の借金は鹿沼が引き継いだ[3]2004年、夫の一周忌に手記『最後のキス』を出版した。

2004年から東京・神楽坂スナックを経営していたが、2010年に閉店している[4]

人物[編集]

  • 身長161cm。趣味は旅行。特技はスキューバーダイビング。長所は人見知りしない、人の話を聞くのが好き。短所は思い立ったらすぐしないと気がすまない。ペットは犬(プードル、チワワ)、カメ。
  • 東京都内の賃貸マンションで、息子・娘と3人で暮らしている。
    息子は高藤疾土の芸名で俳優デビューするも、一時俳優業を退いてファミリーレストランでアルバイトをしていた。2019年に俳優再デビューの際、父が使っていた芸名を名乗り古尾谷雅人の2代目を実質襲名した。
    娘の水野快令は元モデルで、ジュエリー関係の仕事をしている。
    実家は新宿で寿司店を営んでおり、『秘密戦隊ゴレンジャー』出演時はキャストらがよく訪れていたという[5]

エピソード[編集]

  • 女優・大原麗子は親友で、ドラマで共演したのをきっかけに仲良くなった。鹿沼と古尾谷雅人の結婚式では、大原麗子・森進一夫妻が媒酌人を務めた。のちに鹿沼は大原麗子からマネージャーになってほしいと頼まれたが、当時鹿沼は夫・古尾谷から家庭内暴力を受けていて、精神的な余裕がなかったため、大原の要望を断ったという[6]
  • 『秘密戦隊ゴレンジャー』では、小山ゆうえんちで敵の戦闘員に追いかけられて高所から飛び降りるシーンの撮影の際に背中を負傷し、最終回には未出演となった[1]。残っていたアフレコは寝たままの状態で行ったという[1]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

  • 実録安藤組 襲撃篇 (1973年)
  • 爆発! 暴走遊戯 (1976年、東映東京) - 魔子
  • 秘密戦隊ゴレンジャー 爆弾ハリケーン (1976年、東映東京) - 加藤陽子
  • 歌麿 夢と知りせば (1977年、太陽社) - お美代
  • 俺の空 (1977年、東宝=東京ムービー新社) - 白川先生
  • 聖母観音大菩薩(1977年、若松プロ=ATG) - 若い女
  • 時には娼婦のように (1978年、にっかつ) - マコ
  • 肉の標的 奪う!! (1979年、にっかつ) - 上条由美
  • 天使のはらわた 名美(1979年、にっかつ) - 土屋名美
  • 宇能鴻一郎の女体育教師 (1979年、にっかつ) - あたし
  • エロス学園 発情時代 (1979年、にっかつ) - 三原圭子
  • 団地妻 肉欲の陶酔 (1979年、にっかつ) - 岡妙子
  • 修道女 黒衣の中のうずき (1980年、にっかつ) - 神野雪
  • スケバンマフィア 肉刑 リンチ (1980年、にっかつ) - サチ子
  • 朝はダメよ!(1980年、にっかつ) - 美希
  • 看護婦日記 わいせつなカルテ (1980年、にっかつ) - 由香
  • 宇能鴻一郎の浮気日記 (1980年、にっかつ) - 金井ゆり子
  • 女教師 汚れた放課後(1981年、にっかつ) - 野本トモ子
  • ヨコハマBJブルース (1981年、東映セントラルフィルム) - 林ミドリ
  • 好色花でんしゃ (1981年、ピンクリボン賞映画製作実行委員会) - 都築丸子
  • 真夜中の招待状(1981年、松竹) - 原田里江
  • 遠雷 (1981年、ATG=にっかつ撮影所=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ) - 和田敏江
  • 逃がれの街 (1983年、日本テレビ=田中プロ) - 焼鳥屋のおばさん
  • チ・ン・ピ・ラ (1984年、東宝) - ビビ
  • 想い出のアン(1984年、共同映画) - 新村令子
  • 800 TWO LAP RUNNERS (1994年、サントリー=ポニーキャニオン=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ) - 中沢淑子
  • いちご同盟 (1997年、トライアーツ) - 上原美子
  • 生霊 いきすだま IKISUDAMA(2001年、東映) - 吉野光江
  • 不灯港(2009年、内藤隆嗣監督)

オリジナルビデオ[編集]

  • ナンパ屋★KEN (1995年、東映ビデオ)
  • かげろう 俊のヤクザな毎日 (1997年、ケイエスエス=ケイエスエス販売)
  • 男たちの墓標 事件屋稼業(2000年、ミュージアム)

テレビドラマ[編集]

バラエティー/情報番組[編集]

著書[編集]

  • 『最期のキス』(2004年、講談社

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 200, 「スタッフ キャスト インタビュー 鹿沼えり」
  2. ^ 映画の友、1979年4月号
  3. ^ a b 故古尾谷さん妻 DVと借金3億円告白”. デイリースポーツ (2013年5月24日). 2020年5月1日閲覧。
  4. ^ 岡野誠 (2019年4月28日). “日活RP女優・鹿沼絵里 息子が「古尾谷雅人」を名乗り再出発”. NEWSポストセブン(週刊ポスト. 2020年5月1日閲覧。
  5. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, pp. 180-183, 「秘密戦隊ゴレンジャー座談会 忘れえぬヒーローたち」.
  6. ^ 有名人衝撃死の真相「大原麗子」“親友が明かした晩年の精神状態”

参考文献[編集]

  • 秘密戦隊ゴレンジャー大全集:ジャッカー電撃隊講談社テレビマガジン特別編集〉、1988-06-31。ISBN 4-06-178409-9。