鹿田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鹿田町
—  町丁  —
岡山大学病院
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 岡山県
市町村 岡山市
行政区 北区
地域区分(大) 岡山
地域区分(小) 鹿田
人口 (2018年(平成30年)現在)
 - 計 728人
郵便番号 700-0914
鹿田本町
—  町丁  —
岡山県精神科医療センター(旧岡山県立岡山病院)
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 岡山県
市町村 岡山市
行政区 北区
地域区分(大) 岡山
地域区分(小) 鹿田
人口 (2018年(平成30年)現在)
 - 計 319人
郵便番号 700-0915

鹿田町(しかたちょう)は、岡山県岡山市北区にある町丁である。1〜2丁目からなる。なお、当地と関係の深い鹿田本町(しかたほんまち)についても当ページで説明する。

郵便番号は鹿田町1〜2丁目が〒700-0914(岡山中央郵便局管区)、鹿田本町が〒700-0915(岡山中央郵便局管区)。人口は、鹿田町1丁目が600人(男性276人、女性324人)、同2丁目が128人(男性34人、女性94人)、鹿田本町が319人(男性175人、女性144人)。世帯数は鹿田町1丁目が333世帯、同2丁目が110世帯、鹿田本町が218世帯(いずれも平成30年現在)[1]

概要[編集]

中心市街地の南部、旧国道2号線大供ロータリー(大供交差点)から大元駅方面へ幹線道路(岡山県道173号大元停車場線)の東側にあたる地域である[2][3]

旧大供村の内の一部を昭和44年7月の町区改訂のときに、鹿田町1〜2丁目および鹿田本町に区分してそれぞれ独立した町区とした[3]

当地北部および東部は大供1丁目、東部は春日町・大学町・岡町、南部は東古松および奥田本町、西部は大供2丁目および大供表町と接する[2]

鹿田町1丁目は岡山市役所(大供1丁目所在)のすぐ南になる地域で、大供公園がある。同2丁目はその南の広い町域で、旧岡村の西部を一部併せている。岡山市水道局国土交通省中国地方整備局岡山河川事務所、岡山大学鹿田キャンパス(医学部)、岡山大学病院などで2丁目の大半全体を占めている。また以前には消防署も所在していた。鹿田本町は、岡山県精神科医療センターが所在する[3]

沿革[編集]

歴史[編集]

元々、東古松・大供あたりから南の十日市などの周辺一帯は、古くは御野郡に存在した鹿田庄とよばれる庄園であり、中世の見取り図も残っており、古くから開けた土地であった。江戸時代になると、10余りの村に分かれていた[3]

明治22年の町村制実施に際し、大供村は東古松・西古松、岡、内田の4村と合併、鹿田庄に由来して鹿田村と称した。鹿田村は同31年8月、奥田村を編入。大正10年2月には、鹿田村が岡山市に編入された。このとき旧大字はそのまま継続したが、村名の鹿田は消滅となったので、歴史的に重要な名称であることから、前述の昭和44年7月の町区改訂で鹿田を冠する町丁が設定されるに至った[3]

地名の由来[編集]

古代から中世における庄園・鹿田庄に由来。鹿田庄の名称由来は不明[3]

年表[編集]

年月日 出来事
明治22年6月1日 町村制施行により、御野郡大供村・東古松村・西古松村・岡村・内田村が合併し、同郡鹿田村を新設。
明治31年8月 奥田村が鹿田村へ編入合併。
明治33年4月1日 御野郡・津高郡が統合されて御津郡となる。
大正10年2月 鹿田村が岡山市へ編入合併。
昭和44年7月 町区改訂により、鹿田1〜2丁目および鹿田本町の町丁が設置される。
平成21年4月 岡山市が政令指定都市へ移行。行政区が設置され、北区の管轄となる。
平成25年5月23日 岡山大学鹿田キャンパス内の鹿田遺跡において、奈良時代末(8世紀後半)の井戸から、猿が馬を引く「猿駒曳(さるこまひき)」と「牛」の図柄で、国内最古となる2枚の絵馬が出土[4][5]


主要施設[編集]

公的施設
教育機関
医療・福祉施設
一般企業
史跡
  • 鹿田遺跡 - 鹿田町2丁目(岡山大学鹿田キャンパス内)
公園
  • 大供公園 - 鹿田町1丁目

交通[編集]

道路

参考文献[編集]

  • 『県別マップル岡山県道路地図』昭文社(2013年)
  • 巌津政右衛門 『岡山地名事典』日本文教出版社(1974年)

脚注[編集]

  1. ^ 住民基本台帳人口|岡山市|市政情報|統計情報2018年9月閲覧
  2. ^ a b 『県別マップル岡山県道路地図』昭文社(2013年)
  3. ^ a b c d e f 巌津政右衛門 『岡山地名事典』日本文教出版社(1974年)
  4. ^ 岡山大、鹿田遺跡の奈良時代末の井戸から2枚の絵馬を発見 | 開発・SE | マイナビニュース(2013年8月閲覧)
  5. ^ 岡山の遺跡から国内最古の絵馬 「猿駒曳」と「牛」 - 山陽新聞ニュース(2013年8月閲覧)

関連項目[編集]

  • 大供
  • 岡町 (岡山市)
  • 奥田 (岡山市)
  • 東古松
  • 西古松
  • 鹿田村 (岡山県御津郡)
  • 鹿田庄