鹿間時夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鹿間 時夫(しかま ときお、1912年6月6日 - 1978年12月12日)は日本の古生物学者

人物[編集]

1912年生まれ[1]横浜国立大学教授こけし研究家でもある[2]1950年 東北大学理学博士 「葛生層の地質学的古生物学的研究 」。 栃木県葛生町周辺で発見された陸上哺乳類などの化石を1931年から1939年にかけて調査し、ニホンムカシジカやクズウアナクマなどの新種11種を含んだ計61種4000点を発見・報告している(葛生化石動物群)[3]古生代二枚貝シカマイア」は鹿間時夫にちなんで名付けられた[4]。また神戸層群の命名者、左鎮人の調査でも知られる。1978年逝去[1]

こけし収集家としても知られ、こけし関係の著書も多い。特に監修および執筆・編集した『こけし辞典』(1971年、東京堂出版)は空前前後のものであった。

著書[編集]

  • 『古脊椎動物図鑑』 朝倉書店(1979年)
  • 『日本化石図譜』 日本礦物趣味の会出版部(1943年)
  • 『こけし・人・風土』築地書館(1954年)
  • 『こけしの美』未来社(1961年)
  • 『こけし 美と系譜』社会思想社(1966年)
  • 『こけし鑑賞』 美術出版社(1967年)
  • 『美の遍歴』民芸とこけしより南画へ 恒文社(1980年)
  • 『こけし鑑賞』

論文[編集]

脚注[編集]