麟徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

麟徳(りんとく)は、高宗李治の治世に行われた4番目の年号。664年 - 665年。

西暦・干支との対照表[編集]

麟徳 元年 2年
西暦 664年 665年
干支 甲子 乙丑

関連項目[編集]


前の元号:
龍朔
中国の元号
次の元号:
乾封
元号

武徳  貞観  永徽  顕慶  龍朔  麟徳  乾封  総章  咸亨  上元  儀鳳  調露  永隆  開耀  永淳  弘道  武則天の元号  景龍  唐隆  景雲  太極  延和  先天  開元  天宝  至徳  乾元  上元  宝応  廣德  永泰  大暦  建中  興元  貞元  永貞  元和  永新  元和  長慶  宝暦  大和  開成  会昌  大中  咸通  乾符  広明  中和  光啓  文徳  龍紀  大順  景福  乾寧  光化  天復  天祐
中国の元号一覧:(漢•新 
魏晋南北朝時代(高昌)  隋  唐(渤海  南詔  大理)  五代十国時代  宋(遼  西夏  金)  元  明  清)