麹嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
本来の表記は「麴嘉」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

麴 嘉(きく か、生没年不詳、在位501年頃 - 525年頃)は、高昌国の王。は霊鳳。金城郡楡中を本貫とする漢人の後裔。

496年頃、馬儒が高昌王として立つと、麴嘉はその下で右長史となった。501年頃、馬儒を殺して即位した。承平元号を立てた。510年頃には義熙と改元している。

はじめ柔然に従った。柔然の伏図が高車のために殺されると、麴嘉は高車に従った。焉耆の国人が嚈噠(エフタル)から自立したいと願って麴嘉に王となることを請うた。麴嘉は次男を派遣して焉耆王とした。508年、麴嘉は兄の子の麴孝亮を洛陽に派遣した。その後幾度か北魏に朝貢し、延昌年間に為持節・平西将軍・瓜州刺史に任ぜられ、泰臨県開国伯・高昌王に封ぜられた。麴嘉の死後、北魏は鎮西将軍・涼州刺史の位を追贈した。

先代:
馬儒
高昌国の国王
501年頃 - 525年
次代:
麴光