麻婆豆腐の女房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
麻婆豆腐の女房
著者 吉永みち子
発行日 2000年10月1日
発行元 光文社
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
ページ数 260
コード 978-433497278-3
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

麻婆豆腐の女房』(まーぼーどうふのにょうぼう)は陳建民一家を題材とした吉永みち子ノンフィクション作品。2000年に光文社より刊行。陳洋子夫人に詳細な取材をした。2003年にテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

テレビなどで著名な、料理の鉄人・陳建一の母・洋子は、苦境を心のバネに人生を切り開き、「四川料理の神様」と言われた[1]夫の陳建民を支え、「鉄人」と呼ばれる息子・陳建一を育てあげた。その母親・妻としての人生を迫うドキュメンタリー作品。

テレビドラマ[編集]

NHK総合月曜ドラマシリーズ2003年5月12日6月9日に放送された。個人名等は仮名に改変されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 夢はふるさとの味  
  2. 二週間だけの夢  
  3. ママは宝物  
  4. 家族はひとつ  
  5. 新たなる挑戦

脚注[編集]

[脚注の使い方]
NHK総合 月曜ドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
麻婆豆腐の女房