麻生弼吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

麻生 弼吉(あそう すけきち、天保6年(1835年) - 明治40年(1907年4月27日)は、明治初期の啓蒙家。のち麻生武平(たけへい)と改名し、6等出仕として初代海軍機関学校校長を務め、軍事技術者として海軍機関大監まで栄進した。

日本銀行理事麻生二郎の養父。

経歴[編集]

豊前国宇佐神宮社司に生まれる。

元治2年(1865年)4月に慶應義塾に入塾。1869年(明治2年)に出版された『奇機新話』(西洋の機械の紹介)など科学技術の啓蒙書や理科教科書を福沢・小幡などと共に数多く執筆。1870年に、「海軍繰練所、英学、及び英学教授書取調海軍兵学寮中教授」、海軍省六等出仕となり[1]、海軍始に明治天皇が行幸した時に「ピョートル大帝海軍創立ノ事」と題する御前講演を行った。1880年11月26日に海軍機関学校校長に就任。1883年に五等出仕[2]、のちに海軍機関大鑑(海軍大佐)となる[1]

西南戦争で熊本鎮台が西郷軍に包囲されていたため、気球で熊本城と連絡を取ろうと考え、明治10年4月14日、海軍が気球製作の依頼を受けると製作スタッフとして参加。他にも『機学要語』を記すなど、海洋工学・船舶工学の分野で大きな成果を挙げた先駆者である。

明治23年に『日本歴史図解上世紀』を執筆、エドウィン・アーノルドの英語訳を付けて上梓。アーノルドはこの前年に来日し、日本家屋に住みたいとの希望から、麻生家の英語家庭教師の名目で、麻布区麻布今井町41番地(現・港区六本木2-1)にあった麻生家の離れを借りていた[1][注 1]。アーノルド離日の際には、「いかなりし えにしなるらん はらからの 友としおもう 異国(ことくに)の人」の歌を贈った[1]

栄典[編集]

著書[編集]

注釈[編集]

  1. ^ それまではヘンリー・S・パーマーが借りていた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 麻布の軌跡 麻布の家1 米国人画家の来日港区麻布総合支所『ザASABU』28号、p6、2014年6月26日
  2. ^ 五等出仕麻生武平外一名昇任ノ件国立公文書館
  3. ^ 麻布の軌跡 麻布の家2 日本を愛した2人の英国人港区麻布総合支所『ザASABU』29号、p6、2014年9月30日
  4. ^ 『官報』第1925号「叙任及辞令」1889年11月27日。
  5. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。

参考文献[編集]

  • 丸山信編『人物書誌大系 30 福沢諭吉門下』日外アソシエーツ、1995年3月、ISBN 4816912843
  • 『慶應義塾入社帳 第1巻』福澤諭吉研究センター(編)、慶應義塾、1986年
  • アジア歴史資料センター『海軍機関大佐麻生武平特旨叙位ノ件』明治40年4月29日(ref:A10110254900)
  • 第2章気球の歴史