麻生文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

麻生 文雄(あそう ぶんのう、1925年(大正14年) - 2012年(平成24年)11月26日)は、広島県因島市生まれ[疑問点]真言宗僧侶尾道市の大本山西国寺住職、醍醐寺座主、真言宗醍醐派管長、大本山三宝院門跡。

経歴[編集]

主著[編集]

  • 古寺巡礼京都(新版)6「醍醐寺」(淡交社)(ISBN 9784473033567)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現・尾道市因島田熊町
  2. ^ ハッサクの栽培は浄土寺で原木が発見されたのを機に始まったとされる(境内に原産地記念碑及び原木標本あり)。
  3. ^ 麻生文雄さん死去、京都・醍醐寺の前座主 朝日新聞 2012年11月26日閲覧