麻生美代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2018年9月
あそう みよこ
麻生 美代子
プロフィール
本名 左近允 美代(さこんじょう みよ)[1][2]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京府北豊島郡滝野川町田端
(現在の東京都北区田端[1][2]
生年月日 (1926-04-07) 1926年4月7日
没年月日 (2018-08-25) 2018年8月25日(92歳没)
血液型 A型[3]
身長 150 cm[3]
職業 声優女優
事務所 東京俳優生活協同組合(最終)[4]
配偶者 左近允洋( ‐ 2008年)
活動
活動期間 1949年 - 2018年
ジャンル アニメゲーム吹き替えテレビドラマ映画舞台
デビュー作 ウルトラ婆さん
魔法使いサリー』アニメのデビュー作
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

麻生 美代子(あそう みよこ、1926年4月7日[3] - 2018年8月25日[5][4])は、日本声優女優。本名は左近允 美代(さこんじょう みよ)[1][2]東京俳優生活協同組合に所属していた[4]

来歴[編集]

東京府北豊島郡滝野川町田端(現在の東京都北区田端)生まれ[6]東京市下谷区御徒町育ち[1][2]。旧海軍にて艦船・航空機の位置確認のための天体観測に従事。1945年東京大空襲で被災。文化学院卒業[7]。学生時代から演劇を志し、主に舞台女優や声優として活動。

新児童劇団、劇団葦、劇団新劇場、江崎プロダクション[8]を経て、最後は東京俳優生活協同組合に所属していた[9]

アニメ『サザエさん』では磯野フネ役を1969年10月5日の放送開始から2015年9月27日まで演じており、母性を感じさせる優しく落ち着いた声で、長年「日本のお母さん」として多くのファンに親しまれた[10]

2006年には市川準監督の実写映画『あおげば尊し』にて、加藤武の妻にしてテリー伊藤の母親役を演じた[11]

2009年6月、急病(のちに腸閉塞と発表)のため短期間休業。そのため、『サザエさん』のフネ役は1週分を谷育子が、『和風総本家』のナレーションは1か月ほどを池田昌子がそれぞれ代役を担当した。『サザエさん』では、本編冒頭に麻生の休業と谷による代役を伝えるテロップが流された[11]

2012年、第6回声優アワード「功労賞」を受賞[12]

2015年、約46年間演じた『サザエさん』のフネ役を同年9月27日放送分をもって卒業。麻生の年齢を考慮しての交代で、後任は寺内よりえとなった[13][14]

ナレーションを務めている『和風総本家』はフネ役降板後も続投していたが[15]、2017年8月24日放送分からは島本須美と分担して担当となり、2018年3月22日の放送回をもって卒業。同年3月20日に行われたこの番組のナレーション収録が、生前最後の仕事となった[10]

2018年8月25日午前7時23分、老衰のため死去[4][5]。満92歳没(享年93)。訃報は翌月3日に発表された[4]。所属事務所の理事長・朝田孝二によれば、死去する前日の夜に睡眠時間が長くなったことから、朝田や親族などが集まり付き添う中で静かに息を引き取ったといい、「最期はまるで笑っているかのようだった」と語っている[16]

麻生の死去を受けて、2018年9月6日放送の『和風総本家』では番組の最後に追悼VTRが流れ、麻生の生前の写真と「ニッポンっていいな〜和風総本家のお時間です」というナレーション共に、「麻生さん ありがとうございました ご冥福をお祈りします」という追悼メッセージが流れた[17]。フネ役を演じた『サザエさん』でも、9月9日の放送で追悼のテロップが流れた[18]

人物・エピソード[編集]

声質はアルトからメゾソプラノ[9]。日本女性らしい穏やかな声質[11]であることから、母親やおば、老婆の役が多かった。

多趣味でシャンソン油絵などを嗜み、特にスキューバダイビングは47歳から80歳まで続けたという[10][11][16]

ヘビースモーカーを自認していたが、逝去の2年前からは禁酒・禁煙していた[19]。また、関係者によれば病気知らずで、最後の仕事を終えた2018年4月以降も元気に過ごしていたという[10]

夫は音響監督左近允洋[1][2]2008年3月10日に死去し、同月14日放送の『徹子の部屋』ゲスト出演は夫の喪を秘しての出演だった。

鈴置洋孝プロデュースの舞台には常連として出演していた。鈴置は自らがプロデュースする舞台へ上がってもらうために、『煙が目にしみる』の台本を渡して出演を懇願したが、麻生が台本を最初に読んだ時の印象は「これのどこが面白いの?」だったという。また、2006年に死去した鈴置に過去の火葬場を舞台にした作品と重ねて「『煙が目にしみる』が現実になるなんて!! 冗談きつ過ぎるよ。何度つぶやいた事か。」と語っている。鈴置の没後は、鈴置と関係のあった人物の集まりから結成された演劇集団『鈴舟』にて「船頭」であった[20][21]

サザエさん』ではレギュラー声優陣の中で最年長であったため、収録現場を取り仕切る役目を担っていた[22]。フネはおしとやかな性格だったが、麻生自身は朝田孝二曰く「明るく朗らかでチャーミングなおばあちゃん」で、サザエ役の加藤みどりは「何かあれば麻生さんに相談できて、頼りになる先輩」と語り、80歳を超えても声は健在で滑舌も良く、先輩として皆の目標になっていたという[10][16]

最晩年は、若い役者との交流が「元気の源」であり、月に2回ほど自宅に招いては手料理とお酒を振る舞っていたという。このことを麻生は「役者じゃ食っていけない。それは私が一番知っている。だからご飯を食わせてやるんですよ。私はお母さんでしょうか。若い男たちと一緒にいると、若さを分けてもらえるようなかんじ。これが今の生き甲斐ですね」と語っていた[19]

後任・代役[編集]

麻生の高齢による交代、病気での代役は以下の通り。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1963年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1998年
2001年
2002年
2003年
2004年
2007年
2008年
2009年

劇場アニメ[編集]

1974年
1979年
1981年
1982年
1983年
1988年
1991年
1992年
1996年
2000年
2005年
2010年

OVA[編集]

1988年
1989年
1990年
1992年
1993年
2010年
2011年
2017年

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1990年
1991年
1992年
1996年
2001年
2003年
2004年
2005年
2006年
2010年

吹き替え[編集]

女優[編集]

コリーン・デューハースト
  • デッドゾーン(ヘンリエッタ / 1989年)
  • 赤毛のアン(マリラ・カスバート / 1990年)※フジテレビ版
  • 続・赤毛のアン/アンの青春(マリラ・カスバート / 1991年)※フジテレビ版
  • 愛の選択(エステル・ウィッター / 1992年)
  • 赤毛のアン(マリラ・カスバート / 1995年)※ソフト版
  • 続・赤毛のアン/アンの青春(マリラ・カスバート / 1995年)※ソフト版
  • 赤毛のアン/アンの結婚(マリラ・カスバート / 2003年)

映画[編集]

年度不詳
1966年
1969年
1970年
1971年
1972年
  • 夜の大捜査線(ママ・カレバ【ビア・リチャーズ】)※テレビ朝日版=BD収録
1973年
  • 吸血狼男(召使い【イヴォンヌ・ロメイン】)※フジテレビ版=DVD収録
1974年
  • フレンジー(グラディス【エルシー・ランドルフ】)※テレビ朝日版
1975年
1976年
1981年
1983年
1986年
1987年
  • サイコ2(エマ・スプール医師【クローディア・ブライアー】)
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
  • 南部の唄(ジョニーの祖母【ルシール・ワトソン】)※BVHE版
1993年
1994年
1995年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2008年
2010年

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 麻生 美代子 - CDJournal”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2020年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e 麻生 美代子”. タワーレコード. 2020年1月25日閲覧。
  3. ^ a b c 麻生 美代子”. 日本タレント名鑑. 2019年9月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e 訃報 麻生 美代子”. 東京俳優生活協同組合. 2018年9月3日閲覧。
  5. ^ a b “「サザエさん」元フネ役 麻生美代子さん 老衰で死去 92歳”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年9月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/03/kiji/20180903s00041000180000c.html 2018年9月3日閲覧。 
  6. ^ 鈴舟 第3回公演『ベイビー・フェイス』での公演後の対談「美代子の部屋」における本人の発言より。
  7. ^ 『日本タレント名鑑(1988年版)』VIPタイムズ社、1988年、276頁。
  8. ^ 『出演者名簿(1978年版)』著作権資料協会、1977年、16頁。
  9. ^ a b 麻生美代子”. 東京俳優生活協同組合. 2017年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  10. ^ a b c d e “「フネ」声優・麻生美代子さん逝く…「サザエさん」で46年間“日本のお母さん””. サンスポ. 産経新聞社. (2018年9月4日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180904/geo18090405040015-n2.html 2018年9月4日閲覧。 
  11. ^ a b c d 緊急降板フネ声優、元気のヒミツは多趣味とタバコ!?”. ZAKZAK. 2014年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  12. ^ 『第六回声優アワード』受賞者先行発表!”. 声優アワード. 2012年2月22日閲覧。
  13. ^ a b 『サザエさん』磯野フネ役声優・麻生美代子から寺内よりえにバトンタッチ”. ORICON STYLE (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  14. ^ “サザエさんのフネ役、声優交代へ 演じ続け46年間”. 朝日新聞. (2015年9月18日). http://www.asahi.com/articles/ASH9L51FNH9LUCVL00R.html 2015年9月25日閲覧。 
  15. ^ “「サザエさん」フネ役卒業の麻生美代子 「和風総本家」は続投へ”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/18/kiji/K20150918011156870.html 2015年9月18日閲覧。 
  16. ^ a b c “麻生美代子さん死去 92歳 「サザエさん」の母フネ役初代声優「最期はまるで笑っているかのよう」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年9月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/04/kiji/20180904s00041000052000c.html?feature=related 2018年9月8日閲覧。 
  17. ^ “麻生美代子さん「和風総本家」で追悼VTR 生前の声で「ニッポンっていいな〜」”. (2018年9月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/06/kiji/20180906s00041000292000c.html 2018年9月8日閲覧。 
  18. ^ “『サザエさん』初代フネ役麻生美代子さんをテロップで追悼”. ORICON NEWS. (2018年9月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2119169/full/ 2018年9月9日閲覧。 
  19. ^ a b 友人語るフネさん声優の晩年 夫子いなくても孤独じゃなかった”. 女性自身 (2018年9月14日). 2020年9月7日閲覧。
  20. ^ HOME”. 鈴置洋孝プロデュース公式サイト. 2020年9月7日閲覧。
  21. ^ 鈴舟 公式サイト
  22. ^ 2012年2月5日放送の爆笑問題の日曜サンデー内での永井一郎の発言より。
  23. ^ あかねちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  24. ^ 一発貫太くん”. メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。
  25. ^ 女王陛下のプティアンジェ”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  26. ^ まえがみ太郎”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  27. ^ “坊っちゃん”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=19 2016年5月9日閲覧。 
  28. ^ STAFF CAST”. TVアニメ「鋼の錬金術師」公式サイト. 2016年6月4日閲覧。
  29. ^ 亡念のザムド”. メディア芸術データベース. 2016年8月28日閲覧。
  30. ^ ハリー・ポッターと秘密の部屋”. 金曜ロードSHOW!. 2016年9月6日閲覧。